検索
ランキング
▶ Home

ランキング
人気
ランキング
人気
オススメ
【連載】忍者増田の忍者コラム ゲームに登場する忍者を語るの術!その2 / Ninja Writer Presents: The ninja that appears in video games - Volume 2.

この記事には日本語版と英語版があります。お好みの言語をお選びください。

This article is available in Japanese and English. Feel free to select your preferred language.


■日本語版(Japanese)

■English(英語版)


忍者マニアのフリーライター、忍者増田でござる。今回のお題も「ゲームに登場する忍者」です。前回語りきれなかったお気に入りのゲームについて、再度思い出とともに語ってみようと思います。取り上げたゲームは『天誅』と『ベースボールスター』。『天誅』はともかく、「なぜ野球ゲームが!?」と思ったあなた、まずは読んでみてください。久しぶりの忍者トリビアもありますよ!


■忍者ゲームのあり方に一石を投じた『天誅』


1998年にソニー・ミュージックエンタテインメントから発売されたステルスアクションゲーム、『立体忍者活劇 天誅』(以下『天誅』)が描いたリアルな忍者ワールドは、忍者マニアの拙者に衝撃を与えました。


アクションゲーム、ロールプレイングゲームなどジャンルを問わず、現在はゲームの中で多くの忍者の活躍を見ることができます。しかし、忍者の扱われ方が現実とかけ離れているゲームも少なくないですよね。もちろん、ゲームという時点でそんなツッコミは野暮だし、今まで当コラムでお伝えしてきたように拙者はファンタジーとしての忍者を否定するつもりはありません。てか否定したくないし、そういうのをひっくるめて「忍者」だと思っています(でもごめんなさい。若いころはちょっと否定していたかもしれません。てへっ)。


ですがあえて、「忍者のリアルな世界を表現したゲームは?」と古くからのゲーマーに問うたとき、やはり最初に挙がる作品は『天誅』シリーズではないでしょうか?


『天誅』の主人公のアクションにおいて、派手な忍術はほとんど用意されていません。必殺技も、敵にこっそり近付いてただ急所を突くという、いわゆる「忍殺」のみ。敵に気付かれずに静かに命を奪うことを最も美しいとする『天誅』の基本設定に、拙者は痺れました! 忍者は戦闘専門員ではないので、なるべく敵に見つからずに行動するのは当たり前。正面から派手に戦いを挑んで騒ぎを大きくしていては任務遂行はおぼつかないし、それは優れた忍者のすべきことではないのです。


当然ながら、『天誅』が忍者の世界を100パーセント正しく表現した作品……とまでは言いません。ですが、これまでの忍者ゲームになかった、「敵に見つからずに任務を果たす」という忍者の地味な世界を見事にゲーム化した作品であることは高く評価すべきだし、本作が忍者ゲームに一石を投じた作品であることに異論を唱える人はいないでしょう。


その後も多くの続編が登場した『天誅』ですが、しばらく新作は開発されていないようですね。でも調べてみたら、2014年と2015年に「舞台版 天誅」ってのが公演されていたんだなあ。見ておけばよかった。こういう情報収集を怠っていた拙者は、忍者として失格と言えるでござるな。ニンともカンとも。



▲こちらは『天誅4』(フロム・ソフトウェア)のテレビCM

■忍者きっかけで購入したら大ハマりした『ベースボールスター』


次に、1989年にSNKから発売された、『ベースボールスター めざせ三冠王』(以下『ベースボールスター』)というファミコンゲームについて触れたいと思います。『ベースボールスター』はその名の通り野球ゲームなのですが、拙者は「野球」に対して特別な思い入れはありません。なのになぜ当時『ベースボールスター』を購入したのか? それは本作内に「にんじゃ ぶらっくそっくす」という、忍者を題材にしたチームが登場していたからなのです。本作に関してはゲーム内の忍者要素を取り上げるよりも、拙者の「思い出語り」が強くなりますので、そのつもりでお読みください。


