検索
ランキング
▶ Home

ランキング
読まれてます
ランキング
読まれてます
オススメ
【TGS2019】台湾の原宿と言われる町を舞台に繰り広げられる熾烈な異能バトル!『Dusk Diver 酉閃町 -ダスクダイバー ユウセンチョウ-』プレイレポート

著名なシリーズの最新作から懐かしの名作、そしてインディーゲームととても多くのゲームが出展されていた「東京ゲームショウ2019」。そんな今回のゲームショウでひときわ異彩を放つタイトルが結集していたブースと言えば「ハピネット」でしょう。


ロックマンゼロ、ロックマンゼクスシリーズの開発を担当した「インティ・クリエイツ」の最新作『白き鋼鉄のX(イクス) THE OUT OF GUNVOLT』、ポケットモンスターシリーズで有名な「ゲームフリーク」制作によるパズルアクション『GIGA WRECKER Alt.』、そしてSTARTT運営のDICO株式会社が開発に協力した探索型アクションRPG『Bloodstained: Ritual of the Night』と言った、個性溢れるゲームを遊べました。


そんなハピネットブースで筆者の目に止まったのが『Dusk Diver 酉閃町 -ダスクダイバー ユウセンチョウ-』です。


◆『Dusk Diver 酉閃町 -ダスクダイバー ユウセンチョウ-』とは?


本作は2019年10月24日、JUSTDAN INTERNATIONALよりPlayStation 4、Nintendo Switch向けに発売が予定されている、その名も「絆で繋ぐ連撃アクション」です。制作は台湾に拠点を置くゲーム開発会社「JFI Games Inc.」。プレイヤーは主人公で女子高生の「ヤン・ユモ」になって、「守り神」と呼ばれる者達と異次元の世界で現実世界を脅かす魔物との戦いに身を投じていきます。



作中の舞台となる「西門町(せいもんちょう)」は、実際に台湾の台北市に実在する商業地区がモデル。日本で言うところの原宿に当たる場所で、若者の情報発信基地なのだそうです。ゲーム中の街並みは実際の西門町をモデルにしていて、一部、実名店舗も登場するコラボレーションも行われています。


本編はふたつのパートから構成されていて、現実世界こと「西門町」では街中を探索してストーリーを進めたり、食事を摂ってユモのステータス強化するといったことが可能です。そしてもうひとつは、異世界となる「酉閃町(ゆうせんちょう)」で、魔物こと「厄禍(ワザワイ)」を相手にしたアクションバトルが展開します。ゲームは、これらふたつの世界を交互に行き来しつつ進行していきます。


戦闘システムは格闘アクションスタイルです。通常攻撃となる弱攻撃と強攻撃を組み合わせながら、襲い来る魔物の軍勢に立ち向かいます。さらに専用エネルギーを用いる形で「守り神」を召還。強力な必殺技を解き放てます。守り神は3人いて、それぞれ異なる攻撃効果と性能を持ち合わせています。戦闘では通常攻撃ではさばき切れないほど多くの敵が登場するので、エネルギーの残量に気を配りつつ、状況に応じて守り神を召還、そして方向キーで別の守り神を選んで使い分けていくことがコツと感じました。



なにより印象的なのが、アニメタッチの”かわいい”&”かっこいい”ハイクオリティーのグラフィックです。また、ボイスもオリジナルの中国語ボイスに加え、日本語も収録(※日本語版も両方が収録された仕様になります)。声優陣も佐藤利奈、竹内良太、種﨑敦美と言った著名な声優が起用されているのが嬉しいところです。


◆軽快な操作とアニメタッチのグラフィックが光る、爽快な異能バトル


まず、本作のスクリーンショットを見て、ゲームをよくプレイされる方々が連想すると思われるのがアトラスのペルソナシリーズ(※厳密には3以降)です。



実際にプレイしてみると、会話シーンの台詞ウィンドウのデザインだったり、カラフルな色合いで描かれた「西門町」の街並みにおいて、明らかに同作を意識したと思しき部分が多くありました。思えばペルソナシリーズも東京を舞台とし、異世界で脅威と戦う展開があったりしますので、意図的なものと言ってもいいでしょう。


ただ、ジャンルはアクションゲームのため、似て非なるものです。流れとしてはマップ上のポイントごとに現れる魔物の軍勢と戦っていくという、ベルトスクロール型アクションゲームのスタイル。ただ、現れる敵の数が非常に多く、それらを薙ぎ払う展開になるので、どちらかというと無双シリーズを想起させる構成と手触りになっています。爽快感もなかなかですので、同シリーズのプレイ経験のある方であれば、ちょっとしたデジャヴを感じるかもしれません。


操作性に関しては非常によく、キビキビと動きます。特に売りでもある「守り神」の切り替えと発動の速さが素晴らしく、スピーディ且つ、豪快に敵の軍勢を薙ぎ払う快感が味わえます。デモの時点では3人選べた守り神の性能も独特で、適切な敵に対して召喚すれば大きな効果を発揮するという、使い分ける面白さを微かに感じさせました。守り神の召喚以外にも、一定の条件を達することで強力な必殺技を繰り出せたり、ボタンの組み合わせによって守り神の攻撃を切り替えられると言った戦術的なシステム・機能が備わっていて、プレイヤーごとに多彩な立ち回りを演じられそうです。

