検索
ランキング
▶ Home

ランキング
読まれてます
ランキング
読まれてます
オススメ
【映画レビュー】海獣の子供:五十嵐大介の同名漫画を圧巻の映像表現で劇場アニメ化 久石譲、米津玄師といった有名・個性派クリエイター陣も集結した唯一無二の傑作

映画館に足繁く通う方ならば日頃から多くの作品の予告編を観ることになるかと思いますが、期待の劇場アニメが次々に上映される2019年においても、唯一無二の映像で異彩を放っているのが本日6月7日(金)より公開の『海獣の子供』。予告編だけでも非常に魅力的に感じられましたが、それは本編で味わえる魅力のほんの一端に過ぎませんでした。


今回はそんな『海獣の子供』を鑑賞してきた感想をお届けします。言葉でお伝えできることは限られていますが、できる限り詳細に語っていければと思います。



■『海獣の子供』作品概要


 

【ストーリー】

中学生の女の子“琉花”は、夏休みに部活でのいざこざからチームメイトに怪我をさせてしまい、顧問の先生に「謝るつもりがないなら、もう来なくていい」と言われてしまう。居場所を失った琉花が向かったのは、幼いころによく連れて行ってもらっていた、父が働く水族館だった。そこで琉花は魚用のプールで泳ぐ不思議な少年“海”と出会う。海とその兄“空”は陸で生きるのが難しい体質をしており、海に生きる哺乳類のジュゴンに育てられたのだという。

天真爛漫な海とミステリアスな空。彼らと触れ合うことで不思議なことを体験していく琉花。時を同じくして、世界中の海に異変が起こり始める。果たして海と空は何者なのか? 世界の異変との関係は? そして全てを知った琉花は何を思うのか?


【スタッフ・キャスト】

五十嵐大介さんが描く同名漫画(「月間IKKI」にて連載)が原作となっている『海獣の子供』。監督を務めるのはTVシリーズ・劇場版の『ドラえもん』に長年携わり、近年の代表作には『宇宙兄弟 』や『恋は雨上がりのように』などがある渡辺歩さん。キャラクターデザイン/総作画監督は『平成狸合戦ぽんぽこ』以降の多くのジブリ作品で原画を担当し、『かぐや姫の物語』の作画監督でもある小西賢一さん。渡辺監督は本作のアニメ化において何よりも重要だったのが小西さんの起用だったと話しています。


主要キャストは本職の声優ではなく俳優陣を起用。主人公・琉花を芦田愛菜さん、海を石橋陽彩さん、空を浦上晟周さんが演じているほか、『レディ・プレイヤー1』の“ダイトウ”役などでおなじみの森崎ウィンさん、舞台の経験も豊富な稲垣吾郎さん、2018年の『ペンギン・ハイウェイ』でも“お姉さん”役を好演し、いま時の人となっている蒼井優さんなどが出演しています。


音楽は久石譲さんが担当し、主題歌は米津玄師さんの『海の幽霊』。楽曲面で話題性の高い方々を起用しているのも本作の特徴です。



■何者にも勝る映像の説得力、キャラ萌えアニメとしての魅力も絶大


冒頭でもお伝えした通り、異彩を放つ映像が大きな魅力の本作。本編ではまず公式サイトのビジュアルにもなっている「水槽の中を泳ぐ海洋生物たち」のカットが映し出されます。この時点で作画とCGが違和感なく混ざり合う映像がとても美しいのですが、その後も印象的なシーンが山ほどありました。


序盤で目を見張ったのは琉花が勢いよく急斜面を駆け降りていくのを正面から捕らえたカット。このカットの街並みは恐らく全てCGで描かれているのですが、思い切り走る琉花と、それに合わせて猛スピードで後方に遠ざかっていく立体的な街並みが生み出す躍動感には胸が高鳴りました。背景の描き込みも素晴らしく、海辺の街の磯の香りが漂ってきそうな細かなディテールに感動を覚えます。陽が沈みかけた海岸の薄暗さと、燃えるような水平線の赤の対比といった、幻想的でありながら確かなリアリティを感じるシーンも数多くあり、うっとりすることも。


映像のクオリティだけじゃなく、琉花の家にある「缶ビールの空き缶が山ほど入ったゴミ袋」を利用した演出など、ストーリーとリンクした絵コンテの妙味も楽しめます。


後半になるとアニメならではのイマジネーションで生命の神秘や、人智を超えた大いなる自然の力といったものを表現するシーンが多くなります。これらのシーンにもひたすら驚かされるのですが、やはり序盤でリアリティ溢れる映像を描き切ったからこそ際立っているように思いました。


今年はこれまでも『スパイダーバース』や『プロメア』など、映像面で度肝を抜かれる劇場アニメがありましたが、筆者の感性に最も強く突き刺さった映像はこの『海獣の子供』のものだったと断言できます。



