検索
ランキング
▶ Home

ランキング
1
【今日の寒い冬こそ食べたくなる!】刺激的な旨辛フレーバー2品が期間限定で新登場!『チートス チェダーチーズ…
2
【今日のヨガポーズとエガポーズのコラボに注目!】SOELU美脚ヨガアンバサダー江頭2:50さんを起用! 日…
3
【今日のバレバレやん】日本最大級のオンラインヨガ・フィットネスSOELU(ソエル)のヨガアンバサダーに国民…
4
【今日のDisney】おうち時間を美味しく!愉しく♪ レトロ可愛いキッチングッズがディズニーストアに新登場…
5
【今日のイコラブ】イメージキャラクターを務めるアイドルグループ「=LOVE」が女神に変身!? ファンタジー…
6
【今日のトミカ】好評につき第2弾! トミカとサンリオキャラクターズによる夢のコラボレーション「ドリームトミ…
7
【今日の情報解禁】全世界57ヵ国で大ヒット! 3年以上かけてCGなしで撮影された奇跡の友情の物語。ひとつの…
8
【今日の情報解禁】「X-MEN」コレクション、話題の衝撃作!! 運命に抗う5人の若者たちの闘いをドラマティ…
9
【今日のモスバーガー】外食企業11社が共同で「EARTH HOUR 2020」に参画 -3月28日(土)2…
10
【今日のかっぱ寿司】“国産魚のリレー販売プロジェクト”第四弾! 冬がうまい!こだわり活〆国産魚が登場! 本…
読まれてます
ランキング
1
【今日の寒い冬こそ食べたくなる!】刺激的な旨辛フレーバー2品が期間限定で新登場!『チートス チェダーチーズ…
2
【今日のヨガポーズとエガポーズのコラボに注目!】SOELU美脚ヨガアンバサダー江頭2:50さんを起用! 日…
3
【今日のバレバレやん】日本最大級のオンラインヨガ・フィットネスSOELU(ソエル)のヨガアンバサダーに国民…
4
【今日のDisney】おうち時間を美味しく!愉しく♪ レトロ可愛いキッチングッズがディズニーストアに新登場…
5
【今日のイコラブ】イメージキャラクターを務めるアイドルグループ「=LOVE」が女神に変身!? ファンタジー…
6
【今日のトミカ】好評につき第2弾! トミカとサンリオキャラクターズによる夢のコラボレーション「ドリームトミ…
7
【今日の情報解禁】全世界57ヵ国で大ヒット! 3年以上かけてCGなしで撮影された奇跡の友情の物語。ひとつの…
8
【今日の情報解禁】「X-MEN」コレクション、話題の衝撃作!! 運命に抗う5人の若者たちの闘いをドラマティ…
9
【今日のモスバーガー】外食企業11社が共同で「EARTH HOUR 2020」に参画 -3月28日(土)2…
10
【今日のかっぱ寿司】“国産魚のリレー販売プロジェクト”第四弾! 冬がうまい!こだわり活〆国産魚が登場! 本…
読まれてます
オススメ
【本日発売!】『ジェミニアームズ』(Nintendo Switch)シングルプレイなのに2機共闘!しかも合体までしちゃう戦闘システムとは!?レーザー攻撃が気持ちいいシューティングゲームの魅力に迫るインプレッション&作者インタビュー

本日2019年12月19日、有限会社レジスタよりNintendo Switch用ダウンロードソフト『ジェミニアームズ』の配信が始まりました。価格は税込1,496円。2019年12月31日の23時59分までは、34%OFFの税込987円でお買い求めいただけます。


◆Nintendo Switch|ダウンロード購入|ジェミニアームズ(マイニンテンドーストア:商品&購入ページ)

※2019/12/31まで34%OFF


◆『ジェミニアームズ』とは


『ジェミニアームズ』はインディーゲーム開発者の「てらりん」氏制作による、横スクロールのシューティングゲーム。人類が宇宙に進出して50年。地球上で繰り返された資源を巡る争いは、宇宙でも変わらず続いていた。特に宇宙生まれの人類、地球生まれの人類との確執は根深く、相次ぐ衝突で争いは激化の一途をたどり、ついには地球側の連邦軍がスペースコロニーをやすやすと破壊してしまう巨大レーザー兵器を開発。多くの犠牲者を出しかねない事態へと陥る。これを打破すべく、宇宙側は極秘裏に開発していた最新兵器「ジェミニアームズ」を投入。レーザー兵器の破壊へと乗り出す……。



