検索
ランキング
▶ Home

ランキング
読まれてます
ランキング
読まれてます
オススメ
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか?『ブレイブダンジョン+魔神少女COMBAT』Switchローンチ元年に登場したダンジョンRPG+カードバトルゲーム/ゴールデンゲームハンマー第16回

既に100本を超過していると思しきNintendo Switchのダウンロードソフト。本体が出て間もない2017年前半の頃は、一週間の内に発売される本数も少なく、それぞれに注目が集まりやすい状況だった。だが、同年後半からは大幅にその数が増加。昨今は新作すら見落とされやすい状況になった。さらに2017年の初期に発売された作品に至っては、ほぼ全てが片隅へと追いやられてしまっている。


そして、いくつかのゲームがゴールデンハンマーと化しているのだ。



そんな訳で、今回はNintendo Switch初期、まだダウンロードソフトの本数が多くなかった頃に発売された作品の中から一本、『ブレイブダンジョン+魔神少女COMBAT』を紹介する。



本作は同人ゲームサークル「INSIDE SYSTEM」制作のロールプレイングゲーム(RPG)。元はニンテンドー3DS用ダウンロードソフトとして発売された作品で、その移植版となる。移植に当たってグラフィックは高解像度化。さらに新キャラクター数名の追加、新作対戦カードゲーム『魔神少女COMBAT』も収録。二本立てのお得なゲームへと様変わりした。


ちなみに『魔神少女』とはニンテンドー3DS、PC、PlayStation Vita向けに発売された横スクロールアクションゲーム。これまでにシリーズ三作、外伝一作がフライハイワークスより発売されている。


◆攻略順序も育成も自由自在なダンジョン探索RPG+じゃんけんカードバトル




そんなシリーズのスピンオフが『ブレイブダンジョン』だ。

その内容はダンジョン探索をメインとするRPG。「ゴッズヒル」と呼ばれるダンジョン奥深くに眠ると言われる「マジックアイテム」を求め、”死神”の愛称で呼ばれるトレジャーファイター「アル」が冒険を繰り広げるというものだ。



▲ちなみにアルは魔神少女シリーズに登場するボスの一人である。

基本的に拠点の町「ニューポート」で準備を整え、ダンジョン探索に挑むという流れでゲームは進む。ダンジョンは最終目的地の「ゴッズヒル」も含めて五種類、それぞれが四つの階層(フロア)で構成されている。


各ダンジョンのクリア条件はフロア4に待ち受けるボスを倒すことだ。倒せばダンジョンクリアになり、次のダンジョンへの道が……開かれない。そもそも、最初から開かれている。


実は五つのダンジョンは最初から全て選択可能。どこからでも攻略を始められるのだ。なので、攻略順序は決まっておらず、プレイヤーの思うがままに進めていける作りになっている。いきなり最終目的地「ゴッズヒル」に挑んでもいいのだ。



ほぼ確実に返りうちにされるけど。


さらに言うなら、ダンジョン全ての攻略も求められない。要は十分にキャラクターを育て、準備が整ったなら、最終目的地に突撃して攻略に徹するもよかろうなのだ。ある程度計画を練ることが必要となるが、このような仕組みもあって、攻略自由度は非常に高い。まさにプレイヤーがやりたいように遊べるRPGになっている。



システム周りもその特徴を際立たせた作りだ。例えばパーティ。アルも含む最大三人で編成できるのだが、そのメンバーを誰にするかはプレイヤーが自由。しかも、最初から複数人の選択肢を用意。色んな組み合わせを試せるのだ。


もちろん、あえて一人旅に出てもよし。そもそも、メンバーはアル以外のほぼ全員がストーリーに絡まず、本編にも関連イベントが皆無。誰かを選ばないといけないみたいな縛りが一切ないのである。そのため、誰を入れようが支障なし。当然ながら、探索と戦闘は厳しくなるが、それでも意外になんとかなるよう作られている。



育成も自由度高め。そして、少し独特。

戦闘で得られた経験値でレベルアップするのだが、体力以外のステータスが上昇しない。ステータス全般は拠点の町で、同じく戦闘で経験値と一緒に得られる「トレース」、いわゆるお金に当たるアイテムで強化、または宿屋の「素材アイテム回収依頼」をこなすと得られる「ゴハンコイン」なる特殊なお金を払い、食事させて強化するのだ。



なので、トレースのある限り一気に底上げ可能(※食事の場合は何が上昇するかはランダム)。どのステータスを強化するかもプレイヤーが自由に選べるので、まさにやりたい放題だ。ちなみにレベルも「クラスチェンジ」なる強化を図るに当たり、上げることが条件になる。体力以外強化されないなら、上げなくていい訳でもない。相応の意味も設定されているのだ。


