検索
ランキング
▶ Home

ランキング
人気
ランキング
人気
オススメ
『Root Film(ルートフィルム)』、『LoveR Kiss』が発表! 『メタルマックスゼノ リボーン』の最新情報も披露されたファンイベント「角川ゲームス大感謝祭2019」が開催

角川ゲームスは10月19日、東京・日本教育会館においてファンイベント「角川ゲームス大感謝祭2019」を開催しました。

角川ゲームスはKADOKAWA(設立時は角川グループホールディング)傘下のゲーム開発・発売子会社で、2009年に設立され、昨年に10周年を迎えました。011年より自社開発・プロデュースタイトルの発売を開始、『ロリポップチェーンソー』『KILLER IS DEAD』などのタイトルが世界的に人気を博しました。

多くの小説・アニメ・映画などのIPを抱える大企業の傘下ながら、社長の安田善巳氏がプロデュース/ディレクションするオリジナルタイトルが主力タイトルとなっているのも大きな特徴です。現在は3開発スタジオ制となっています。


イベントの開催発表時は「『√Letter ルートレター』に続く角川ゲームミステリーシリーズ最新作」と「生誕28周年を迎えた真・世紀末RPGシリーズの最新情報」が主な内容として紹介されていました。前者は声優ユニットのi☆Risが主題歌を歌うことが同時に発表され、後者は10月1日に開催されたイベントにおいて、「2021年の『メタルマックス』シリーズ30周年を記念した新作タイトルを3本開発中」であることを発表しました。さらに開催直前には恋愛シミュレーションゲーム『LoveR(ラヴアール)』の最新情報を盛り込んだPVが本イベントで上映されることが公式ツイッターで明らかになっていました。



司会は安田社長と声優の能登有沙さん。




 オープニングアクトはi☆Risのミニライブでスタート、「FANTASTIC ILLUSION」「Endless Notes」など3曲を披露しました。i☆Risは過去に『メタルマックス4 ~月光のディーヴァ~』で声優として参加、メインテーマをメンバーの澁谷梓希さんが歌っており、角川ゲームスタイトルに参加するのは久々となります。今回はテーマ曲だけでなく声優としても参加されているということも発表され、澁谷さんが「今まで演じたことがない役を演じている」という意味深な発言を残してライブは終了しました。





次に、角川ゲームスのインフォメーションコーナー。まずは中国のスマートフォンタイトル『万霊啓源』が発表されました。これは原作を角川ゲームスが担当し、中国のゲーム会社・シンスタイムスが開発、中国のエンタメ配信企業であるBilibiliより配信されるRPGで日本の平安時代を舞台にしたもの。設定では妖怪や干支などがキーワードとなっているようで、安田社長は日本でも配信を行いたいとのことでした。



続いて、『√Letter ルートレター』の映像化の続報が発表されました。中国・Perfect Worldにおいてはドラマ化、アメリカ・Akatsuki Entertainmentでは映画化が進められていましたが、この度映画版『Root Letter』がクランクアップ、2020年春にアメリカにおいて上映されることが決定しました。舞台はアメリカ・ルイジアナ州となり、原作の島根県も学校の授業の一環という位置付けて取り入れられているなど原作ゲームのテイストを活かしつつも新しい作品に仕上がっているそうです。ちなみに英語版ゲームのマックスは日本語版よりはツッコミがマイルドになっていて、そちらがベースになっているそうなので、その辺はご安心を!?なお、日本での上映は現時点では未定とのことで、劇場で見たいという声が大きければ日本上映も考えたいとのことでした。



Akatsuki Entertainment(日本のゲームメーカー・アカツキの映像制作子会社)日本代表の鈴木萌子氏が登壇しました。



監督・プロデューサーによるメイキングムービーが上映されました。


続いて、こちらの映像が!


 


恋愛シミュレーション『LoveR(ラヴアール)』にシナリオ・機能を追加したアッパーバージョン『LoveR Kiss』が発売決定です! 今回はPS4だけでなく、Nintendo Switchにもリリースが決定し、Switchをカメラのように動かして撮影ができるとのこと。また、冴稀陽茉利先生が攻略キャラとなり、大人との恋愛(PVでは怪しげな実験のようですが……)も楽しめるようになりました! こちらは今冬発売予定となっています。




冴稀陽茉利(CV;丹下桜)





続いて、去年の大感謝祭で発表した『Starly Girls』新規プロジェクトの続報として、シミュレーションRPG『Project Stella』の新規PVが上映されました。安田社長曰く、メカ3Dモデルの部分で納得できるものができなかったことや、現行のシミュレーションRPGで味わったことがないものを作ろうと試行錯誤を行っており、開発が長引いてしまっているとのことでした。



最後に第一開発で安田社長のアシスタントを務めるすずきゆうこアシスタントプロデューサーが登場、12月より定期的にタイトル情報をお送りする動画配信『第1開発NEWS』がスタートすることが発表されました。



『メタルマックスゼノ リボーン』では現代ゲームハードに合わせたシステムの大型改良・再定義を敢行!



