検索
ランキング
▶ Home

ランキング
読まれてます
ランキング
読まれてます
オススメ
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか?『The Metronomicon Slay the Dance Floor(ザ・メトロノミコン: スレイ・ザ・ダンス・フロア)』世界一設定の狂ってる(いい意味で)リズムアクションゲーム! / ゴールデンゲームハンマー第26回

音楽に合わせてリズムを取っていくリズムアクションゲーム、またの名で音ゲー(音楽ゲーム)。昨今はスマートフォン・タブレット向けにも数多くの作品が配信され、ひとつの人気ジャンルとして確立している。



また先日、任天堂の『ゼルダの伝説』とのコラボ作品が発売されたのが記憶に新しい『クリプト・オブ・ネクロダンサー』のように、別ジャンルの要素を取り入れ、斬新なゲームを作り出す例も出てきている。



今回はそんなリズムアクションに別ジャンルの要素を取り入れた作品のひとつとして、『The Metronomicon Slay the Dance Floor(ザ・メトロノミコン: スレイ・ザ・ダンス・フロア)』なるPlayStation 4、PC(Windows、Mac)用ゲームソフトをご紹介する。


◆新感覚”ディスコ・パワード・バトル・アクション”




本作はアメリカのインディーゲームスタジオ「Puuba」制作によるリズムアクションRPG。その名の通り、リズムアクションとロールプレイングゲームを合体融合させた作品だ。2016年9月29日、PC(Windows、Mac)用のゲームソフトとして「Steam」で配信され、後にPlayStation 4、Xbox Oneの家庭用ゲーム機へと進出した。


日本では2017年10月13日、PlayStation 4版が発売。

2018年7月には「PSPlusフリープレイ」の1本に選出され(※2019年現在は終了)、同サービス会員の方はダウンロードしたことがある……かもしれない。



内容はザックリ言うと、正統派のリズムアクション。音楽に合わせ、上から下へと譜面に流れてくるリズムアイコンこと「ノーツ」を適切なタイミングで叩いていく(ボタンを押していく)というものだ。



本編もエリアごとに用意された楽曲(ステージ)を攻略していく流れで進行。各楽曲のクリア条件もミスを最小限に抑えながらリズムを取って、完走(完奏)するという王道のものになっている。


だが、他のリズムアクション作品との決定的な違いを演出するのがRPG要素だ。

そもそも、本作にはもうひとつのジャンル名が存在する。


その名も「ディスコ・パワード・バトル・アクション」


つまるところ戦闘だ。

各楽曲ではリズムを取るのと並行し、モンスターとも戦っていくのだ。


さらにリズムを取るのは攻撃などの行動と関連付いている。

具体的には「アビリティ」と呼ばれる技を繰り出すに当たって、リズムを取っていくことになる。そして一定間隔リズムを取ってから失敗したり、そのまま完走しきればアビリティが発動。



敵への攻撃、補助魔法の発動などが行われるのだ。

また、ここまでのスクリーンショットの通り、画面内には4人のキャラクターが並んでいる。そして、それぞれの上部に専用の譜面が用意され、上から下へとノーツが流れてくる。



もしや、4つの譜面全てでリズムを取るとでも……と想像するかもしれないが、ご安心あれ。対象になるのは「スポットライト」で照らされたひとり。戦闘ではこの「スポットライト」をL1、R1ボタンで動かしてキャラクターを切り替え、リズムゲームをプレイしては「アビリティ」を発動し、モンスターを攻撃していくことになるのだ。


なので、常にてんやわんやの展開に。もちろん、敵もこちらを攻撃してきて、喰らえば画面左側に表示された赤い体力ゲージが減少。空になればゲームオーバーだ。うかうかしていられない。


ただ、敗北しても経験値が手に入り、一定量に達すればレベルアップ。ステータスが上昇したり、新たな「アビリティ」を獲得するなりして強くなっていく。また、本編はストーリーに沿って進んでいくので、それに応じて仲間キャラクターも増加。メニュー画面から参加メンバーの変更も可能になって、多彩な戦術で攻め込んでいけるようにもなるのだ。


このようにゲームの骨組みは正統派のリズムアクションなのだが、RPG由来の戦闘要素によって、他に類を見ない慌ただしさとやり応えを持ち合わせた作品に完成されている。若干のイロモノ感も滲み出ているが、遊んでみると意外なほどマッチした仕上がりだ。