そんな往年のロボットアニメを思い起こさせるストーリーをバックに、プレイヤーは全8ステージに及ぶ地球連邦軍との戦いに身を投じていく形となります。


元々はWindows PC用ゲームソフトとして制作されたタイトル。2019年4月6日にPCゲーム配信プラットフォーム「Steam」でリリースされました。今回のNintendo Switch版はその移植版に当たります。



▲Windows PC版。以下のスクリーンショットはこちらのものになります。


ゲームの流れはとても単純。自機の「ジェミニアームズ」を操縦し、迫り来る敵を撃ち落としながらステージ最後に待ち構えるボスを目指します。ボスを倒せばステージクリアとなり、次のステージが始まって、再び敵を撃ち落としながらボスを目指すことになります。まさにシューティングゲームの王道を踏襲した構成です。


ただ、ユニークなシステムがいくつか実装されています。



ひとつに「強制同時プレイ」。実は自機の「ジェミニアームズ」、2機編成の機体となっていて、片側はコンピュータが自動で動かし、残るもう一方はプレイヤーが直接操縦します。これにより、シングルプレイでもコンピュータが自動操縦する機体と協力しながら敵と戦う、一風変わった展開を楽しめます。


さらに自動操縦の機体は無敵。絶対にやられません。ですが、あくまでも補助役。自ら進んで敵を倒しに行ってくれるようなサポートはしてくれません。いわゆる、こちらの動きに追従してくれる「オプション」的な位置付けです。そのため、自動操縦の支援が重なるようプレイヤーが動いて、敵への攻撃を展開する立ち回りが攻略のカギとなります。


もちろん、この機体を他のプレイヤーが操縦するのも可能。ローカル限定となりますが、気の合う友人、仲間との協力プレイも楽しめます。参加方式もゲームスタート時、途中からの2種類が選べます。

ただ、協力プレイの時は無敵状態ではなくなるほか、敵への対処もそれぞれ分担する形になります。なので、こちらの場合はお互い協力し合うのが攻略のカギ。シングルプレイ時とは全く異なる展開が楽しめます。



そして、ステージ攻略における最重要テクニックとなるのが形態の切り替え。これがもうひとつのユニークなシステム。自機はワンボタンで「戦闘機」と「アームズ(ロボット)」に切り替えられるのです。


形態ごとにも異なる特徴が。「戦闘機」は移動の速さが売りですが、攻撃は直線状にしかできず、地面や壁などに接触すると大破してしまいます。かたや「アームズ」は移動が遅い反面、攻撃を360度全方向に繰り出せるのに加え、地面や壁などに接触されても大破することがありません。


よって、敵の大群が襲ってくる時は戦闘機、前方だけでなく周囲全方向から敵が来る時はアームズ、という具合に切り替えながら対処してくことが求められます。また、画面上に表示された「フュージョンゲージ」が最大まで溜まった状態で、対応するボタンを長押ししますと2つの機体が「合体」。



一定時間、360度全方向攻撃可能の強力なレーザーを照射できるようになります。しかも、ゲージは自動で溜まりますので、事実上ほぼ無制限に合体できます。さらに2人協力プレイの時は合体の手順が変化。なんと、それぞれの自機を直接動かし、重なり合わせて行う形になります。まさにロボットアニメを思い起こす連携プレイ!そんな特定の人をニヤリとさせるフィーチャーも備わっています。


ほかにも自機の攻撃は「レーザー」限定で、パワーアップシステムも一切ないという思い切った特徴があります。照射時の操作もボタンではなく、右スティックを倒して行う、いわゆる「ツインスティック」形式。このようにシューティングゲームとしての作りは王道ですが、特徴的なシステムと戦術の数々によって、懐かしいけど新しい、独特の手触りになっています。


◆魅力は間口の広いゲームバランスと”レーザー一点豪華主義”


本作は特に1980~1990年代のシューティングゲームが好きな人のほか、最近のシューティングは難しそうでちょっと……と、敬遠気味な人にもおすすめできるゲームに仕上がっています。