続いて『メタルマックスゼノ』シリーズのステージ。司会は角川ゲームスの河野順太郎プロデューサーと『メタルマックスゼノ/リボーン』トニ役の声優・石飛恵里花さん。ゲストとして、『メタルマックス』原作・『メタルマックスゼノ』シリーズエグゼクティブディレクターの宮岡寛氏とディレクタ『メタルマックスゼノ リボーン』ディレクターの友野祐介氏(開発会社・24Frame所属)が登壇しました。




『メタルマックス』シリーズは1991年に宮岡氏が企画しデータイーストから発売されたRPG。「竜退治はもう飽きた!」というキャッチコピーに代表されるファンタジーRPGに対するアンチテーゼとして、最終戦争後の世紀末世界を舞台とした“ガソリンと硝煙のRPG”です。プレイヤーは戦車に乗ることができ、強力な砲弾などを購入してモンスターに挑むという、当時としては自由度の高い内容になっています。それゆえに熱狂的なファンも多く続編の要望も高かったのですが、会社の倒産やそれに伴う権利の継承などいろいろな諸事情を抱えていた時期もあり、『2』から15年間ほどは『メタルマックス』の名の付く新作タイトルは出ませんでした(ただし、その間に宮岡氏が参加した『メタルサーガ』という“精神的後継作”が発売されています)。

その後、権利関係をエンターブレインがまとめることで待望のシリーズ再開となり、2018年には最新作『メタルマックスゼノ』が発売されました。



こちらは10月1日に開催された30周年のキックオフイベントの模様。



前述の通り10月のイベントにおいて、「『メタルマックスゼノ』シリーズの新作タイトルを3本開発」することが発表されました。今冬に『メタルマックスゼノ』をリメイクした『メタルマックスゼノ リボーン』がPS4とNintendo Switchで発売、続いて2020年内にその続編となる『メタルマックスゼノ リボーン2』が同じくPS4とNintendo Switchで発売予定、そしてシリーズの発端となった最終戦争を描く完全新作『コードゼロ』(仮)の構想がスタートしています。



先のイベントでは『メタルマックスゼノ リボーン』の特徴も同時に発表されており、まずシリーズ2作目で初登場し、ファンにはマスコットとして親しまれたものの『メタルマックスゼノ』では登場しなかった戦闘犬(愛称・ポチ)が待望の再登場! もちろん背中に武器を付けて戦うこともできるようになっています。



続いて、戦車がリアルスケールになり、武器の色変えや塗装の汚れなどが表現できるようになりました。これにより従来は“アイテム”として表現していた錆や鳥の糞がビジュアルとして表現されるのかもしれません。



そして、シナリオの自由度もアップ! なんとヒロインのトニを救わなくてもゲーム進行が可能に!? このままだと『ゼノ リボーン2』での出番がなくなりそうな石飛さんは必死に「助けてあげてください!!」と会場のファン層に向けてアピールしていました。


そして、『メタルマックス』シリーズのおさらい、新作タイトルの発表と、『メタルマックスゼノ リボーン』の実機映像のお披露目を兼ねた新作ムービーが上映されました。


 




このムービーで公開された『ゼノ リボーン』が『ゼノ』より大きく変化するポイントも紹介されました。本作よりシリーズ伝統となるランダムエンカウントは廃止され、マップ上にモンスターもリアルスケールで登場するというシステムに生まれ変わりました。また、一体だけなら与し易い敵でも二体、三体となると強敵になりそう、ということで、場所取りを意識したバトルシステムになる模様です。さらには時間の概念があり、夜間にはライトを使わないと敵の発見が困難になる、モンスターの活動時間の設定が擁されているなどの新たな要素も加わっています。今回はゲームのバトルシステムの詳細は語られませんでしたが、現代ハードにおける『メタルマックス』の再定義を行うと考えていいでしょう。今後の情報発表が待たれます。





河野一二三氏がシナリオ・ディレクション、i☆Risが主題歌と主要人物を担当

島根で再びマックスモードが炸裂するミステリーアドベンチャー 『Root Film(ルートフィルム)』



続いて、「角川ゲームミステリー最新作コーナー」。ここでは完全新作のミステリーアドベンチャー『Root Film(ルートフィルム)』が発表になりました。


 