そんな単純な理由で、普段あまりやらない野球ゲームを買ってしまった拙者。このエピソードからも、拙者がどれだけ忍者のことが好きであるかがわかってもらえるかと思います。ただのコスプレ野郎だと思っていた人は反省してくださいね。


当時の野球ゲームといえば、プロ野球のチーム名や選手名をもじって登場させるのが主流でしたが、『ベースボールスター』に登場するのはすべてオリジナルチーム(一部のチームの選手にモデルはいるが)。拙者の贔屓の「にんじゃ ぶらっくそっくす」は、選手が黒ずくめのユニフォームに身を包み、走力が高いという扱いでした。


この『ベースボールスター』、プレイしてみると、野球ゲームとして非常に良作でした! まず特筆すべきは、リアルで迫力あるキャラクターの動き。8投身で描かれた選手たちが、実に細かくダイナミックに動きます。拙者は当時『ファミスタ』の平面的なグラフィックと動きに馴染めなかったクチなのですが、立体的な『ベースボールスター』には非常に惹き込まれました。おまけにバッターの構えやピッチャーの投球フォームも複数用意されているという凝りよう。女の子のアンダースローとか可愛かったなあ。そう、女性選手が扱えるのも本作の特徴なのでした。


そして、拙者が何よりもハマったのが「育成」です! 『ベースボールスター』では、既製の8チームのほかに自分のオリジナルチームを作り、試合で得た収益金で選手の能力を上げたり、選手を補強したりといった育成要素も楽しむことができたんですね。気がつけば拙者は「にんじゃ ぶらっくそっくす」という忍者チームを操って対戦プレイするよりも、自分のオリジナルチームを育成することに躍起になっていたのです。


当時『ベースボールスター』のような、「球団オーナー・監督・選手」という3種類の立場からプレイできる野球ゲームはとても斬新でした。さらに、前述したようにアクションゲームとしての迫力とリアリティーも突出。忍者要素につられて購入した野球ゲームが、ニンとも大当たりだったという結末です。当時、プロ野球のもじりチームやもじり選手を使わなかったこともあってか、この素晴らしい内容と比例するほどは騒がれなかった本作ですが、プレイしたゲーマーたちからはいまだに高く評価されている作品であり、「思い出の野球ゲームNo.1」として挙げる野球ゲームファンも少なくないのでござるよ。



▲こちらはファミコン版の1年後に発売された、ネオジオの『ベースボールスターズプロフェッショナル』の動画。アケアカNEOGEOにて配信中。

■「忍者」という言葉は実は造語!


久しぶりに、忍者のトリビアをひとつ紹介してシメとしましょう!


忍者が最も活躍した戦国時代には、実は「忍者」という呼称はありませんでした! 当時は武将や地方により異なる名前で呼ばれていたのです。例えば、武田信玄は「乱破(らっぱ)」、上杉謙信は「軒猿(のきざる)」、織田信長は「饗談(きょうだん)」といった具合(恐らく役目もそれぞれ微妙に違ったでしょう)。そういった者の総称として忍者と呼ばれ出したのは、昭和になってからと言われています。つまり本物の忍者たちは、自分たちが忍者と呼ばれていることを知らないのですね。


前述したように、拙者が「ファンタジーとしての忍者もひっくるめて“忍者”」だと考えているのは、そもそも忍者という言葉が造語であることも理由の1つなのでござるよ。


■『ベースボール スターズ プロフェッショナル』(アケアカ公式サイト内)

■あわせて読もう!

■忍者増田の忍者コラム ゲームに登場する忍者を語るの術!


■「浅草の道場「Ninja Samurai Dojo」で本格的な忍者体験をしてきたの術! 後編」


■「浅草の道場「Ninja Samurai Dojo」で本格的な忍者体験をしてきたの術! 前編」


■忍者ライターが忍者の魅力とトリビアを語るの術!


■忍者の知識が身につくアニメ・漫画を語るの術!



