検索
ランキング
▶ Home

ランキング
人気
ランキング
人気
オススメ
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか?『Darksiders Warmastered Edition(ダークサイダーズ ウォーマスターエディション)』 アメコミテイストの名作ゲームのいいとこ取りアクション!/ ゴールデンゲームハンマー第18回

昨今、2000年代の現役を退いたゲーム機で生まれた作品が後継の上位機へとリマスターされ、販売されるケースが相次いでいる。しかし、そんな作品の中にも、知名度が低いなどの事情から注目されず、ゴールデンハンマー化しているものが僅かに存在する。


そのような作品より一本、『Darksiders Warmastered Edition(ダークサイダーズ ウォーマスターエディション)』を今回紹介する。



本作は2010年3月、PlayStation 3、Xbox 360用ゲームソフトとしてKONAMIより販売された『ダークサイダーズ 審判の時』をリマスターした作品。2016年11月22日に海外先行でPlayStation 4、Xbox Oneに、後に続く形でPC、WiiU、Nintendo Switch版が発売された。日本では2017年11月24日にPlayStation 4版がTHQ Noridicより、2019年4月25日にNintendo Switch版がワーカービーより発売されている。


◆終末世界で繰り広げられる、罠にハメられた騎士の復讐劇


そもそもダークサイダーズとはどんな作品か?


ダークサイダーズとは、マーベル作品などを手掛けるアメリカン・コミックス作家ジョー・マデュレイラ氏が立ち上げたゲームスタジオ「Vigil Games」が制作したアクションアドベンチャーゲームだ。クリエイティブディレクターもマデュレイラ氏自ら担当している。


作中の舞台としているのは新約聖書「ヨハネの黙示録」に記された「終末」。それに至る「七つの封印」が四つ解かれた時、降臨すると言われる「黙示録の四騎士」を主人公に据えたストーリーを描いている。



本作の主人公は”戦争”を意味する「ウォー」。他に「デス(死)」、「フューリ(憤怒)」、「ストライフ(紛争)」の三人がいて、それぞれの活躍は後発の続編で描かれている。2019年時点で三作が発売されていて、全五部作を予定しているという。



▲続編『Darksiders II』。こちらは「デス」が主人公。

ちなみに二作目から三作目の発売まで、6年もの空白が空いているのだが、これは販売元の倒産、それによる「Vigil Games」解散が起因している。詳しくは割愛するが、紆余曲折を経てシリーズは再始動し、本作がその第一弾として発売されるに至ったのだ。


前置きが長くなったが、内容の紹介に入っていこう。

基本的には三人称視点で展開する、3Dのアクションアドベンチャーゲームだ。主人公のウォーを操作し、人類及び文明が滅んだ終末世界を探索していく。



最終目的はウォーの潔白を証明すること。物語は黙示録に記された終末が現代社会に襲い来る所から始まる。無数に降り注ぐ隕石より生まれ出た悪魔、それを討伐せんと戦う天使による地獄絵図が描かれる最中、ウォーは召喚される。だが、それは異常事態だった。四騎士解放の条件(四つの封印解除)が成立していなかったからである。


結果、ウォーは戦いに巻き込まれた末、悪魔の中でも取り分け凶悪な「ストラーガ」に敗北。そして、封印が解除されていないのに現代社会の調和を乱し、終末を招いたとして咎められてしまったのだ。とばっちりにもほどがある。

なぜ、このような目に遭ってしまったのか?

真相を突き止めるべく、ウォーは終末世界へと降り立ち、探索に挑むことになるのだ。



具体的には終末の戦いおける勝者「破壊者」なる勢力の中で、「選ばれしもの」と称される四名の心臓を手に入れ、かのストラーガと事件の背景を知る何者かが待つ「黒の玉座」の道を解放することだ。本編は件の玉座に近い「炎火の絞首台」なる場所を起点に、それぞれの「選ばれしもの」が統治するエリアへと足を運び、探索しながら最深部で彼らと戦う流れを繰り返していく形になる。


