検索
ランキング
▶ Home

ランキング
日本橋三越なのにヘンテコな木彫の展示会をやってたから行ってきた「田島享央己木彫展 ‐花も嵐もお彫刻‐」

11月7日(水)より、日本橋三越本店にて、彫刻家・田島享央己(たじま たかおき)の木彫展「田島享央己木彫展 ‐花も嵐もお彫刻‐」が開催中です。



▲「鶴のポーズをする猫」。どうかしてる


▲どうかしてるよ


▲「ロケットとマヨネーズのピエタ」。やっぱり、どうかしている

日本橋三越本店といえば、歴史のある由緒正しい日本を代表する百貨店。厳かな様式美を感じる外観や内装に、そして美術といえば、本館1階中央ホールから吹き抜けの4階に届かんばかりとそびえる壮大な天女(まごころ)像(作者は名匠・佐藤玄々(さとうげんげん))があまりにも有名。(公式サイト「日本橋三越本店の歴史再発見」より)


その日本橋三越本店の本館6階アートスクエアでこれ。



▲これ。「UFOと火星人」

作者の田島氏は、仏師(仏像を作る職人のこと)の流れくむ彫刻一家に生まれた5代目の彫刻家だそうです。たまたま動物をモチーフに彫ったら、たまたま話題になったそうなので、たまたま日本橋三越本店で木彫展を開催することになったそうです。たまたまが多すぎ。



▲日本橋三越本店の内装と木彫作品のギャップがものすごい

木彫展では、田島氏の作品が30点以上展示され、しかもその場で購入することも可能です。初日にお伺いしたのですが、すでに売約済みとなっている作品がかなりの数あり、人気あるんだって驚きました。たまたまなのかもですが。



▲「イカピエタ」。たまたま売れたんだなきっと

開催期間中、会場にいるアートコンシュルジュに「クイズをお願いします」と声をかけて、クイズに正解すると輝くレアステッカーがもらえます。と、聞いていたので本当に訪ねたらクイズを出題されて解答したらもらえました。日本橋三越本店さんもどうかしてました。



▲ポストカードとクイズの景品であるレアステッカー2種。クイズはやさしい(アートコンシュルジュさんもやさしい)ので、ぜひ挑戦してみてください。本稿にあからさまにヒント書いておくやさしみ。

11月10日(土) 午後3時より、作者・田島氏によるギャラリートーク開催予定(入場料無料・事前予約不要)だそうです。なんだか不思議な木彫展示会。開催期間が短いので、ぜひお早めに訪れてみてはいかがでしょうか?


わざわざ不思議な木彫見るのに日本橋くんだりまで…って思う人は、金子半之助の天丼ついでに行けばいいと思います。お昼時、すごい行列は覚悟のこと。あ、なんの話だっけ?


【STARTT’s POV スタート視点】
みんなを笑顔にする木彫作品展


実は、田島氏の作品にはTwitterで見かけたときからやられちゃいまして。今回の展示会楽しみにしてました。


なんかいいでしょ? なんか見てると心癒やされるんだよね。木彫なのにホワホワして温かみ感じるっていうか。


やっぱり写真と実物は違いますね。存在感というか迫力というか、伝わってくるものがあります。



▲哀愁のある背中。すこ

場所が日本橋三越本店でしょ、老若男女なお客さんがひっきりなしに訪れていたんだけど、共通しているのが"みんな笑顔"。木彫見ながらニコニコ笑顔なの。


美術とかよくわかんないけど、それはいいことだな〜と思いました。


ぜひニコニコしに行ってみてください。


■「田島享央己木彫展 ‐花も嵐もお彫刻‐」
開催場所:日本橋三越本店 本館6階 アートスクエア
開催期間:2018年11月7日(水) ~ 2018年11月13日(火) 最終日は午後5時閉場
入場料:無料


■田島享央己公式サイト「シドロモドロ工作所」

■Facebook

■Twitter


Copyright © 2018 シドロモドロ工作所 田島享央己 All Rights Reserved
2018-11-08 06:10
吉田せめんと
2018-11-08 06:10
吉田せめんと
この記事のURL
https://startt.jp/article/2018/11/08/54019
関連記事

Page Top