It is I, the ninja maniac freelance writer Ninja Masuda. Today’s topic is the continuation of my previous entry, “ninjas that appear in video games”. There are still a few games that I didn’t get to talk about last time so in this entry, I’ll be talking about Tenchu and Baseball Stars. The Tenchu series is a given but a baseball game?! Keep on reading and you’ll find out why. 


■The ninja game that defined all ninja games: Tenchu


Tenchu: Stealth Assassins, an action-adventure stealth game published by Sony Music Entertainment in Japan in 1998, depicted a ninja world so real that it left a ninja maniac such as I completely astonished.  


Ninjas can be seen in many games regardless of genre but not a lot of games depict ninjas within the realms of reality. Of course, it wouldn’t be fair to harshly critic a game based on that, and as I had previously mentioned, I have no intention to reject ninjas as a fantasy. In fact, I don’t want to reject it at all, I think such an interpretation is what defines ninjas. (Although my younger past self might have differing opinions on this. Hehe.)


I am willing to bet though, that if you were to ask a seasoned gamer whether is there a game that realistically depicts the world of ninjas, the answer will surely be the Tenchu series.  


The protagonist in Tenchu doesn’t have any flashy movement or ninjutsu techniques. Even his killing technique is all about sneaking up to the enemy and dealing a single deathblow. I was captivated by Tenchu’s setting, wherein the beauty lies in taking a life without being discovered by the enemy. As ninjas are not combat specialist, it is natural to act swiftly without being detected. Battling head-on and causing a commotion will not lead to a successful mission, and that’s not what an accomplished ninja should do.


It goes without saying, that the ninja world depicted in Tenchu isn’t 100% accurate per se, but a stealth focused ninja game hadn’t existed at the time and managing to translate the seemingly boring nature of real-world ninjas into a compelling action title is definitely praiseworthy. Most would agree that Tenchu was a series that gave ninja games the justice it deserved. 


Several sequels were released following Tenchu: Stealth Assassins but years later, development for new Tenchu titles seemed to have stalled. As I dug deeper, I found out that there were Tenchu stage play performances during 2014 and 2015! Oh, how I wished I got to see the performances. I tend to neglect these kinds of stuff when gathering information, this makes me a failure as a ninja huh.



▲This is Japan’s TV commercial for Tenchu: Shadow Assassins, published by From Software.

■Hooked on a ninja feeling for Baseball Stars.


The next game I wanted to talk about is Baseball Stars, a game by SNK that was released in 1989 for the NES home console. Baseball Stars is as per its namesake, a baseball game. I don’t particularly hold any special interests in baseball and yet I got my hands on this game back then. This is all because there was a ninja-based team called “Ninja Blacksox” in the game. As far as Baseball Stars is concerned, I’ll mainly be talking about my memories of playing the game rather than the ninja elements present, so with that in mind, I hope you would still read about my ramblings.


So, I bought this baseball game based on such a simple reasoning. I think you’re starting to see how much of a ninja addict I am. I’m not just cosplaying as a ninja you know!


It was mainstream for baseball games at the time to feature real professional baseball teams and professional player names, however Baseball Stars opted for an all original line-up. (Some players in the team were based on real models.) The Ninja Blacksox in particular, is a team of players clad in black and has high running stats.


Baseball Star was a really good baseball game! First of all, the movement of the characters felt real and powerful. The pitching animation of the characters were drawn in a very detailed and dynamic manner too. As I wasn’t particularly interested in the flat graphics of Family Stadium at the time, the three-dimensional graphics in Baseball Stars really captured my attention. In addition to that, I was surprised to find out that the game has multiple batter stances and pitching forms readily available. Also, bonus points for having playable female players, this was one of Baseball Star’s more prominent feature at the time. The female player’s submarine pitching form was really cute too I might add.