ものすごく乱暴に言うと『ゼルダの伝説』である。謎解きと戦闘を交互にこなしながら進めていくのだ。しかも、「選ばれしもの」の居城というのがまごうことなき「ダンジョン」。閉ざされた扉を開くためのカギを探し出したり、特殊なアイテムを手に入れて攻撃手段を増やしたり、パズルを解いたりしながら進めていく”アレ”なのである。


しかもこれに限らず、戦闘も特定の敵に狙いをつける「注目(ロックオン)」が可能! その際には画面上下部分に黒縁も表示! 武器もメイン装備の大剣「カオスイーター」のほか、各種ボタンに特殊なアクションを可能とする「アイテム」も用意!



▲ゲームが進むと馬にも乗れる!

まさに隠す気一切なし! そんな訳で、本作のことはゼルダと明言せざるを得ないものになっている。とは言え、全部が全部ゼルダではない。大剣「カオスイーター」を使い込むことによる成長要素、敵を倒すと得られる「ソウル」を消費しての攻撃技拡張と言ったシステムもある。戦闘も集団を相手にすることが多く、状況に応じて広範囲に及ぶ技を用い、巻き込むよう攻撃する立ち回りも試されるなど、似ているようで異なるバランスだ。



敵に一定ダメージを与えた後、表示されるボタンを押せばフィニッシュ技を決められるのも特徴の一つだ。「あれ?けど、それって……」とゲームをよく遊ぶ人は既視感を抱いたかもしれません。はい、その通りです。『ゴッド・オブ・ウォー』です。先のソウルも自動的にウォーが回収(吸収)する仕組みで、ほぼ『ゴッド・オブ・ウォー』だったりする。(厳密に言うと『デビル・メイ・クライ』由来のものである)


なので、実の所は「ゼルダの伝説+ゴッド・オブ・ウォー」でもあるのです。

おいおい、名作いい所取りじゃないかよ。ええ、まさしくそうですけど、何か?


そんなこんなで、アクションアドベンチャーとしては王道、悪く言えば「ありきたり」な作りになっている。世界観こそ独自性強めなのだが、ゲーム部分は馴染みありすぎとしか言い様がない、様々な意味で真逆の内容なのだ。


◆本作の魅力:名作いい所取りのありきたり?だが、それがいい!


◇まさに”名作良い所取り”を貫き通したゲームシステム

先の通り、本作を構成するシステムの大半は名作と謳われる作品を下地とした「いい所取り」。しかも、少しネタバレになるが、ゼルダ、ゴッド・オブ・ウォー以外にも他にもこんなゲームのネタが”自重なし”で登場する!



巨大な竜にまたがって、敵を撃ち落とす!

なんとビックリ、ロックオンシステムも完備の『パンツァードラグーン』!



フックにワイヤーを引っ掛け、その勢いを利用して大ジャンプ!

アクションゲーム好きには名の知れた『バイオニックコマンドー』!

GO!GO!バイオニック!(Song By:水木一郎)



色分けされた空間をこじ開け、そこに飛び込んでアクションを決める!

まさかまさかの革新系FPSの名作『ポータル』!(ケーキはもらえません!)


さらに武器にも大剣以外に、拳銃なんてものもある。Rスティックを押し込めば視点も変わり、その時にはギアーズ・オブ・ウォーなサードパーソンシューター(TPS)な構図に。このように実に多くの名作を元に細かい部分が作られているのだ。なので、元ネタを知る人ならば思わずニヤリとすること確実。悪く言えば、ゲームとしての真新しさはない。



だが、それがいい。本作はこの新しくない所が最大の魅力なのだ。特にまとめ方が上手い。互いが喧嘩し合わず、それぞれの長所を活かした作りになっているのである。


ゼルダの注目システム、ゴッド・オブ・ウォーの一対多をミックスした戦闘は、双方の魅力を絶妙なバランスで表現した屈指の見所だ。時に豪快に大勢を巻き込みつつ、強力な敵には一対一の戦いに持ち込んで一瞬の隙を突く。緩急が見事に表現された展開には、思わず時間を忘れて画面にくぎ付けとなってしまうはずだ。