壮大かつ深淵なテーマを持つ原作を「琉花のひと夏の経験」として構成し直したという本作。やはりそれはかなり困難な試みだったようで、「琉花自身が抱える問題」と「海、空と出会うことで触れる生命の神秘」という物語のふたつの軸はガッチリ噛み合っているとはいえない面もあったように思います。


とはいえ、ひとりの女の子が徐々に非現実的な日々を送るようになり、序盤からは想像もつかないような体験をしていくダイナミックな展開は、アニメだからこそ最小限の違和感で成立するものでしょう。また、本作の唯一無二の映像表現は、作中で言葉によって説明されている以上のものを観客が受け取ったり、考えさせられたりするに足る説得力を生んでいるようにも感じられます。


圧倒的な個性を持つ作品を観たい方や、国産アニメーションの最前線をその目に焼き付けたい方には、『プロメア』と合わせてぜひ劇場で鑑賞していただきたい作品です。



最後になりますが、『海獣の子供』はキャラクターたちも非常に魅力的で、“キャラ萌え”映画としても一見の価値がある作品であることにも言及しておこうと思います。


琉花の痩せ気味で骨張った体型はリアルな中学生女子らしく、いわゆる「萌え系」の作品とは一線を画しています。彼女が活発に動き回る様は観ていて飽きません。海、空のふたりは正反対の魅力を持ちながらいずれも劣らぬ美少年で、ふたりと琉花の戯れは不思議と性的なものを感じないようになっており、自然と微笑ましい気持ちにさせられます。森崎ウィンさん演じるアングラードの気だるげな美青年っぷりも素敵ですし、田中泯さん演じるジム・キューザックはおじさん好きなら要チェックです。


それから蒼井優さんが演じる琉花のお母さんの加奈子。『ペンギン・ハイウェイ』の「ザ・理想のお姉さん」といった演技も魅力的でしたが、加奈子の不健康な表情や堕落した様子、子どもとの対話すら上手くいっていない不器用さにこそ惹かれる方はきっと多いはず。幸せの真っただ中にいる現実の蒼井優さんとは正反対の、何事も上手くいっていない、幸薄そうな演技にぜひ注目してみてください。




『海獣の子供』

2019年6月7日(金)より全国の劇場にて上映中!

上映時間:111分


【キャスト】

安海琉花:芦田愛菜

海:石橋陽彩

空:浦上晟周

アングラード:森崎ウィン

安海正明:稲垣吾郎

安海加奈子:蒼井優

先生:渡辺徹

ジム:田中泯

デデ:富司純子


【スタッフ】

原作:五十嵐大介「海獣の子供」(小学館 IKKICOMIX刊)

監督:渡辺歩

音楽:久石譲

キャラクターデザイン・総作画監督・演出:小西賢一

美術監督:木村真二

CGI監督:秋本賢一郎

色彩設計:伊東美由樹

音響監督:笠松広司

プロデューサー:田中栄子

アニメーション制作:STUDIO4℃

製作:「海獣の子供」製作委員会

配給:東宝映像事業部


■公式サイト


■関連記事

【映画レビュー】あした世界が終わるとしても

【映画レビュー】コードギアス 復活のルルーシュ

【映画レビュー】ちえりとチェリー

【映画レビュー】ドラえもん のび太の月面探査記

【映画レビュー】スパイダーマン:スパイダーバース

【映画レビュー】映画プリキュアミラクルユニバース

【映画レビュー】レゴムービー2

【映画レビュー】劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~

【映画レビュー】バースデー・ワンダーランド

【映画レビュー】名探偵ピカチュウ

【映画レビュー】蒼穹のファフナー THE BEYOND

【映画レビュー】プロメア


(C) 2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会 


2019-06-07 18:50
小林白菜
2019-06-07 18:50
小林白菜
この記事のURL
https://startt.jp/article/2019/06/07/55349
関連記事