筆者は先のWindows PC版を購入し、エンディングまでプレイ済みですが、特徴的なシステムを実装した概略とは裏腹に取っ付きやすく、カジュアルに遊ぶもよし、深くやり込むもよしの様々な楽しみ方に対応した作りになっています。


カジュアルな点としては、テンポ重視のステージ構成。全8ステージが用意されていますが、いずれも短めにまとめられていて、ひとつクリアするのに5分以上かかることがありません。ボス戦も含め、大体2~3分程度でクリアできます。



かと言って、個々の密度が薄いこともなく。
短い内容の中に豊富な敵の襲撃パターン、仕掛けがギュッと詰め込まれていますので、申し分のないやり応えを味わえます。各ステージの個性付けも面白く、画面の半分を覆い隠す巨大な戦艦が襲い掛かってきたり、いきなりボス戦から始まったり、はたまた思いもしない方向にスクロールし始めたりなど、色んな展開があって飽きさせません。


また、シューティングと言えば、ゲームを始めたらノンストップでプレイしないとエンディングに到達できないのが一種のお約束であり、苦手な人にハードルの高さを感じさせる部分です。しかし、本作はステージセレクト機能を搭載。到達できたステージまでが自動で保存され、途中でゲームを終えても、後で未クリアのステージから再開できます。



そのため、エンディングを目指すだけならそんなに難しくありません。難易度選択機能もありますので(※オプション画面で設定します)、「イージー」であればより楽になります。

反面、途中からの再開だと、スコアが0にリセットされてしまいますので、より高みを目指すなら、通しプレイ必須となります。スコアも敵を連続して倒すとチェインが発生し、通常より多くスコアが得られ、10以上繋ぐとボーナスが追加されますので、途切れなく繋げていくことが重要。


純粋にクリアを目指すだけなら難しくないけど、よりよいスコアを目指せば途端に様相が変わる。そんな苦手な人や上手い人の好みそれぞれに応じたゲームバランスを確立していて、様々な遊び方で楽しめる作りになっています。



レーザーに限定された攻撃も見所。特にアームズの時は360度、全方向に”グルり”と撃てるのに加え、壁などに当たると反射します。この性質を活かす戦闘も複数用意されており、まさにレーザーのレーザーによるレーザーのためのシューティングゲームを堪能できます。


何と言っても、アイテムによるパワーアップ、「ミサイル」のような他の攻撃手段が一切ありませんので、どう立ち回ればいいのかが分かりやすい!とにかく、レーザーを照射して敵を倒せばいい「レーザー一点豪華主義」とも言える分かりやすさは癖になること間違いなしです。



▲Nintendo Switch版。以降のスクリーンショットはこちらのものになります。


先の巨大戦艦に象徴されるように、名作シューティングゲームの小ネタが随所にあるのも必見。加えてNintendo Switch版には、1980年代後半のハドソン(現:KONAMI)製シューティングゲームを思い起こさせる「キャラバンモード」を新規に収録。PC版にはなかったもので、専用ステージで3分間の制限時間の間、どこまでスコアを伸ばせるかに挑みます。



また、グラフィックも一新されていて、より1980~1990年代のシューティングゲームを思わせるビジュアルになっています。このほかにもゲームバランスの改良、隠し要素の追加なども行われており、PC版を遊び込んだ人も新鮮な気持ちで楽しめます。


もちろん、2人協力プレイも健在です。

ただ、右スティックで攻撃を繰り出す関係でJoy-conの「おすそわけプレイ」には非対応。また、PC版同様にローカル限定です。もし、2人でも楽しみたい場合は別途、PROコントローラなどが最低1個必要になりますので、念のため御注意ください。


◆作者「てらりん」様へメールインタビュー


そんな本作の作者であるてらりん様にメールインタビューを行いました。
本作の購入を検討している場合の参考にしていただければと思います。


◇1.てらりんさんの自己紹介、これまでのゲーム制作の活動経歴をお願いします。

インディーゲーム開発者のてらりんです。元々プログラミングが好きで、2016年から独学でゲームを作り始め、これまでに5本のゲームをリリースしています。最初はフリーゲーム、その後スマートフォンやSteamへ出すようになり、今回はNintendo Switchでリリースすることになりました。