◇謎解きと探索に終始しない、起伏の激しい構成

イベントの豊富さも圧巻。先の『パンツァードラグーン』は序の口。他にもウォーに助力するキャラクターとの共闘、広大な砂地を徘徊する巨大ワームの隙を突いて目的地を目指すステルスゲーム的な展開など、そのバリエーションは多く、最初から最後まで、プレイヤーを退屈させることなく楽しませてくれるのだ。



筆者はボス戦を特に推したい。ゼルダのお約束を踏まえつつ、本作特有の豪快さを混ぜ合わせた手に汗握る展開が味わえる。ボスへダメージを与える手順にも、本作の世界観ゆえにできた”豪快”の極みなものがあるので必見だ。

場合によっては、サド(S)の気に目覚めるかもしれない。


◇軽快な操作性と進める度に増えていく豊富なアクション

ゲーム中のムービーデモを見れば一目分かる通り、主人公の「ウォー」は体格の大きなキャラクター。武器も大剣をメイン装備とするので、重々しい印象を抱いてしまうだろう。



だが、実際の操作は見た目に反して軽快。驚くほどキビキビ動いてくれる。ジャンプも可能で、それも全く重々しさを感じさせないどころか、連続して対応するボタンを押せば二段ジャンプも決められる、抜群の機動性を誇る。


ゲームが進めばジャンプ後の飛距離を伸ばす対空降下、先のワイヤーに象徴させる特殊アクションも可能となり、大剣で繰り出せる技もどんどん増える。そして、いずれも僅かなボタンの組み合わせと連打で手軽に繰り出せるので、アクションゲームに苦手意識のある人も技の豪快さを堪能できる。



動かすだけでも楽しいのは良いアクションゲームの象徴だが、本作はそこもバッチリ押さえている。ウォーの見た目からして「ウソだろ」と思うかもしれないが、大事なことなのでもう一度言おう。


見た目に反して、とっても軽快です。


◇現代とファンタジーが入り混じった独特すぎる世界観

舞台である終末の世界は元・現代社会の都市ということで、高層ビルにダクト(パイプ)、図書館などのロケーションが多く登場。道中にはスクラップと化した自動車も多く散らばっている。


そんな元現代の都市で悪魔や天使と言った、ファンタジーなキャラクター達が暴れ回る。その様子だけでも、他に類を見ない独自性がある。現代社会が健在だった頃、それらはどんな風に使われていたのか。そんな思いを馳せながら探索を楽しめるのも見所だ。



▲廃墟好きにはたまらないかも。

◆王道一直線のシステム、難解なストーリー・世界観で攻めた力作


ボリュームもメインストーリーだけでも20〜25時間以上、隠された強化アイテムの収集要素も盛り沢山と非常に大きい。ゲームクリア後に一部のアイテムを引き継いで、最初から遊ぶ周回要素もあるほか、難易度も「イージー」、「ノーマル」、「ハード」の三種類があるので、全てをやり尽すなら長いこと遊べる。



ローカライズも凝っていて、ムービーデモでの会話はフルボイス、それも日本語吹き替え仕様。声優もそれぞれのキャラクターにマッチした方々がキャスティングされていて、雰囲気抜群。主人公ウォーのカッコよさは必見だ。


ただ、旧約聖書の黙示録を知っていること前提で世界観が作られているため、ストーリーは難解。この辺りは日本では旧約聖書のことに関し、一般レベルで馴染んでないことへの差が現れている感じだ。また、中盤以降に唐突な展開が多く、何が起きているのか分からなくなりやすいのは難ありと言わざるを得ない。




そんな独特のハードルの高さはあるが、ゲームは抜群に取っ付きやすく、傑作と豪語できるアクションアドベンチャーに完成されている。このジャンルが好きな人ならぜひ、遊んでみて欲しい一本だ。世紀末と化した元現代の世界で、大柄の騎士になって悪魔と天使達を狩り倒そう。そして、どこかで見たことのあるイベントに挑戦だ。