アニメタッチのグラフィックもなかなかの出来。キャラクターのモデルデザインは元のイラストを忠実に表現したものになっていますし、必殺技発動時には専用のカットも挿入されるほか、攻撃ヒット時のエフェクトも派手に仕上がっています。『キングダム ハーツIII』、『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』、そして昨今では『デモンエクスマキナ』も採用したことで知られるゲームエンジン『Unreal Engine 4』によって描写されているだけに、その仕上がりは折り紙付きと言ってもいいでしょう。


ただ、今回のデモは東京ゲームショウ特別仕様のためか、ボイスによる演出が削られていたり(僅かに聴こえる所はあったのですが)、時間制限の関係で「西門町」と「酉閃町」共に巻き進行でプレイする形になりました。


また、体験できた「酉閃町」の戦闘は序盤を基にしているのか、敵のバリエーションに乏しく、システムの触りの部分しか楽しめない感じでした。一応、少し進めた後に専用のガードゲージを持った人型の敵、中ボスと戦う展開もありましたが、それほど積極的に攻撃を仕掛けてこなかったので、少々物足りなさを感じてしまった次第です。製品版にはほかにも敵が登場し、ボス戦もあるとのことですので、「西門町」にて行える成長システムと絡めた駆け引きに期待したいところです。


あと気になったのはカメラ操作でしょうか。視点リセットなど、3Dのアクションゲームで最低限押さえるべき機能は網羅しているのですが、上下反転(リバース)の切り替えが見当たらず、その手の操作に慣れ親しんでいる筆者としては気になってしまいました。見落とした可能性もありますが……プレイしていて、切り替えられないことに煩わしさを覚えることが何度かありましたので、製品版にはあって欲しいと願うばかりです。


◆日本のプレイヤーに親近感も抱かせる、台湾生まれのアクションゲーム注目作


特別仕様のデモゆえの縛りもありましたが、アクションゲームとしての手触りの良さ、アニメタッチのグラフィックと日本の作品と勘違いするほどの魅力に富んだ街並みの表現など、全体的な印象は非常によく、どのようなストーリーが紡がれていくかの関心を抱かせる内容でした。



実のところ本作、今年3月頃からPCゲーム配信プラットフォーム「Steam」でPC版が販売中だったりします。ただ、早期アクセス版ということで、現時点では細かな不具合がある状態となっていて、10月24日のアップデートでそれらの解消、並びに追加機能、ボイス演出の実装などが行われるとのことです。既にメインストーリーは遊びきれる内容になっていますので、いち早く本作を遊んでみたいと思いでしたら、こちらを検討してみることをおすすめします。ただ、PC動作条件の確認にご注意ください。



できれば家庭用ゲーム機の方を……という場合は10月24日の発売を待ちましょう。


筆者の雑感としましては、ジャンルこそ違いますがペルソナシリーズ、無双シリーズが好きな方は要チェックの一本と思われます。純粋にアクションゲームが好きな人も、興味がありましたら情報をチェックしてみてください。(公式サイトへは下記リンクからどうぞ。)


【ゲーム情報】

タイトル:『Dusk Diver 酉閃町 -ダスクダイバー ユウセンチョウ-』

発売元・開発元:JUSTDAN INTERNATIONAL / JFI Games Inc.

対応ハード:PlayStation 4、Nintendo Switch、PC(Windows)

ジャンル:絆で繋ぐ連撃アクション

関連リンク:

■JFi Games公式サイト

■公式Twitter


©2019 JFI Games Inc. All Rights Reserved. Licensed to and published by Justdan InternationalCo., Ltd.

2019-09-19 20:25
シェループ
2019-09-19 20:25
シェループ
この記事のURL
https://startt.jp/article/2019/09/19/55927
関連記事