編集部おすすめ記事
【今日の『レディ・オア・ノット』】来週7月15日(…
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、全米で2019年の夏に公開され、3週連続でトップ10入りし話題と…
2020-07-09 10:00
【今日のWILD】ディズニーの『アラジン』『ライオ…
ハリソン・フォードを主演に迎え、ディズニー・アニメーション『アラジン』や『ライオン・キング』などを担当した…
2020-07-03 10:00
【今日のバーキン】バーガーキング®から『スパナゲ…
バーガーキング®の株式会社ビーケージャパンホールディングスは、本日2020年6月26日(金)から、『スパナ…
2020-06-26 06:00
【今日の50%OFFのはずがさらにOFF!】本格3Dアクシ…
スマートフォンで手軽に遊べる“死にゲー”として話題の「パスカルズ・ウェイジャー」(原題:Pascal's …
2020-06-25 10:35
【今日のロボコン】『がんばれいわ!!ロボコン』第2…
タマゴ型で赤くコーティングされたボディに愛らしい眼が特徴的なドジなお手伝いロボット、「ロボコン」。1974…
2020-06-25 06:00
【今日のザコシ】Twitterで話題! ハリウッドザコ…
株式会社 明治は、冷凍食品「満足丼」シリーズのタイアップソング「きみに満足」の6月24日(水)のCD発売を…
2020-06-23 10:00
【今日の情報解禁】記憶を失った美しき姫と、彼女…
中国時代劇ドラマの大ヒット作「白華(はっか)の姫~失われた記憶と3つの愛~」DVD は、人気スターとヒット…
2020-06-12 12:00
【今日の翼をさずける試飲レポート】6月16日(火)全…
エナジードリンク・ブランドのレッドブルは、レッドブル・エナジードリンクの新しいフレーバー『レッドブル・エナ…
2020-06-11 17:00
【今日の覚醒】『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 …
ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントは、本日6月10日(水)、映画『ハ…
2020-06-10 06:00
【今日のウルトラパラダイス試飲レポート】6月30日…
モンスターエナジーの新商品『モンスター ウルトラパラダイス』が6月30日(火)に発売されるのを記念し、「R…
2020-06-10 06:00
【今日のマスク】大好評『西川の100回洗えるマスク…
西川株式会社は新型コロナウイルスの感染拡大を機にマスクの生産・販売をおこなっており、4月末より発売した「西…
2020-06-09 12:30
【今日のワッパー】大好評につき第2弾実施決定! …
株式会社ビーケージャパンホールディングスは、明日2020年6月5日(金)より、テイクアウト限定で、『テリヤ…
2020-06-04 06:00
【今日のいよいよ発売】戦時下の人々をユーモアを…
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、第92回アカデミー賞®で作品賞をはじめとする6部門にノミネートさ…
2020-06-03 10:00
【今日のバーキン】バーガーキング®が兵庫県内に新…
株式会社ビーケージャパンホールディングスは、本日2020年6月1日(月)に兵庫県神戸市にバーガーキング®「…
2020-06-01 06:00
【今日のガッデム】超絶かわいい!フリフリ姿の蝶…
株式会社ダスキンが展開する害虫駆除・総合衛生管理サービスのターミニックス事業は、本日2020年6月1日(月…
2020-06-01 04:00
【今日の「ほぼ日」】「HOBONICHI MOTHER PROJECT…
2020年4月30日(木)にはじまった「HOBONICHI MOTHER PROJECT」では、糸井重里(…
2020-05-27 12:30
【今日の映像解禁】戦時下の人々をユーモアを交え…
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、第92回アカデミー賞®で作品賞をはじめとする6部門にノミネートさ…
2020-05-27 10:00
【今日のフリトレー】日本が誇るわさび、七味唐辛…
ジャパンフリトレー株式会社は、日本三大七味のひとつとして知られる長野の老舗「八幡屋礒五郎」とコラボレーショ…
2020-05-25 06:00
【今週の無料配信】『おうちでアニメシアターを楽…
「ABEMA」は、特別企画『おうちでアニメシアターを楽しもう!劇場版アニメ祭り』第2弾として、2020年5…
2020-05-25 06:00
【今日の覚醒】『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 …
ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントは、本日5月22日(金)より映画『…
2020-05-22 12:00
特集
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その13 -こ…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-06-11 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その12 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-06-04 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その11 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-28 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その10 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-21 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その9 - 名…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-14 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
本連載30回で紹介した革新的FPSにして名作『Portal(ポータル)』。 パソコン(PC)、ス…
2020-04-30 22:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その8 - 沢…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-30 06:00
【面白そうなもの見つけた!】新型コロナウイルス…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-28 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その7 - 東…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-23 06:00
【面白そうなもの見つけた!】minneの母の日特集か…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-20 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
世の中には「プレミアゲーム」、もしくは「レアゲーム」なるものが存在する。 文字通り、稀少価値が付いたゲー…
2020-04-15 19:00
【今日のあつ森】『あつまれ どうぶつの森』オッサ…
2020年3月20日(金)に発売されたNintendo Switchの『あつまれ どうぶつの森』(以下、あ…
2020-04-13 19:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
高周波・高電圧を発生させる共振変圧器「テスラ・コイル」のほか、無線操縦や蛍光灯も発明し、磁束密度「テスラ」…
2020-04-09 19:30
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その6 - GW…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-09 06:00
【面白そうなもの見つけた!】神戸長田のソウルフ…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-08 06:00
【今日の捕食者】プレデターで(を)狩ってみた!…
オッサンゲーマーこと筆者も、さっそくプレデターっぷりを先行体験してきたので、日夜お忙しいのに最近なんかいろ…
2020-04-02 10:30
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その5 - そ…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-02 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
弊誌STARTTのSteamセールを特集した記事で、ほぼ必ずおすすめの1本としてピックアップされるタイトル…
2020-04-01 19:00
【面白そうなもの見つけた!】日清チキンラーメン…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-01 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その4 - も…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-03-26 06:00
Tweets by startt_staff


Page Top