なお、日本国内ではXbox One、WiiU版は未発売のため、購入できない。ただ、Xbox Oneに関してはオリジナルのXbox360版『ダークサイダーズ 審判の時』がダウンロード販売されていて、後方互換機能で遊ぶことができる。Xbox One Xのエンチャント機能にも対応しており、より鮮明になった映像でも遊べるので、ハードをお持ちであればぜひお試しあれ。


【ゲーム情報】

タイトル:『Darksiders Warmastered Edition(ダークサイダーズ ウォーマスターエディション)』

発売元・開発元:THQ Nordic / KAIKO / Vigil Games / ワーカービー

対応ハード:PlayStation 4、Nintendo Switch、PC(Windows)

ジャンル:アクションアドベンチャー

価格:1,980円[税込](PC)、2,241円[税込](PlayStation 4)、3,035円[税込](Nintendo Switch)

関連リンク:

■THQ Nordic公式サイト(※リンク先:英語)

■ワーカービー公式サイト

■商品&購入ページ:PlayStation 4版(PlayStation Store内)

■マイニンテンドーストア:商品&購入ページ(Nintendo Switch)



2019-11-06 19:00
シェループ
2019-11-06 19:00
シェループ
この記事のURL
https://startt.jp/article/2019/11/06/56133
関連記事