プロデューサーの安田社長曰く地方の文化や人々の暮らしをゲームという形で世界に発信するという試みの第2作ということで、本作も島根県全域(『√Letter ルートレター』では松江が中心)が舞台となっています。「このシリーズはタイトルごとにクリエイターを変えて作家性を高めたい」という安田社長の意向もあり、本作のシナリオ・ディレクターはヒューマン在籍時に『御神楽少女探偵団』シリーズなどを手掛けたヌードメーカー代表の河野一二三氏が担当しています。



河野氏を起用した理由は、もともと安田社長へ企画の提案がなされていた経緯があり「今回は河野氏に託そう」ということになったとのこと。「『Root Film』の魅力」について、河野氏は「実在の舞台を使ってその中でちゃんと生きているキャラクターを描くことで生き生きとした世界を描くことができる」と語りました。河野氏は安田社長とともに5日間の弾丸取材ツアーを敢行して島根の魅力を感じることができたとか。




UIやテキスト周りのデザインも河野氏が監修しています。映像作品というデザインコンセプトに沿ったスタイリッシュなものに仕上がっているのが特徴です。


キャラクターの箕星太朗氏は河野氏が手掛けたホラーゲーム『クロックタワー』のファンということもあり、こういう機会ならば二人ががっつり組んで新しいビジュアルを作ろう、ということでタッチが従来の箕星氏作品とは大きく違ったものとなっています。これに伴ってペンネームも“箕星太朗2号”に変える!?という爆弾発言も飛び出しました。



主人公・八雲凛太朗(CV:駒田航)。気鋭の映像作家として島根のPR映像を兼ねたミステリードラマの撮影に参加することになったが……。同じく箕星氏がキャラクターデザインを手掛ける『LoveR Kiss』とのタッチの差異にも注目です。



共感覚モードが発動すると気づいた事柄などをキーワードとして記憶できます。



今回もマックスモードでの論戦が展開! 共感覚モードで集めたキーワードをぶつけて相手の発言を打破していきます。画面は格闘ゲーム風のデザインに。


本作のテーマについては「キャラクターの生きざま」。ミステリーゲームなので人が死ぬことは避けられないため、その中でどうやって生きていくかというところで、本作にはそれに起因したギミックがいくつか仕掛けられているので、発売を楽しみにしてほしい、と河野氏は語りました。



続いて、『√Letter ルートレター』にも登場した島根県のマスコット「しまねっこ」が登場し、本作にも登場するということで意気込みをアピール。




そして、再びi☆Risの6名が登場し、演じたキャラクターについてのコメントを語りました。ミステリーアドベンチャーということもあり、慎重に言葉を選んで話すメンバーでしたが、一人だけ嬉々として話していたのが澁谷さん。なにせあの重い音楽のPVの上映中に担当キャラクターの“金手杏一”(26歳・男性・カメラマン)が登場した瞬間、客席から笑い声がこぼれたほど。当然ながら、最初は台本が間違えて来ているのではないかと疑心暗鬼になったとか。



琴城絢音(CV:山北早紀)気が強くてわがままなところは山北さんとしては珍しい役柄とか。



青戸美絵(CV;若井友希)後述するリホの同級生で現在は地元大学の学生。飾りっ気のないかわいい子。収録時は島根の観光地の発音に苦労!?



曲愛音(CV:芹澤優)八雲のアシスタントでちょっと口が悪いが仕事はきっちりこなすタイプ。事務所も太鼓判のキャスティングとか!?



リホ(CV:茜屋日海夏)もう一人の主人公として登場するアイドル。セリフにちょいちょいダジャレを挟む明るい子だが……。公開されていない“名字”が作品のキーに?



天方一葉(CV:久保田未夢)弱小事務所に所属するアイドルで八雲のパートナーとなる。安田社長曰く“サスペンスの王道を歩む人”!?(崖から落ちたり死体を見つけたりはしないです)



金手杏一(CV:澁谷梓希)八雲とよくつるんでいるカメラマン。途中までビジュアルが出てこない、ほとんどのセリフが「す」しか言わないなど、ツッコミどころが極めて多い、まともなセリフをしゃべると騒ぎになるレベルの寡黙な男。


安田社長からは「殺人犯だったり、心に闇を持つ女性だったり、殺される役だったりと大人のエンターテイメントにi☆Risに挑戦してもらったので、普段は見せない“大人のi☆Ris”を楽しんでいただければ嬉しいと思います!」とファンへのメッセージを送りました。