他にも数多くの特徴的なシステムがあるのだが、全てに共通するのは自由であること。とにかく、最終目的地の奥深くにあるとされた秘宝を見つければそれでいい。

そんなサッパリした設定と、そこに至るまでの作戦を考え、実行する楽しさに特化した作りが魅力のRPGに仕上げられているのだ。



ちなみにNintendo Switch版にて追加された新作『魔神少女COMBAT』は、三枚のカードを選び、三回戦で構成された戦闘を勝ち抜いていくという内容だ。シリーズに登場した雑魚敵を始めとする多くのキャラクターがカードとして登場し、それを用いてデッキを構築し、12に及ぶ「リーグ」に挑戦していく形となる。


カードゲームというと、入り組んだルールを想像するかもしれないが、本作で行うのは基本的にカード同士をぶつけて結果を見守ること。プレイヤーが介入する要素はほぼなく、気軽に遊べる作りになっている。


唯一、カードに「属性」なるものが設定されているが、これもグー、チョキ、パーのじゃんけんにちなんだものになっているので覚えやすい。そして、有利な方なら強力な攻撃が発動しやすくなるなど、導き出される結果も想像しやすくなっている。


『ブレイブダンジョン』の密度が濃い関係で、おまけ的な印象が強いが、数百枚に及ぶカードにそれぞれを育成する要素もあったりとボリュームは十分。シンプルながらも内容は盛り沢山とも言えるカードゲームだ。


◆本作の魅力:”ダンジョン探索”に焦点を絞った痛快なゲームデザイン


◇圧倒的な自由度

最初から最終目的地も含めた全ダンジョンへ行き来可能、決められた攻略順序もなし、パーティメンバーも自由に決められ、いざとなれば一人旅を続けてしまってもよし。どのようにキャラクターを強化するかもおまかせ。全てにおいて縛りという縛りがなく、プレイヤーの思うがままに遊べてしまう。



一応、初期状態でゴッズヒルに挑むと返りうち濃厚、ダンジョンは選択画面の並び通り上から順に難しくなるなどの設定はある。

特に後者に従えば、極端な難易度上昇を経験することもなく進めていける。だが、そうしなければならない決まりはない。上昇覚悟で挑むも、安全策を取るもプレイヤー次第。


そうも自由に決められるので、終始、色んな攻略法を試したり、楽しんだりしながら遊べる。また、色々できるからこそ、二周目以降も新鮮な気持ちで楽しめる。嬉しいことに引き継ぎ機能を始めとするオプションもクリア特典で用意されているので、やり込み派のプレイヤーもニッコリ間違いなしだ。



▲難易度も三段階から選べる。(そしてクリア後には……?)

◇抜群のテンポと痒いところに手の届く配慮の数々

ストーリーにちなんだイベントもなければ、戦闘開始時のロードも無し。肝心の戦闘もスピーディな上、強力な攻撃を実施した時の演出も冗長さなし。ダンジョン内でキャラクターが移動する速度も速く、それを上昇させる特殊なアイテムも用意されているなど、何かしらストレス要因になりかねない部分を徹底的に潰しており、とにかくプレイしていて気持ちよい。


また、戦闘で全滅しても拠点の町に戻されるだけ。その拠点の町へ一瞬で戻れるアイテム(※要購入)もあるので、素潜り感覚で探索を進める攻略法にも完全対応している。



▲ダンジョンの階層も基本、暗闇に覆われた地形を明かしていくことに終始するが、進展に応じてショートカットも解禁されるなど、二度手間によるストレスも踏まえて構成されている。

まさに”痒いところに手が届く”を体現した設計だ。
ただ、ダンジョン探索中の途中セーブは不可能。(※セーブは拠点限定)
手応えを出すべき所は出す、割り切りもちゃんと実施されている。


◇個性に富んだキャラクター達と育成の楽しさ

攻撃特化、回復・ステータス強化の特技を持つなどの個性付けがしっかりしており、それぞれを仲間に入れたなりの独自の戦術が楽しめる。基本的にどのキャラクターを選んでもクリアできるよう、ゲームバランスも調整されていて、気軽に色んな組み合わせを楽しめる。



Nintendo Switch版にはオリジナルの3DS版にはいなかったキャラクターが二人追加され、より多彩な組み合わせを考えられるようになっている。高解像度化により、演出が派手になった切り札の必殺技こと「リベンジマジック」も見所だ。


◇ちょこまか動くドット絵にも注目

魔神少女シリーズの見所の一つでもある、可愛らしいドット絵は本作も健在。雑魚敵、一部キャラクターは同シリーズのものをそのまま流用しているのだが、いずれも表情豊かに動くので、見ているだけでも楽しい。