◆本作の魅力:スルメな味わいが詰まったリズムバトル


◇慌ただしいが、RPGの醍醐味がちゃんと押さえられた戦闘周り

先の通り、本作の楽曲(兼戦闘)はとても慌ただしく、相当な集中力と状況判断力が試される。

裏を返せば、このような展開が続くだけあって熱中度が高く、退屈しない。

時間を忘れ、画面にくぎ付けのままになってしまうものに完成されている。



システム全体の作りも意外に(失礼)よい。リズムアクションとRPG、水と油の関係にも見える双方の醍醐味が違和感なく融合しているのだ。

特にRPG部分におけるキャラクターに各種アビリティ、防具を始めとする装備を切り替えるカスタマイズシステム、4つの属性ごとの相性の概念が秀逸。これによって、単にリズムを取ってアビリティを発動し続けるだけでは勝てない難しさと、戦略を練る面白さが表現されている。また、例え戦略が万全でも、キャラクターの成長が不十分だと完走できないことも。その場合は他のクリア済みの楽曲を何度もプレイし、経験値を稼いでレベルを上げることに集中するのが求められたりして、それが大変RPGらしい。


リズムゲームをプレイし、アビリティ(攻撃)を発動させるのも、よく見ると著名なRPG作品の戦闘システムをオマージュしている。中でも発動後、「クールタイム」なる行動不能の時間が発生するところには、某最後の幻想が脳裏をよぎってしまうはず。



残念ながら広大なマップを探索する遊びはないのだが、戦闘にフォーカスし、RPG特有の要素をを盛り込んで違和感なくまとめ上げている所には作り込みの深さを実感すること請け合い。始めは面食らうかもしれないが、やればやるほど面白さが増していく仕上がり。いわゆる、スルメな味わいが詰まっているのだ。


◇比較的優しめに調整されたリズムアクションの難易度

慌ただしいとの下りには、同ジャンルの著名な作品のスーパープレイ、並びに恐ろしい速さで降り注ぐ譜面上のノーツが脳裏をよぎるかもしれない。ついでに加えるなら、ノーツごとに矢印やらボタンと言ったデザインが乱れ舞うことにも。



本作は戦闘も兼ねてか、ノーツは矢印のアイコンだけで表示。また、降り注ぐ速度も比較的ゆったりしていて、極端な瞬発力が試されることもなく取っていけるバランスに落ち着いている。


難易度も苦手なプレイヤーを対象とした「イージー」を用意しているのみならず、これがデフォルト難易度として設定。初っ端から怒涛の展開になる心配もなければ、瞬発力も試されることなく始められる作りになっている。


もちろん、手応えを求めるプレイヤーを対象にした「ミディアム」、「ハード」の中級~上級者向けの難易度も用意。ただ、これに設定しないとエンディングを見れないみたいな制約はないので、やり応えを求める人向けとして完全に切り分けた仕組み。



▲チュートリアルも万全。


こうした配慮もあって、苦手意識のある人にも門戸を開いた作りになっている。それでいて中盤を越えた辺りからは難しくなり、一定の実力が試される。終始、接待プレイが続かぬようにと、そんな所も踏まえて調整されているのも見所だ。


◇総計50+DLCの盛り沢山の楽曲

正統派のゲーム音楽からボーカル付きの洋楽まで、バリエーション豊かで耳に残る50曲を収録。


さらにダウンロードコンテンツ(DLC)も5種類(うち1種は無料)用意されていて、楽曲数を増やすことも可能。DLCだけあって、それぞれの戦闘面の難易度も高めに設定されているので、さらなるやり応えを求めるプレイヤーも必見だ。


しかも、有料4種まとめ買いしても1000円を切る手頃さ!

財布にも優しい!


もし、楽曲を聞いて琴線を刺激されたのなら、ぜひチェックいただきたい。


◇センスのぶっ飛んだストーリーと世界観

紹介が前後したが、ストーリーと世界観も魅力的……を通り越してぶっ飛んでいる。

少々強い言葉でこれを表現するならば、(一連の設定を作った人)頭おかしい。



簡単にその内容を紹介すると、モンスター達をダンスパーティ状態にさせ、破壊活動を促す謎の音楽の根源を突き止めるべく、「リズム戦闘術」を体得した4人の若者が冒険の旅に出るというものである。


……お察しいただけただろうか。

なお、先に紹介したのはオープニングのストーリーだ。以降にも数多くの奇妙なキャラクター達が登場しては、発想が斜め上に飛んだ珍妙な展開が繰り広げられていく。最終的には一連の事件の”黒幕”へと彼らは行き着くことになるのだが……これ以上は実際にその目でご確認いただきたい。もう、色んな意味で「無茶苦茶すぎる……」と苦笑い状態になっちゃうだろう。