編集部おすすめ記事
【今日の除菌】いまこそ欲しい!携帯サイズの除菌…
クリア電⼦は、アルコールや化学物質を使わず、天然成分だけでつくられた携帯除菌抗菌液「Cleanse EX …
2020-04-03 15:30
【週末一挙放送】“下ネタ”でちょっぴり刺・激・的…
「AbemaTV」の「アニメLIVEチャンネル」で、明日2020年4月4日(土)の夜7時30分よりテレビア…
2020-04-03 12:45
【今日のコールマン】アウトドアブランド「Coleman…
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、アウトドアブランド「Coleman」との共同企画商品を、全国のデ…
2020-04-03 11:15
【今日のゴジラ】元祖トレーディングカードゲーム…
Wizards of the Coast LLCが販売する トレーディングカードゲーム「マジック︓ザ・ギャ…
2020-04-03 08:00
【週末一挙放送】特別番組『鬼滅テレビ 無限列車編…
「AbemaTV」の「Abemaアニメチャンネル」で、明日2020年4月4日(土)の夜7時よりテレビアニメ…
2020-04-03 06:00
【今日の捕食者】プレデターで(を)狩ってみた!…
オッサンゲーマーこと筆者も、さっそくプレデターっぷりを先行体験してきたので、日夜お忙しいのに最近なんかいろ…
2020-04-02 10:30
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
弊誌STARTTのSteamセールを特集した記事で、ほぼ必ずおすすめの1本としてピックアップされるタイトル…
2020-04-01 19:00
【面白そうなもの見つけた!】日清チキンラーメン…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-01 06:00
【今日の無料ゲー】マシマシゾンビを倒そう!『Wor…
現在、Epic Gamesからゾンビマシマシ・シューターとしてお馴染みの『World WarZ』(ワールド…
2020-03-30 14:25
【今日のスタート】あの伝説の名作が「AbemaTV」初…
「AbemaTV」の「Abemaビデオ」で、本日2020年3月27日(金)午前0時より劇場アニメ『AKIR…
2020-03-27 16:15
【今日の試食レポート】ストレスで限界を迎えたSTA…
先日から弊誌でも取り上げています、ストレスMAXのひよこちゃんが食べて解放されたという、リニューアル版“旨…
2020-03-27 15:30
【今日の情報解禁】Amazon Prime Video 2020年4月…
Amazon Prime VideoのSVOD※サービスに、4月は話題のアニメ作品や大ヒット映画作品、人気…
2020-03-26 10:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
よお、アミーゴ。ゴールデンゲームハンマーの時間だ! 今回は『ファークライ5』をピックアップするぜ! 2…
2020-03-25 19:00
【今日の捕食者】プレデター視点の動画公開!人間…
端的に言うと、今週金曜(27日)から日曜まで、PS4でプレデターになりきる最新ゲームが無料で遊べるからPS…
2020-03-25 17:20
【今日の水どう】「水曜どうでしょう」最終夜(11夜…
関東圏の藩士の皆さん、1週間お疲れ様でした。 本日、「水曜どうでしょう」2019年最新作の「第11夜」が…
2020-03-25 10:30
【今日のスタート】フードデリバリーサービス「DiD…
人工知能(AI)を活用した世界最大級の配車サービス「DiDi」が、フードデリバリーサービス「DiDi Fo…
2020-03-24 13:30
【今日のチキンラーメン】ひよこちゃんが無言ツイ…
今、ひよこちゃんの公式ツイッターでざわつきが起きています。 昨日、今日と2日間連続で無言にGIF動画のみ…
2020-03-23 18:45
【今日のSwitch】Nintendo Switch Lite新色「コー…
2020年3月20日(金)に発売されたNintendo Switch Lite新色「コーラル」。実物を会社…
2020-03-23 15:00
【今日の悪魔退治】残虐FPS『DOOM Eternal』(PC版)…
2020年3月20日(金)、ベセスダ・ソフトワークスから残虐FPSの最新作「DOOM Eternal」のP…
2020-03-22 09:00
【今日のスタート&セール】 PS4®『バットマン:ア…
ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントより、PlayStation®4向…
2020-03-19 14:00
特集
【今日の捕食者】プレデターで(を)狩ってみた!…
オッサンゲーマーこと筆者も、さっそくプレデターっぷりを先行体験してきたので、日夜お忙しいのに最近なんかいろ…
2020-04-02 10:30
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その5 - そ…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-02 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
弊誌STARTTのSteamセールを特集した記事で、ほぼ必ずおすすめの1本としてピックアップされるタイトル…
2020-04-01 19:00
【面白そうなもの見つけた!】日清チキンラーメン…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-01 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その4 - も…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-03-26 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
よお、アミーゴ。ゴールデンゲームハンマーの時間だ! 今回は『ファークライ5』をピックアップするぜ! 2…
2020-03-25 19:00
【面白そうなもの見つけた!】華族の女性達が繰り…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-03-25 06:00
【今日のSwitch】Nintendo Switch Lite新色「コー…
2020年3月20日(金)に発売されたNintendo Switch Lite新色「コーラル」。実物を会社…
2020-03-23 15:00
【今日の悪魔退治】残虐FPS『DOOM Eternal』(PC版)…
2020年3月20日(金)、ベセスダ・ソフトワークスから残虐FPSの最新作「DOOM Eternal」のP…
2020-03-22 09:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その3 - も…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-03-19 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
西アフリカの民間信仰を起源に誕生し、映画を始めとする娯楽作品への登場と再定義などによって、「人間を襲う腐敗…
2020-03-18 19:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その2 - も…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-03-12 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
昨今、バーチャルリアリティ(VR)技術の成熟とその界隈の成長には目覚ましいものがある。特にゲームでは、続々…
2020-03-11 19:00
23年ぶりにFF7「FINAL FANTASY VII REMAKE DEMO」…
2020年3月2日に突然公開になった「FINAL FANTASY VII REMAKE DEMO」。ダウン…
2020-03-09 13:30
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その1 - も…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-03-05 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
音楽に合わせてリズムを取っていくリズムアクションゲーム、またの名で音ゲー(音楽ゲーム)。昨今はスマートフォ…
2020-03-04 19:00
【本日発売!】『ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒ…
本日2月27日(PC版は26日)より、Nintendo Switch、PlayStation 4、Xb…
2020-02-27 11:01
【本日発売!】『ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒ…
本日2月27日、『ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション』がNintendo Swi…
2020-02-27 11:00
【今日の忍者】2月22日は「ニンニンニンで忍者の日…
本日は2月22日。222はニンニンニンで「忍者の日」。しかも今年は令和2年で2222のニンニンニンニン! …
2020-02-22 05:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
ゲームに限った話ではないが、大ヒット作が誕生すると、いわゆる”2匹目のドジョウ”を狙ったフォロワータイトル…
2020-02-19 19:00
Tweets by startt_staff


Page Top