そして、テーマ曲となる「泡沫(うたかた)の光」を初披露、しっとりとした大人の曲を熱唱しました。さらにじゃんけん大会が開催され、i☆Risサイン入り写真立て(キャラクターイラスト入り)がプレゼントされました。




予約特典はこのステージと「泡沫(うたかた)の光」収録時のメイキング映像を収録した「i☆Ris×Root Film 秘蔵映像Collection」。さらに予約者の中から抽選で、3月27日にKADOKAWAのイベントスペース・神楽座で開催される「完成披露イベント」に招待する企画も発表されました。ゲストには曲愛音役の芹澤優さんと天方一葉役・久保田未夢さんの参加が決定しております。



2020年に発売するアドベンチャーゲームはこうあるべき、という思想が盛り込まれた本格推理アドベンチャー、さらに河野氏が制作したゲームの中で最大級のボリュームとなる7本のシナリオが収録された“最高傑作”と自負する『Root Film』は2020年春にPS4とNintendo Switchで発売予定。価格は6,800円(税別・ダウンロード版同価格)となっています。



最後に次回の『角川ゲームス大感謝祭 2020春』が5月23日に神楽座で開催されることが発表されました。今後、大感謝祭イベントは年2回の開催になるとのことで、次回は『Project Stella』の続報が中心となる模様です。



イベント参加者には能登さん直筆の幸運色紙がプレゼントされました。



また、PlayStation Store/Nintendo eShopで『GOD WARS 日本神話大戦』と『√Letter Last Answer』のダウンロード版が10月31日まで2,790円(税込)で発売されています。本施策と同時に『GOD WARS 日本神話大戦』公式サイトでは完全攻略本のPDFダウンロード(無料)・書籍版の受注が再開されています。


(C) 2019 KADOKAWA GAMES

(C) 2019 KADOKAWA/KADOKAWA GAMES


PlayStation 4 Pro DEATH STRANDING LIMITED EDITION【Amazon.co.jp限定】オリジナルPS4テーマ(配信)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2019-11-08)
売り上げランキング: 291
2019-10-24 12:35
岩井省吾
2019-10-24 12:35
岩井省吾
この記事のURL
https://startt.jp/article/2019/10/24/56075
関連記事