▲台詞の翻訳も特に違和感なくまとまっています。


◆踊る大混戦!野心的な作りが光る意欲作


エンディングを目指すだけなら大体5~6時間程度と、ボリュームもお手頃。ただ、やり込み要素などの制覇を目指すとなれば倍以上に膨れ上がる。DLC込みで攻略しようとなれば尚更だ。それを最高難易度「ハード」で挑んだ際の手ごわさも格別。リズムアクションに手慣れた人であれば、システムをあらかた把握した後、挑戦してみていただきたいところだ。



「イージー」が標準難易度である”看板に偽りあり”の設定、戦闘面の慌ただしさ、楽曲クリア時の達成演出の弱さなどの粗もそれなりにあり、特に慌ただしさに関しては人によって、極端に好みが分かれるかもしれない。

また、リズムを取る際の操作は基本、方向キーとボタンで行うのだが、ノーツのデザインが矢印以外用意されていないのは色々と不便。それもあって、左キーと□ボタンのような同時押しが要求される際、混乱しやすい。



一応、対策としてオプションで左右のスティックに振ってしまえば、この混乱も大分抑え込めるが……欲を言えば、ボタンのデザインも用意して欲しかったと思うところである。


そんな詰めの甘い箇所も見受けられるが、リズムアクションとRPGを合体融合させたシステムとそれが演出する慌ただしさは唯一無二のものがあり、遊ぶ人全てに(いい意味で)戸惑いと刺激を与えてくれる。



ぶっ飛んだストーリーに世界観、そしてキャラクターと言ったゲーム外の部分も色んな意味で見所満載となっている本作。一風変わったRPG、そしてリズムアクションをお求めであればぜひ、プレイいただきたい一本だ。リズムアクションで技を決め、踊るモンスター達を撃退し、謎の現象の実体に迫ろう。レッツ・ディスコッ!


【ゲーム情報】

タイトル:『The Metronomicon: Slay the Dance Floor』

発売元・開発元:Puuba / Akupara Games / Kasedo Games

対応ハード:PlayStation 4、PC(Windows、Mac)

ジャンル:リズムアクション

価格:2,420円[税込](PlayStation 4)、1,980[税込](PC)

関連リンク:

■PlayStationオフィシャルサイト:紹介ページ

■商品&購入ページ:PlayStation 4版(PlayStation Store内)



© 2016-2017 Akupara Games


2020-03-04 19:00
シェループ
2020-03-04 19:00
シェループ
この記事のURL
https://startt.jp/article/2020/03/04/56714
関連記事