▲てらりんさんの代表作のひとつ『Image Striker(イメージストライカー)』。2019年11月6日より、Steamでリメイク版が無料配信中です。



◇2.シューティングゲーム……全体的に80年代の雰囲気を感じさせる作品を多く作られてきていますが、てらりんさん御自身が特に好きな作品がありましたら教えてください。

はい。80年代のシューティングゲームから強い影響を受けています。特にR-TYPEとイメージファイトが好きです。他にもあらゆるシューティングゲームを遊んでいます。


◇3.オリジナルのPC版『ジェミニアームズ』を制作のきっかけは何だったのでしょうか。

私の強みはプログラムを自由に組めることなので、強みを生かしたゲームを作ろうと思ったのがきっかけです。ジェミニアームズの特徴である反射レーザーの仕組を実装するには、プログラムをよく理解している必要があります。また、現在のゲーム環境においてはツインスティックが標準装備されるようになっています。このツインスティックを活用することで2Dシューティングの楽しさを広げることができるのではと考えました。


◇4.本作の特徴にもなっている強制同時プレイ、レーザー限定の攻撃方法ですが、この辺りはどのような発想から生まれたのでしょうか。

強制同時プレイにしたのは、一人でプレイする時も二人で協力して戦っている感じを出すためです。また一人プレイ時と二人協力プレイ時のゲームバランスを取るためというのも大きな理由です。一人プレイ時に2Pが無敵オプションになる仕様は『バトルマニア(メガドライブ)』から思いつきました。

レーザー限定の攻撃方法についてですが、私はゲームの楽しさをどこにフォーカスするのか、きちんと決めるのが重要だと考えています。多くの要素を詰め込みたいという欲もありますが、その気持ちはあえて抑えて、今回はレーザーにフォーカスし、フォーカスした部分の面白さを追求して作りました。


◇5.人型の自機を操縦するシューティングゲームといいますと、ナツメ(現:ナツメアタリ)の『ファイナルミッション(※1990年発売:ファミコンソフト)』、『オメガファイブ』(※2008年配信:Xbox360用ダウンロードソフト)などがイメージされますが、制作に当たって意識されたことはあったのでしょうか。

はい。これらのゲームは意識しています。特に『オメガファイブ』は操作方法も含め影響を受けています。さらには、私の過去作品同様に、ゲームのテンポの良さを重視し、ステージは短く、ボス戦も長引かないなどカジュアルに調整し、独自のゲームとして仕上げています。



▲実は筆者も大好き『オメガファイブ』。Xbox Oneでも遊べます。


◇6.PC版を制作した際に特に苦労した部分や力を入れた箇所、また印象に残っている出来事などがありましたら教えてください。

初めてテストプレイヤーを募集しました。最初は指摘に凹むこともありましたが、多くの客観的な意見を頂くことで、当初のゲームから大きく改善することができ、とても感謝しています。


◇7.PC版リリース後の反響はいかがでしたか?

反射レーザーが気持ち良いという意見を多く頂きました。ただPC版は販売を私自身で行っていますので営業力が弱く、ダウンロードは伸びなやんでいます。良かった点としては、いくつかのメディアでゲーム性を高く評価して頂き、また、スコアアタックに夢中になるユーザーが現れたことです。


◇8.Nintendo Switch版の制作はどのような経緯で決まったのでしょうか。また、制作開始はいつ頃からだったのでしょうか。

PC版をリリースした頃にレジスタ様からお声がけを頂いたのがきっかけです。2019年4月から制作を開始しています。


◇9.Nintendo Switch版の制作にてらりんさん自身はどれほど関われたのでしょうか。

ゲームプログラムの全てを担当しています。グラフィックは天丸さんが担当しています。


◇10.PC版から新たに追加された「キャラバンモード」ですが、実装に至った経緯はどのようなものだったのでしょうか。

PC版リリース後に、スコアアタックに夢中になる方が現れて、このゲームの魅力の一つはスコアアタックなのだと気づかされました。そこでレジスタ様と追加要素について相談し、3分間スコアアタックのキャラバンモードを追加することにしました。