Above all else, it’s the team-building portion of the game that got me hooked. Other than the 8 teams that are in the game, Baseball Stars lets you create your own team, use the earnings from matches to level up your players and strengthen their abilities. It was really this part of the game that I enjoyed the most. By the time I noticed it, I was more engrossed with training and building my own team than using the Ninja Blacksox.


At the time, a baseball game such as Baseball Star where you get to assume the roles of a team owner, manager, and player felt fresh and new. On top of all that, the game incorporates a sense of reality in the movement and action akin to an actual action game. I bought the game solely for the ninja team, and it gave me more than just a simple baseball game. Baseball Stars didn’t particularly generate any hype during those days, but despite it all, the game received overwhelming praise from gamers who had played it. When it comes to the “most memorable baseball game”, you can be sure that Baseball Stars will be placed first in players’ minds.



▲“Baseball Stars Professional”, the arcade version released by SNK for the NEOGEO arcade cabinet.

■The word “Ninja” was actually coined!


We’ll end this entry with another long overdue Ninja trivia!


Ninjas were the most active during the sengoku period, but they weren’t actually called ninjas at all. Their names differ depending on the warlords and the regions they were based in. For example, Takeda Shingen calls them “Rappa”(乱破 = 乱 for rebel or chaos, 破 for break or destroy), Uesugi Kenshin calls them “Nokizaru”(軒猿 = 軒 for kill, 猿 for ape), and Oda Nobunaga calls them “Kyō-dan”(饗談 = a group that indulges in unsavory talks). The shinobi were most likely referred to as such based on what they were asked to do. It is said that shinobis were generalized into a single term called “Ninja” beginning in the showa era. In short, the real ninjas themselves didn’t know they were being referred to as ninjas.


As I had previously mentioned, I consider ninjas of fantasy in similar vein as ninjas in real life. One of the reasons why is because the term “ninja” was a coined word in the first place!


■Please take a look at this as well.

■Ninja Writer Presents: The ninja that appears in video games.


■Ninja Writer Presents: Becoming the ultimate ninja in the Asakusa Ninja Samurai Dojo – Volume 2


■Ninja Writer Presents: Becoming the ultimate ninja in the Asakusa Ninja Samurai Dojo – Volume 1


■Ninja Writer presents: The allure and trivia of the Ninja!


■Ninja Writer presents: Ninja Arts #1 – Acquiring Ninja Knowledge through Anime & Manga Technique!


■『BASEBALL STARS PROFESSIONAL』(Arcade Archives)

天誅4 - PSP
天誅4 - PSP
posted with amazlet at 19.07.19
フロム・ソフトウェア (2009-02-12)
売り上げランキング: 12,955
ベースボールスター
ベースボールスター
posted with amazlet at 19.07.19
SNK (1989-05-19)
売り上げランキング: 26,293
2019-07-20 12:00
忍者増田
2019-07-20 12:00
忍者増田
この記事のURL
https://startt.jp/article/2019/07/20/55594
関連記事