もちろん新規のドット絵も。特にダンジョン最深部で待ち構えるボスは、熟練のドット絵職人によって描かれたものになっている。いずれもダイナミックな動きと怒涛の攻撃で攻め込んでくるので要注目だ。


◆カードゲームは難ありだが、遊び応え申し分なしのお得な二本立て


他に一周大体5〜7時間の手頃なボリュームも魅力。RPGとしては短めだが、豊富なやり込み要素が揃っているので、それらを極めれば10倍近い時間を要することになるはずだ。



……と、一通り紹介したが、「あれ?全部、ブレイブダンジョンの話じゃね?魔神少女COMBATどこ行った?」と、ここまで読んで思ったかもしれない。

実の所、『魔神少女COMBAT』は厳しい出来。

ルールこそ簡単で取っ付きやすいのだが、戦略性がほぼなく、基本、三枚選んでぶつけ合うだけで結果も運に左右される大味な作りに落ち着いてしまっている。


一応、2019年現在は何度かのアップデート実施で様々な修正が実施されたことにより、発売当時よりかは遊びやすくなっている。

しかし、カードのぶつけ合いであることに変わりはなく、プレイヤーが介入する余地もないので、ゲームとしての手応えは薄い。ただ、強いカードが揃ってくると、相手をなぎ倒す爽快感が味わえる。そこに至るまでにレベルを上げるなどの手間が必須となるのだが、根気に関しては負けないものをお持ちなら、ぜひ挑んでみて欲しい。それなりに楽しめるはず……だ。



厳しいことを書いてしまったが、『ブレイブダンジョン』の出来は申し分なしだ。実はNintendo Switchの動画撮影機能に最初に対応した任天堂以外のゲームソフトという、輝かしい実績も持つ本作。発売から大分経つが、気軽に遊べてやり込めるRPGをお求めなら、声高におすすめする一本だ。



最後に余談ながら、続編『ブレイブダンジョン 正義の意味』もNintendo Switchのダウンロードソフトとして2019年発売を目指して制作が進められている。大幅なボリュームアップを施した正統進化系の続編になるようなので、興味がある方は公式サイトの動向を要チェックだ。イベントへの出展も頻繁に行われているので、そちらで確かめてみるのもよしです。


【ゲーム情報】

タイトル:『ブレイブダンジョン+魔神少女COMBAT』

発売元・開発元:INSIDE SYSTEM

対応ハード:Nintendo Switch

ジャンル:クロニクル2DRPG+オールスターカードバトル

価格:864円[税込]

関連リンク:

■ブレイブダンジョン+魔神少女COMBAT - INSIDE SYSTEM公式サイト

■マイニンテンドーストア:商品&購入ページ(Nintendo Switch)


2019-10-09 19:00
シェループ
2019-10-09 19:00
シェループ
この記事のURL
https://startt.jp/article/2019/10/09/56025
関連記事