◇11.Nintendo Switch版の見所、PC版を遊ばれた方に見て欲しい部分がありましたら教えてください。

Nintendo Switch版はグラフィックが刷新され魅力が大幅に上がりました。そして追加されたキャラバンモードはとても熱くなれます。他にもゲームバランスの調整、隠し要素の追加、HD振動対応、10か国語対応などを行っています。PC版を遊ばれた方も、新たな気持ちで楽しめると思いますので、ぜひプレイしてみてください。


◇12.最後に今回のNintendo Switchで初めてプレイされる方、興味をお持ちの方に向けたメッセージをお願いします。

ジェミニアームズはロボットを自在に変形、合体して、反射レーザーを撃ちまくることができる、爽快なシューティングゲームです。ツインスティックを使った操作は慣れてくると快適にプレイできます。一人プレイでやりこむのも良し、二人協力プレイでワイワイと楽しむのも良しです。シューティング好きの方はもちろんのこと、あまりシューティングをプレイしたことが無い方でも気軽に楽しめますので、ぜひプレイしてみてください。


てらりん様、このたびはお忙しいなか、誠にありがとうございました!



改めまして、『ジェミニアームズ』は本日2019年12月19日より、Nintendo Switchで配信開始です。シューティングゲームが苦手な人から得意な人まで幅広く楽しめる良作になっていますので、興味のある方はすぐにでもマイニンテンドーストアの販売ページへ!


【ゲーム情報】

タイトル:『ジェミニアームズ』

発売元・開発元:レジスタ / TERARIN GAMES / 天丸(※グラフィック)

対応ハード:Nintendo Switch/p>

ジャンル:シューティング

価格:1,496円[税込] ※2019年12月31日23時59分まで34%OFF

関連リンク:

■レジスタ公式サイト

■マイニンテンドーストア:商品&購入ページ


©TERARIN GAMES / Regista / TENMARU

Omega Five : ©2008 HUDSON SOFT ©2008 NATSUME / ©Konami Digital Entertainment ©NatsumeAtari Inc.


2019-12-19 05:00
シェループ
2019-12-19 05:00
シェループ
この記事のURL
https://startt.jp/article/2019/12/19/56305