編集部おすすめ記事
【週末イベント】Häagen-Dazs Crispy Sound Box:…
ハーゲンダッツジャパン株式会社は新作アイスクリーム「ハーゲンダッツ クリスピーサンド ザ・キャラメル」を2…
2020-01-24 17:25
【今日のゾイド】野性爆弾・くっきー!さんによる…
現在タカラトミーで開催中の「ゾイドワイルド」の改造コンテスト「俺のゾイドコンテスト2020」へ特別参加した…
2020-01-24 11:30
【週末イベント】「ジャパンブルワーズカップ2020…
国内外のクラフトビールが大集合するビールフェス「JAPAN BREWERS CUP(ジャパンブルワーズカッ…
2020-01-24 06:00
【映画紹介】『サヨナラまでの30分』“ぼっち”で生…
カセットテープを回す30分間、死んだ彼と死んでるみたいな僕が入れ替わる。 今もっとも注目される俳優、新田…
2020-01-24 05:00
【今日の水どう】「水曜どうでしょう」最新作第二…
関東圏の藩士の皆さん1週間お疲れまでした。本日、1月22日は水曜日! ということで、「水曜どうでしょう」最…
2020-01-22 00:50
映画『シンデレラ』公開70周年!ディズニーストア…
映画『シンデレラ』公開70周年を記念し、さまざまな登場キャラクターやアイテムをモチーフにした商品がディズニ…
2020-01-21 10:30
バーガーキング2020年新店続々オープン!オープン…
バーガーキングは2020年、続々新店舗がオープンします。 2020年1月24日(金) 千葉県八千代市「イ…
2020-01-20 14:20
てっさが1円!てっさが1円!(復唱) 泳ぎとらふぐ料…
泳ぎとらふぐ料理専門店「とらふぐ亭」が、2020年2月9日(日)〜2月18日(火)の期間限定で「とらふぐ亭…
2020-01-20 13:30
【今日の海外ドラマ】「BULL/ブル 心を操る天才 シ…
全米視聴者数2000万人超の大ヒットを記録し、心を操る天才が難事件に挑む痛快心理エンターテイメント、海外ド…
2020-01-20 12:10
【今日の情報解禁】劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』(…
2019年に公開され、大ヒットを記録。第43回「日本アカデミー賞」優秀アニメーション部門にもノミネートされ…
2020-01-20 10:00
【今日のファッション情報】アガタ・ルイス・デ・…
1月24日(金)、横浜「みなとみらい駅」直結、クイーンズサークル特設ステージで開催のイベント内で行われるア…
2020-01-20 06:00
【今日の情報解禁】話題作『フォード vs フェラー…
映画館にライブ・コンサート向けの大規模かつ高品質な音響機器をセッティングし、作品の持つ“音”の世界観や可能…
2020-01-17 12:00
【今日のスタート】「サイバラ酒場 feat.高須院長…
なにかと世間を賑わしている漫画家・西原理恵子先生と、高須クリニック・高須克弥院長。この二人の世界観を活かし…
2020-01-17 05:00
【週末イベント】「酒処 鍋小屋2020」横浜赤レンガ…
開催5回目を迎える「酒処 鍋小屋2020」が横浜赤レンガ倉庫にて本日2020年1月17日(金)~2月2日(…
2020-01-17 05:00
【今日のスタート】「ゴジラ・ストア Tokyo」にて…
世界初の常設公式ゴジラグッズショップ「ゴジラ・ストア Tokyo」では、2020年1月18日(土)より、3…
2020-01-16 17:00
ファンタジー溢れる学園経営を楽しむRPG「ヴァルシ…
本日、レイニーフロッグは、ファンタジーを題材にした学園経営RPG「ヴァルシリア アーク ヒーロースクールス…
2020-01-16 14:15
「ミニ四駆 超速グランプリ」正式サービス開始!豪…
株式会社バンダイナムコエンターテインメントは、AppStoreとGoogle Play向けゲームアプリ『ミ…
2020-01-16 13:30
【今日のスタート】本日より予約開始! スター・ウ…
「vivofit(R) jr.2」(ヴィヴォフィット ジュニア2)は、子どもたちの運動を応援するアクティビ…
2020-01-16 05:00
【今日のスタート】本日より予約開始! アナと雪の…
「vivofit(R) jr.2」(ヴィヴォフィット ジュニア2)は、子どもたちの運動を応援するアクティビ…
2020-01-16 05:00
【今日のスタート】「水曜どうでしょう」最新作が…
本日「水曜どうでしょう」の最新作がTOKYO MXにて20:27から放送されます。CLASSICじゃない「…
2020-01-15 15:00
特集
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