編集部おすすめ記事
【今日の「ほぼ日」】「HOBONICHI MOTHER PROJECT…
2020年4月30日(木)にはじまった「HOBONICHI MOTHER PROJECT」では、糸井重里(…
2020-05-27 12:30
【今日の映像解禁】戦時下の人々をユーモアを交え…
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、第92回アカデミー賞®で作品賞をはじめとする6部門にノミネートさ…
2020-05-27 10:00
【今日のフリトレー】日本が誇るわさび、七味唐辛…
ジャパンフリトレー株式会社は、日本三大七味のひとつとして知られる長野の老舗「八幡屋礒五郎」とコラボレーショ…
2020-05-25 06:00
【今週の無料配信】『おうちでアニメシアターを楽…
「ABEMA」は、特別企画『おうちでアニメシアターを楽しもう!劇場版アニメ祭り』第2弾として、2020年5…
2020-05-25 06:00
【今日の覚醒】『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 …
ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントは、本日5月22日(金)より映画『…
2020-05-22 12:00
【今日の情報解禁】アジア中で空前の大ヒットを記…
動画再生回数70億回超え! 2019年No.1ブレイク俳優シャオ・ジャン×ワン・イーボー主演、アジア中が熱…
2020-05-20 18:00
【今日のバーキン】バーガーキング®が東京都内に新…
株式会社ビーケージャパンホールディングスは、東京都大田区にバーガーキング®の新店舗、本日2020年5月20…
2020-05-20 06:00
【今日の試食レポート】本日2020年5月18日発売「も…
昨年、マルちゃんの東洋水産が実施した「赤緑合戦~あなたはどっち!?食べて比べて投票しよう!~」。47都道府…
2020-05-18 16:00
【今日のマルちゃん赤緑】昨年話題となった「赤い…
東洋水産株式会社は、カップ入り即席麺「マルちゃんもっと赤いたぬき天うどん」を、本日2020年5月18日(月…
2020-05-18 06:00
【今日の情報解禁】「白華(はっか)の姫~失われ…
視聴再生数1位!中国で一大旋風を巻き起こした「白華(はっか)の姫~失われた記憶と3つの愛~」DVD-SET…
2020-05-15 12:00
【今日の情報解禁】大谷翔平選手の“心の声”を直筆…
株式会社 明治は、プロテイン市場売上NO.1ブランド※「ザバス」のザバス ホエイプロテイン 100シリーズ…
2020-05-15 04:00
【今日の覚醒】"ジョーカー"と別れたハーレイ・ク…
ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントは、2020年5月22日(金)より…
2020-05-15 00:00
【今日のスタート】「京菓子處 鼓月」のエネルギー…
株式会社鼓月が展開するエネルギー補給羊羹anpowerが、本日2020年5月14日(木)9:00より公式オ…
2020-05-14 06:00
【今日のスタート】かっぱ寿司を自宅で楽しもう!…
本日より、かっぱ寿司から、いまのお家ごはんを楽しくする個性的なテイクアウト限定メニューの販売や、お得なテイ…
2020-05-13 18:30
『デビルキングダム』(Nintendo Switch版)配信卒…
ゲームの企画、開発、プロデュースやローカライズなどを手掛ける、DICO株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取…
2020-05-13 12:55
【今日の情報解禁】東野幸治による抱腹絶倒のゴー…
世界最大級のオーディオブック及び音声コンテンツ制作・配信サービスAmazonオーディオブック Audibl…
2020-05-13 09:00
【今日のスタート】5月29日の「幸福の日」に向け、…
亀田製菓株式会社が、ハッピーターンのブランドキャラクターである「ターン王子」を主役にした、家にいながらでも…
2020-05-12 11:00
【今日の泣き猫】主人公ムゲ&日之出を取り巻く家…
『ペンギン・ハイウェイ』(2018)で第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞、ファンタジア国際映…
2020-05-11 12:00
【今日のフリトレー】日本が誇るわさび、七味唐辛…
ジャパンフリトレー株式会社は、食べ応えのある食感が特徴の「肉厚チップス」シリーズから、『肉厚チップス 安曇…
2020-05-11 06:00
【今日のスタート】美しいフランスのドルドーニュ…
『Dordogne(ドルドーニュ)』は、フランスのUn Je Ne Sais QuoiとUMANIMATI…
2020-05-09 05:00
特集
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その11 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-28 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その10 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-21 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その9 - 名…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-14 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
本連載30回で紹介した革新的FPSにして名作『Portal(ポータル)』。 パソコン(PC)、ス…
2020-04-30 22:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その8 - 沢…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-30 06:00
【面白そうなもの見つけた!】新型コロナウイルス…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-28 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その7 - 東…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-23 06:00
【面白そうなもの見つけた!】minneの母の日特集か…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-20 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
世の中には「プレミアゲーム」、もしくは「レアゲーム」なるものが存在する。 文字通り、稀少価値が付いたゲー…
2020-04-15 19:00
【今日のあつ森】『あつまれ どうぶつの森』オッサ…
2020年3月20日(金)に発売されたNintendo Switchの『あつまれ どうぶつの森』(以下、あ…
2020-04-13 19:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
高周波・高電圧を発生させる共振変圧器「テスラ・コイル」のほか、無線操縦や蛍光灯も発明し、磁束密度「テスラ」…
2020-04-09 19:30
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その6 - GW…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-09 06:00
【面白そうなもの見つけた!】神戸長田のソウルフ…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-08 06:00
【今日の捕食者】プレデターで(を)狩ってみた!…
オッサンゲーマーこと筆者も、さっそくプレデターっぷりを先行体験してきたので、日夜お忙しいのに最近なんかいろ…
2020-04-02 10:30
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その5 - そ…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-02 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
弊誌STARTTのSteamセールを特集した記事で、ほぼ必ずおすすめの1本としてピックアップされるタイトル…
2020-04-01 19:00
【面白そうなもの見つけた!】日清チキンラーメン…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-01 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その4 - も…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-03-26 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
よお、アミーゴ。ゴールデンゲームハンマーの時間だ! 今回は『ファークライ5』をピックアップするぜ! 2…
2020-03-25 19:00
【面白そうなもの見つけた!】華族の女性達が繰り…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-03-25 06:00
Tweets by startt_staff


Page Top