編集部おすすめ記事
【今日の五等分】「五等分の花嫁∬」×かっぱ寿司 ス…
コロワイドグループのかっぱ寿司は、TVアニメ「五等分の花嫁∬」とコラボレーションし、明日2021年1月16…
2021-01-15 12:00
【今日の2個で500円】バーガーキング®2021年キャン…
バーガーキング®の株式会社ビーケージャパンホールディングスは、本日2021年1月15日(金)~1月28日(…
2021-01-15 06:00
【今日の情報解禁】「X-MEN」コレクション、話題の…
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、マーベル・コミック原作で、全米で大人気のSFアクション映画『ニュ…
2021-01-14 10:00
【今日のくまモン】くまモンが新感覚のインタラク…
新型コロナウィルス感染症の感染防止のため、本年3月の「くまモン誕生祭」が中止となり、しょんぼりするくまモン…
2021-01-08 00:00
【今日のモンエナ】モンスターエナジー豪華ギアセ…
モンスターエナジーは、新しい年の始まりをお祝いして、豪華ギア4点セットが当たる「#2021も野性を解き放て…
2021-01-07 12:30
【今日のマグロ】津軽海峡の“黒いダイヤモンド”本…
コロワイドグループのかっぱ寿司は、本日2021年1月6日(水)から期間限定で、2021年初春にふさわしい年…
2021-01-06 06:00
【新年あけましてほぼ日】新年午前1時からライブ配…
株式会社ほぼ日は、2021年春に「ほぼ日の學校」(學校長:河野通和)をアプリの形で新たに開校します。「2歳…
2020-12-31 12:00
【今日の「面が麺ですと!?」】本日2020年12月25…
東洋水産株式会社と株式会社メガハウスは、「緑のたぬき天そば」と「ルービックキューブ」が40周年を迎えたこと…
2020-12-25 06:00
【今日の東北エリア超限定】東北のお客様へ年末の…
コロワイドグループのかっぱ寿司は、本日2020年12月18日(金)~12月30日(水)の13日間、東北エリ…
2020-12-18 06:00
【今日のゴジラ】「ゴジラ・ストア」「ゴジラ・ス…
2020年11月20日(金)に、国内2店舗目となる「ゴジラ・ストア Osaka」が「心斎橋パルコ」にオープ…
2020-12-17 17:00
【今日の試食レポート】プリングルズ×エースコック…
成型ポテトチップス「プリングルズ」は、エースコック「スーパーカップ」とのコラボレーション商品「プリングルズ…
2020-12-14 06:00
【今日の銀魂】笑いも涙もテンコ盛りな最新予告解…
シリーズ累計発行部数5500万部を超える「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)の超人気コミック「銀魂」(原作:空…
2020-12-08 11:00
【今日のコロナ禍で会えないからこそ年賀状】with…
創業から45年以上、年賀状印刷に携わってきた、フタバ株式会社は、帰省を控える方々に向けて、帰省できない今だ…
2020-12-04 07:00
【今日の半額!】2020年最後! 大人気のバーガーキ…
バーガーキング®の株式会社ビーケージャパンホールディングスは、本日2020年12月4日(金)~12月10日…
2020-12-04 06:00
【今日のクリスマス・チキン】ほぼ顔サイズ!?の…
フリュー株式会社がプロデュースする、“かわいいは高カロリー”をコンセプトにボリューミーフードを提供するファ…
2020-12-01 15:30
【今日の京菓子處 鼓月】本日11月27日(金)新発売、…
株式会社鼓月が展開する、エネルギー補給ようかんanpowerは、本日2020年11月27日(金)より、効果…
2020-11-27 06:00
【今日のモンエナ】1本購入で「2XP」をもれなくプ…
モンスターエナジーは、11月13日(金)に発売された最新作『コール オブ デューティ ブラックオプス コー…
2020-11-24 11:00
【今日のパーティ】プリングルズが提案する「#カサ…
2020年11月11日の「プリングルズの日」発足を記念して、プリングルズが2018年に提唱し大好評を得た食…
2020-11-20 06:00
【今日のカニ!】冬の味覚を満喫! かっぱ寿司に本…
コロワイドグループのかっぱ寿司は、本日2020年11月20日(金)~11月29日(日)の期間限定で「本ずわ…
2020-11-20 06:00
【今日の試食レポート】イベントシーズンにぴった…
ジャパンフリトレー株式会社から、本日11月17日(火)より全国のコンビニエンスストアで先行発売される、ドラ…
2020-11-17 06:00
特集
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その13 -こ…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-06-11 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その12 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-06-04 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その11 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-28 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その10 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-21 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その9 - 名…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-14 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
本連載30回で紹介した革新的FPSにして名作『Portal(ポータル)』。 パソコン(PC)、ス…
2020-04-30 22:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その8 - 沢…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-30 06:00
【面白そうなもの見つけた!】新型コロナウイルス…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-28 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その7 - 東…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-23 06:00
【面白そうなもの見つけた!】minneの母の日特集か…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-20 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
世の中には「プレミアゲーム」、もしくは「レアゲーム」なるものが存在する。 文字通り、稀少価値が付いたゲー…
2020-04-15 19:00
【今日のあつ森】『あつまれ どうぶつの森』オッサ…
2020年3月20日(金)に発売されたNintendo Switchの『あつまれ どうぶつの森』(以下、あ…
2020-04-13 19:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
高周波・高電圧を発生させる共振変圧器「テスラ・コイル」のほか、無線操縦や蛍光灯も発明し、磁束密度「テスラ」…
2020-04-09 19:30
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その6 - GW…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-09 06:00
【面白そうなもの見つけた!】神戸長田のソウルフ…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-08 06:00
【今日の捕食者】プレデターで(を)狩ってみた!…
オッサンゲーマーこと筆者も、さっそくプレデターっぷりを先行体験してきたので、日夜お忙しいのに最近なんかいろ…
2020-04-02 10:30
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その5 - そ…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-02 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
弊誌STARTTのSteamセールを特集した記事で、ほぼ必ずおすすめの1本としてピックアップされるタイトル…
2020-04-01 19:00
【面白そうなもの見つけた!】日清チキンラーメン…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-01 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その4 - も…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-03-26 06:00
Tweets by startt_staff


Page Top