編集部おすすめ記事
【今日のいよいよ発売】戦時下の人々をユーモアを…
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、第92回アカデミー賞®で作品賞をはじめとする6部門にノミネートさ…
2020-06-03 10:00
【今日のバーキン】バーガーキング®が兵庫県内に新…
株式会社ビーケージャパンホールディングスは、本日2020年6月1日(月)に兵庫県神戸市にバーガーキング®「…
2020-06-01 06:00
【今日のガッデム】超絶かわいい!フリフリ姿の蝶…
株式会社ダスキンが展開する害虫駆除・総合衛生管理サービスのターミニックス事業は、本日2020年6月1日(月…
2020-06-01 04:00
【今日の「ほぼ日」】「HOBONICHI MOTHER PROJECT…
2020年4月30日(木)にはじまった「HOBONICHI MOTHER PROJECT」では、糸井重里(…
2020-05-27 12:30
【今日の映像解禁】戦時下の人々をユーモアを交え…
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、第92回アカデミー賞®で作品賞をはじめとする6部門にノミネートさ…
2020-05-27 10:00
【今日のフリトレー】日本が誇るわさび、七味唐辛…
ジャパンフリトレー株式会社は、日本三大七味のひとつとして知られる長野の老舗「八幡屋礒五郎」とコラボレーショ…
2020-05-25 06:00
【今週の無料配信】『おうちでアニメシアターを楽…
「ABEMA」は、特別企画『おうちでアニメシアターを楽しもう!劇場版アニメ祭り』第2弾として、2020年5…
2020-05-25 06:00
【今日の覚醒】『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 …
ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントは、本日5月22日(金)より映画『…
2020-05-22 12:00
【今日の情報解禁】アジア中で空前の大ヒットを記…
動画再生回数70億回超え! 2019年No.1ブレイク俳優シャオ・ジャン×ワン・イーボー主演、アジア中が熱…
2020-05-20 18:00
【今日のバーキン】バーガーキング®が東京都内に新…
株式会社ビーケージャパンホールディングスは、東京都大田区にバーガーキング®の新店舗、本日2020年5月20…
2020-05-20 06:00
【今日の試食レポート】本日2020年5月18日発売「も…
昨年、マルちゃんの東洋水産が実施した「赤緑合戦~あなたはどっち!?食べて比べて投票しよう!~」。47都道府…
2020-05-18 16:00
【今日のマルちゃん赤緑】昨年話題となった「赤い…
東洋水産株式会社は、カップ入り即席麺「マルちゃんもっと赤いたぬき天うどん」を、本日2020年5月18日(月…
2020-05-18 06:00
【今日の情報解禁】「白華(はっか)の姫~失われ…
視聴再生数1位!中国で一大旋風を巻き起こした「白華(はっか)の姫~失われた記憶と3つの愛~」DVD-SET…
2020-05-15 12:00
【今日の情報解禁】大谷翔平選手の“心の声”を直筆…
株式会社 明治は、プロテイン市場売上NO.1ブランド※「ザバス」のザバス ホエイプロテイン 100シリーズ…
2020-05-15 04:00
【今日の覚醒】"ジョーカー"と別れたハーレイ・ク…
ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントは、2020年5月22日(金)より…
2020-05-15 00:00
【今日のスタート】「京菓子處 鼓月」のエネルギー…
株式会社鼓月が展開するエネルギー補給羊羹anpowerが、本日2020年5月14日(木)9:00より公式オ…
2020-05-14 06:00
【今日のスタート】かっぱ寿司を自宅で楽しもう!…
本日より、かっぱ寿司から、いまのお家ごはんを楽しくする個性的なテイクアウト限定メニューの販売や、お得なテイ…
2020-05-13 18:30
『デビルキングダム』(Nintendo Switch版)配信卒…
ゲームの企画、開発、プロデュースやローカライズなどを手掛ける、DICO株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取…
2020-05-13 12:55
【今日の情報解禁】東野幸治による抱腹絶倒のゴー…
世界最大級のオーディオブック及び音声コンテンツ制作・配信サービスAmazonオーディオブック Audibl…
2020-05-13 09:00
【今日のスタート】5月29日の「幸福の日」に向け、…
亀田製菓株式会社が、ハッピーターンのブランドキャラクターである「ターン王子」を主役にした、家にいながらでも…
2020-05-12 11:00
特集
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その11 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-28 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その10 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-21 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その9 - 名…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-14 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
本連載30回で紹介した革新的FPSにして名作『Portal(ポータル)』。 パソコン(PC)、ス…
2020-04-30 22:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その8 - 沢…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-30 06:00
【面白そうなもの見つけた!】新型コロナウイルス…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-28 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その7 - 東…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-23 06:00
【面白そうなもの見つけた!】minneの母の日特集か…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-20 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
世の中には「プレミアゲーム」、もしくは「レアゲーム」なるものが存在する。 文字通り、稀少価値が付いたゲー…
2020-04-15 19:00
【今日のあつ森】『あつまれ どうぶつの森』オッサ…
2020年3月20日(金)に発売されたNintendo Switchの『あつまれ どうぶつの森』(以下、あ…
2020-04-13 19:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
高周波・高電圧を発生させる共振変圧器「テスラ・コイル」のほか、無線操縦や蛍光灯も発明し、磁束密度「テスラ」…
2020-04-09 19:30
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その6 - GW…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-09 06:00
【面白そうなもの見つけた!】神戸長田のソウルフ…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-08 06:00
【今日の捕食者】プレデターで(を)狩ってみた!…
オッサンゲーマーこと筆者も、さっそくプレデターっぷりを先行体験してきたので、日夜お忙しいのに最近なんかいろ…
2020-04-02 10:30
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その5 - そ…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-02 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
弊誌STARTTのSteamセールを特集した記事で、ほぼ必ずおすすめの1本としてピックアップされるタイトル…
2020-04-01 19:00
【面白そうなもの見つけた!】日清チキンラーメン…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-01 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その4 - も…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-03-26 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
よお、アミーゴ。ゴールデンゲームハンマーの時間だ! 今回は『ファークライ5』をピックアップするぜ! 2…
2020-03-25 19:00
【面白そうなもの見つけた!】華族の女性達が繰り…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-03-25 06:00
Tweets by startt_staff


Page Top