編集部おすすめ記事
【今日の特報映像】「銀魂」本当のラスト! 最後の…
シリーズ累計発行部数5500万部を超える「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)の超人気コミック「銀魂」(原作:空…
2020-08-12 08:00
【今日のかっぱ寿司】かっぱ寿司「超創業祭」〜夏…
コロワイドグループのかっぱ寿司は、本日2020年8月8日(土)より「超創業祭」〜夏の陣〜をかっぱ寿司全店に…
2020-08-08 07:00
【今日のほぼ日】ほぼ日が、ドラえもん50周年記念…
株式会社ほぼ日は、『ドラえもん』がまんが連載開始から50周年を迎えたことを記念して、ほぼ日のロングセラー商…
2020-08-07 06:00
【今日もノリ突っ込まない】いつもの味も外で食べ…
お笑いコンビ・ぺこぱ が初出演する「チキンラーメン」 のCMが本日8月7日(金)より放送開始。 今日…
2020-08-07 00:00
【今日のフードデリバリー】「DiDi Food」に「家族…
DiDiフードジャパン株式会社が運営するフードデリバリーサービス「DiDi Food」は株式会社家族亭が展…
2020-08-04 14:30
【今日のロボコン】ついに本日公開!! 『がんばれ…
タマゴ型で赤くコーティングされたボディに愛らしい眼が特徴的なドジなお手伝いロボット、「ロボコン」。1974…
2020-07-31 08:00
【今日のかっぱ寿司】イクラ・うに・蟹!初の創業…
コロワイドグループのかっぱ寿司)は、本日2020年7月31日(金)より「超創業祭」の二発目“超豪華ネタ大放…
2020-07-31 06:00
【週末の特別番組】花江夏樹、鬼頭明里、下野紘、…
ABEMA」の特別番組『「鬼滅テレビ」無限列車編 新情報&主題歌発表スペシャル』が独占放送。 『鬼滅の刃…
2020-07-31 05:00
【今日のチーム総北】実写映画「弱虫ペダル」累計2…
累計2500万部突破の大人気スポーツ青春漫画、「弱虫ペダル」。2008年に週刊少年チャンピオン(秋田書店)…
2020-07-30 07:00
【今日のにじさんじ】クラウドファンディング企画…
いちから株式会社が運営するVTuber / バーチャルライバーグループ「にじさんじ」は、クラウドファンディ…
2020-07-28 12:30
【今日のかっぱ寿司】本日2020年7月22日(水)より、…
コロワイドグループのかっぱ寿司は、本日2020年7月22日(水)から、かっぱ寿司初となる「超創業祭」を開催…
2020-07-22 06:00
【今日のゴジラ】ゴジラ史上初! 2021年、⽇本のお…
株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、本日2020年7⽉21⽇(⽕)より、史上初となる「ゴジラ」を題材とし…
2020-07-21 17:00
【今日のにじさんじ】にじさんじオリジナルマルチ…
いちから株式会社が運営するVTuber / バーチャルライバーグループ「にじさんじ」は、全国のファミリーマ…
2020-07-21 06:00
【今日のすみっコぐらし】専用スティックと液晶画…
タカラトミーは、専用スティックを使って遊ぶ液晶トイ『すみっコぐらし すみっコキャッチ』(希望小売価格:5,…
2020-07-17 08:00
【今日の『レディ・オア・ノット』】来週7月15日(…
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、全米で2019年の夏に公開され、3週連続でトップ10入りし話題と…
2020-07-09 10:00
【今日のWILD】ディズニーの『アラジン』『ライオ…
ハリソン・フォードを主演に迎え、ディズニー・アニメーション『アラジン』や『ライオン・キング』などを担当した…
2020-07-03 10:00
【今日のバーキン】バーガーキング®から『スパナゲ…
バーガーキング®の株式会社ビーケージャパンホールディングスは、本日2020年6月26日(金)から、『スパナ…
2020-06-26 06:00
【今日の50%OFFのはずがさらにOFF!】本格3Dアクシ…
スマートフォンで手軽に遊べる“死にゲー”として話題の「パスカルズ・ウェイジャー」(原題:Pascal's …
2020-06-25 10:35
【今日のロボコン】『がんばれいわ!!ロボコン』第2…
タマゴ型で赤くコーティングされたボディに愛らしい眼が特徴的なドジなお手伝いロボット、「ロボコン」。1974…
2020-06-25 06:00
【今日のザコシ】Twitterで話題! ハリウッドザコ…
株式会社 明治は、冷凍食品「満足丼」シリーズのタイアップソング「きみに満足」の6月24日(水)のCD発売を…
2020-06-23 10:00
特集
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その13 -こ…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-06-11 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その12 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-06-04 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その11 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-28 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その10 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-21 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その9 - 名…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-14 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
本連載30回で紹介した革新的FPSにして名作『Portal(ポータル)』。 パソコン(PC)、ス…
2020-04-30 22:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その8 - 沢…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-30 06:00
【面白そうなもの見つけた!】新型コロナウイルス…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-28 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その7 - 東…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-23 06:00
【面白そうなもの見つけた!】minneの母の日特集か…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-20 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
世の中には「プレミアゲーム」、もしくは「レアゲーム」なるものが存在する。 文字通り、稀少価値が付いたゲー…
2020-04-15 19:00
【今日のあつ森】『あつまれ どうぶつの森』オッサ…
2020年3月20日(金)に発売されたNintendo Switchの『あつまれ どうぶつの森』(以下、あ…
2020-04-13 19:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
高周波・高電圧を発生させる共振変圧器「テスラ・コイル」のほか、無線操縦や蛍光灯も発明し、磁束密度「テスラ」…
2020-04-09 19:30
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その6 - GW…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-09 06:00
【面白そうなもの見つけた!】神戸長田のソウルフ…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-08 06:00
【今日の捕食者】プレデターで(を)狩ってみた!…
オッサンゲーマーこと筆者も、さっそくプレデターっぷりを先行体験してきたので、日夜お忙しいのに最近なんかいろ…
2020-04-02 10:30
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その5 - そ…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-02 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
弊誌STARTTのSteamセールを特集した記事で、ほぼ必ずおすすめの1本としてピックアップされるタイトル…
2020-04-01 19:00
【面白そうなもの見つけた!】日清チキンラーメン…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-01 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その4 - も…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-03-26 06:00
Tweets by startt_staff


Page Top