画面を直接触る。 なぞるように指や手に持ったペンを動かす。 2004年に発売された携帯ゲーム機『ニ…
2020-01-23 19:00
【レビュー】「スター・ウォーズ」初の実写ドラマ…
ウォルト・ディズニー・ジャパンが提供する公式映像配信サービス「ディズニーデラックス」で2019年12月26…
2020-01-23 15:30
横浜赤レンガ倉庫「酒処 鍋小屋2020」に行ってきた…
横浜赤レンガ倉庫で2020年2月2日まで開催中の「酒処 鍋小屋2020」に行ってきました。 今年で5回目…
2020-01-21 12:10
【イベント取材】「ふるさと祭り東京2020」に行っ…
現在、東京ドームにて開催中の「ふるさと祭り東京2020」に行ってきました。こちらのイベント、今年で12回を…
2020-01-12 13:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
画面を埋め尽くす大量の敵弾の隙間をぬって回避し、戦う弾幕系シューティング。 昨今のシューティングゲー…
2020-01-08 19:00
【新年のご挨拶】あけましておめでとうございます…
新年あけましておめでとうございます!旧年は、読者の皆様をはじめ、関係各位の皆様に大変お世話になりました!特…
2020-01-01 00:00
【北海道情報】道民が教える雪道で転倒しない歩き…
読者の皆さん、こんにちは。北海道在住巨漢ライター・神真太です。前回編集長の急な思いつきで北海道の旬な情報を…
2019-12-29 16:00
【年末年始おすすめゲーム】STARTTスタッフ&ライ…
令和元年、皆さんどんなゲームライフを過ごしましたか? 今年もゲームは遊び尽くせないほど大豊作。年末年始の…
2019-12-28 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
一年には決まって大量の新作ゲームが発売される月がある。 いわゆる決算期と称された3月、6月、9月、1…
2019-12-04 19:00
【今日のアナ雪】『アナと雪の女王2』アナ役の神田…
2014年に“レリゴー”旋風を巻き起こした、ディズニー・アニメーション映画『アナと雪の女王』から5年。待望…
2019-11-26 10:30
【今日のゴールド!】人生ゲーム史上最高額! 1億5…
田中貴金属工業が「“金”とともに“かがやく”人生を」というコンセプトを体現するために、あの人気ボードゲーム…
2019-11-21 12:00
【公開中映画】沢城みゆきは“いいお客さん!?”役所…
先週2019年11月15日(金)、役所広司が主演を務め、名監督ジョン・ウーのハリウッドデビューを後押しし、…
2019-11-18 11:00
【今日の映画公開スタート】井ノ原快彦、V6メンバ…
本日2019年11月8日(金)『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』が公開になります。STAR…
2019-11-08 06:00
【取材レポート】吉沢亮は「実物も嬴政(えいせい…
映画『キングダム』ブルーレイ&DVDリリース記念 前夜祭が11月5日(火)にスペースFS汐留で行われました…
2019-11-06 12:00
『BlizzCon 2019』イベント見どころまとめの巻/ゴ…
先週末Blizzard Entertainmentの年1回最大のファンイベント「BlizzCon」が開…
2019-11-05 11:00
【東京五輪】東京オリンピックのマラソンコースに…
読者の皆さん、はじめまして。北海道在住巨漢ライター・神真太です。この度、STARTT編集長から「北海道行っ…
2019-11-01 08:50
【攻略】アイスボーン発売から3週間 おっさんハン…
9月はありがたいことに、とっても忙しかったの。 前回のエントリーから、ずいぶん間が空いちゃいましたな…
2019-09-30 10:30
【今日のTGS2019情報】ドイツのゲーム会社「EGOSOF…
2019年9月12日(木)~15日(日)、幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2019に、ドイツのゲーム…
2019-08-30 14:00
【今日のスタート】西武池袋本店の催事「第3回 IKE…
「第3回 IKESEI菓子博~真夏のスイーツフェスタ~」が西武池袋本店、7階の催事場にて本日2019年8月…
2019-08-02 06:05
【今日のスタート】「SIREN展2019」東京・中野の「墓…
2003年にPlayStation 2用ソフトとしてSCE(ソニー・コンピュータエンタテインメント:現SI…
2019-08-01 06:20



Page Top