編集部おすすめ記事
【今日の除菌】いまこそ欲しい!携帯サイズの除菌…
クリア電⼦は、アルコールや化学物質を使わず、天然成分だけでつくられた携帯除菌抗菌液「Cleanse EX …
2020-04-03 15:30
【週末一挙放送】“下ネタ”でちょっぴり刺・激・的…
「AbemaTV」の「アニメLIVEチャンネル」で、明日2020年4月4日(土)の夜7時30分よりテレビア…
2020-04-03 12:45
【今日のコールマン】アウトドアブランド「Coleman…
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、アウトドアブランド「Coleman」との共同企画商品を、全国のデ…
2020-04-03 11:15
【今日のゴジラ】元祖トレーディングカードゲーム…
Wizards of the Coast LLCが販売する トレーディングカードゲーム「マジック︓ザ・ギャ…
2020-04-03 08:00
【週末一挙放送】特別番組『鬼滅テレビ 無限列車編…
「AbemaTV」の「Abemaアニメチャンネル」で、明日2020年4月4日(土)の夜7時よりテレビアニメ…
2020-04-03 06:00
【今日の捕食者】プレデターで(を)狩ってみた!…
オッサンゲーマーこと筆者も、さっそくプレデターっぷりを先行体験してきたので、日夜お忙しいのに最近なんかいろ…
2020-04-02 10:30
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
弊誌STARTTのSteamセールを特集した記事で、ほぼ必ずおすすめの1本としてピックアップされるタイトル…
2020-04-01 19:00
【面白そうなもの見つけた!】日清チキンラーメン…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-01 06:00
【今日の無料ゲー】マシマシゾンビを倒そう!『Wor…
現在、Epic Gamesからゾンビマシマシ・シューターとしてお馴染みの『World WarZ』(ワールド…
2020-03-30 14:25
【今日のスタート】あの伝説の名作が「AbemaTV」初…
「AbemaTV」の「Abemaビデオ」で、本日2020年3月27日(金)午前0時より劇場アニメ『AKIR…
2020-03-27 16:15
【今日の試食レポート】ストレスで限界を迎えたSTA…
先日から弊誌でも取り上げています、ストレスMAXのひよこちゃんが食べて解放されたという、リニューアル版“旨…
2020-03-27 15:30
【今日の情報解禁】Amazon Prime Video 2020年4月…
Amazon Prime VideoのSVOD※サービスに、4月は話題のアニメ作品や大ヒット映画作品、人気…
2020-03-26 10:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
よお、アミーゴ。ゴールデンゲームハンマーの時間だ! 今回は『ファークライ5』をピックアップするぜ! 2…
2020-03-25 19:00
【今日の捕食者】プレデター視点の動画公開!人間…
端的に言うと、今週金曜(27日)から日曜まで、PS4でプレデターになりきる最新ゲームが無料で遊べるからPS…
2020-03-25 17:20
【今日の水どう】「水曜どうでしょう」最終夜(11夜…
関東圏の藩士の皆さん、1週間お疲れ様でした。 本日、「水曜どうでしょう」2019年最新作の「第11夜」が…
2020-03-25 10:30
【今日のスタート】フードデリバリーサービス「DiD…
人工知能(AI)を活用した世界最大級の配車サービス「DiDi」が、フードデリバリーサービス「DiDi Fo…
2020-03-24 13:30
【今日のチキンラーメン】ひよこちゃんが無言ツイ…
今、ひよこちゃんの公式ツイッターでざわつきが起きています。 昨日、今日と2日間連続で無言にGIF動画のみ…
2020-03-23 18:45
【今日のSwitch】Nintendo Switch Lite新色「コー…
2020年3月20日(金)に発売されたNintendo Switch Lite新色「コーラル」。実物を会社…
2020-03-23 15:00
【今日の悪魔退治】残虐FPS『DOOM Eternal』(PC版)…
2020年3月20日(金)、ベセスダ・ソフトワークスから残虐FPSの最新作「DOOM Eternal」のP…
2020-03-22 09:00
【今日のスタート&セール】 PS4®『バットマン:ア…
ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントより、PlayStation®4向…
2020-03-19 14:00
特集
【今日の捕食者】プレデターで(を)狩ってみた!…
オッサンゲーマーこと筆者も、さっそくプレデターっぷりを先行体験してきたので、日夜お忙しいのに最近なんかいろ…
2020-04-02 10:30
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その5 - そ…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-02 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
弊誌STARTTのSteamセールを特集した記事で、ほぼ必ずおすすめの1本としてピックアップされるタイトル…
2020-04-01 19:00
【面白そうなもの見つけた!】日清チキンラーメン…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-01 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その4 - も…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-03-26 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
よお、アミーゴ。ゴールデンゲームハンマーの時間だ! 今回は『ファークライ5』をピックアップするぜ! 2…
2020-03-25 19:00
【面白そうなもの見つけた!】華族の女性達が繰り…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-03-25 06:00
【今日のSwitch】Nintendo Switch Lite新色「コー…
2020年3月20日(金)に発売されたNintendo Switch Lite新色「コーラル」。実物を会社…
2020-03-23 15:00
【今日の悪魔退治】残虐FPS『DOOM Eternal』(PC版)…
2020年3月20日(金)、ベセスダ・ソフトワークスから残虐FPSの最新作「DOOM Eternal」のP…
2020-03-22 09:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その3 - も…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-03-19 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
西アフリカの民間信仰を起源に誕生し、映画を始めとする娯楽作品への登場と再定義などによって、「人間を襲う腐敗…
2020-03-18 19:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その2 - も…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-03-12 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
昨今、バーチャルリアリティ(VR)技術の成熟とその界隈の成長には目覚ましいものがある。特にゲームでは、続々…
2020-03-11 19:00
23年ぶりにFF7「FINAL FANTASY VII REMAKE DEMO」…
2020年3月2日に突然公開になった「FINAL FANTASY VII REMAKE DEMO」。ダウン…
2020-03-09 13:30
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その1 - も…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-03-05 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
音楽に合わせてリズムを取っていくリズムアクションゲーム、またの名で音ゲー(音楽ゲーム)。昨今はスマートフォ…
2020-03-04 19:00
【本日発売!】『ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒ…
本日2月27日(PC版は26日)より、Nintendo Switch、PlayStation 4、Xb…
2020-02-27 11:01
【本日発売!】『ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒ…
本日2月27日、『ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション』がNintendo Swi…
2020-02-27 11:00
【今日の忍者】2月22日は「ニンニンニンで忍者の日…
本日は2月22日。222はニンニンニンで「忍者の日」。しかも今年は令和2年で2222のニンニンニンニン! …
2020-02-22 05:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
ゲームに限った話ではないが、大ヒット作が誕生すると、いわゆる”2匹目のドジョウ”を狙ったフォロワータイトル…
2020-02-19 19:00
Tweets by startt_staff


Page Top