検索
ランキング
▶ Home

ランキング
人気
ランキング
人気
オススメ
【連載】忍者増田の忍者コラム ゲームに登場する忍者を語るの術! / Ninja Writer Presents: The ninja that appears in video games.

この記事には日本語版と英語版があります。お好みの言語をお選びください。

This article is available in Japanese and English. Feel free to select your preferred language.


■日本語版(Japanese)

■English(英語版)


忍者マニアのフリーライター、忍者増田でござる。今回のお題は、PCや家庭用ゲーム機などの「ゲームに登場する忍者」です。拙者のお気に入りのゲームである、『ウィザードリィ』と『ファイナルファンタジー』を紹介しながら、それぞれの作品で忍者がどれだけリアルに扱われているのかを、思い出話とともに語ってみようと思います。あ、新しくオープンした忍者体験施設の紹介もありますよ!

■『ウィザードリィ』の忍者は素っ裸?


拙者が一番最初に遊んだ「忍者が登場するRPG」が、『ウィザードリィ』です。『ウィザードリィ』は、1981年にアメリカでAppleⅡ用ソフトとして誕生した、RPGの古典的名作。その後いくつもの続編が登場し、日本でもPCや家庭用ゲーム機問わず、様々な機種に移植されました。『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』など、多くの日本製RPGに影響を与えた作品としても知られています。



▲AppleⅡcで動く、貴重な『Wizardry3』の画面。忍者増田の友人宅にて。

その『ウィザードリィ』において、「忍者」はプレイヤーキャラクターの職業の1つとして登場しています。なれる条件が最も厳しいエリート職として扱われていて、すべての能力値で上限近いポイントが必要であり、悪の属性でしか就くことができません。


能力的に説明するならば、罠を解除する技能を持ち、時折敵を一撃で葬るクリティカルヒットを発動する戦士……。それが『ウィザードリィ』での忍者です。HPはあまり高くありませんが、成長してレベルが高くなるにつれて、何も身につけない状態であれば防御力が高くなっていきます。



▲AppleⅡ版の『Wizardry1』、『2』、『3』のフロッピーディスク。増田の友人の所有物。


『ウィザードリィ』の忍者と、実際の忍者を比べると、あながちズレていないのではないかと思います。罠の解除や敵の暗殺は忍者の重要な仕事であり、忍者であれば持ってしかるべき技能であるからです。ときには非情な任務をこなさなくてはなりませんので、悪の属性であるのも頷けるし、HPが高くないのも、戦士や侍のようにゴツゴツした鎧を身につけていないからだと解釈できます。


前述のように、高レベルの忍者は何も装備しないときに防御力が高くなるため、「『ウィザードリィ』の忍者は裸だ」などと考えるプレイヤーがいますが、さすがに拙者はそうは思いません。いくら機敏な動作が身上の忍者とはいえ、ダンジョンのなかで素っ裸でいたら風邪を引きそうだし、コミュニケーションもままならないでしょう。よって拙者は、本作の忍者が何も身につけていないときは、忍者装束を着ていると解釈しています。とはいえ、プレイヤーキャラクターのビジュアルが表示されないぶん、自由に想像を巡らせて楽しめるのが『ウィザードリィ』の良さでもあるので、「忍者裸説」を唱える人を否定したりはしません。拙者はそうは思わずにプレイしているというだけですね。



▲当時PC版よりも高く評価された、ファミコン版『ウィザードリィ』のカートリッジ。


『ウィザードリィ』では、キャラクターをクラスチェンジさせると、覚えていた呪文がその後の職業にも受け継がれます。魔法使いと僧侶の全呪文を覚えさせてから忍者にクラスチェンジすると、肉弾戦と罠解除と呪文攻撃と治療がすべて可能で、オマケにクリティカルヒット能力も持つというスーパー忍者が出来上がります。そういえば忍者って、攻撃呪文のように忍術を使いこなすし、薬学の知識も持っていたことでも知られています。そう考えると、こうして作ったスーパー忍者でさえも、実際の忍者とそう遠くないなあと感じてしまうのでした。忍者って、世界でも類を見ない万能型戦士なんですよね。忍者かっけぇ!

■エッジとシャドウ、あなたはどっち派?


「忍者が登場する和製RPG」といえば、拙者は真っ先に『ファイナルファンタジー』シリーズが思い浮かびます。1987年にファミコン用ソフトとして発売された初代『ファイナルファンタジー』で、シーフのクラスチェンジ後の職業として「忍者」が登場。一部の黒魔法が使え、敵から逃げることが得意な戦士として扱われています。忍者は戦闘専門員ではありませんので、実戦において、逃げることはとても重要な行動ではありますが、ゲームでは逃げてばかりいては成長が望めないのがネックです。


1作目では、正直あまり使える職業ではなかった忍者ですが、『ファイナルファンタジーⅢ』では、ほぼすべての武器と防具を装備できる、肉弾戦最強のジョブとして登場します。そういえば、それまでのRPGでいう「職業」が、『ファイナルファンタジー』シリーズにおいて「ジョブ」という名称になったのは、この『Ⅲ』が最初ですね。


そして『ファイナルファンタジーⅣ』では、「エッジ」という名前のついたプレイヤーキャラクターが、エブラーナ王国の忍者王子として登場。初め拙者は、「忍者なのに王子様って何やねん?」と違和感を持っていました。しかしこのエッジ、プレイしてみると実に愛すべきキャラクターであり、すぐに感情移入できたことを覚えています。感情の起伏が激しく喧嘩っ早い彼は、性格的にはおおよそ忍者らしくありませんが、その人間くさいギャップにやられたといいますか……。「忍者っぽくない忍者がいてもいいじゃん」なんて気分にさせてくれるほどキャラ立ちしていたのです。エッジだけにエッジが効いていた……なーんつってね。


性格的には忍者失格のエッジですが、能力的には「さすが忍者」というべきモノを備えています。魔法のような「にんじゅつ」を使いこなし、敵からアイテムを「ぬすむ」ことができ、武器を敵に「なげる」こともできます。実際の忍者の能力を、うまくゲームに採り入れていますね。なかでも特に使えるのが、武器はなくなってしまうけど大きなダメージを与えられる「なげる」コマンド。『ファイナルファンタジー』シリーズの、忍者イコール「なげる」コマンドという図式は、ここから定着していったのです(『Ⅲ』でも普通に戦って「しゅりけん」を投げることはできましたが、コマンドとしては存在していませんでした)。


 

▲『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』でのエッジ。


『ファイナルファンタジー』シリーズの忍者といえば、個人的にもう1人、『ファイナルファンタジーⅥ』のシャドウを挙げないわけにはいきません。いや、彼はゲーム内では「アサシン」として登場し、忍者という呼ばれ方はしていません。しかし、黒装束をまとった外見はいかにも忍者であり、「なげる」コマンドを使用、忍術も発動できることから、ここでは忍者の類いとして一緒くたにさせていただきました。シャドウは性格的にも冷静沈着。金のためなら親友をも殺すと噂される冷酷さは、エッジよりよっぽど忍者らしいと言えるでしょう。


他人に心を開かないシャドウが、唯一気を許しているのが愛犬のインターセプターで、戦闘中に主を懸命にサポートする姿がいじらしかったですね。ある町でインターセプターに話しかけようとすると、シャドウが「よせ。他人には懐かない犬だ…」と答えるのですが、当時拙者も大きな犬を飼って、友達が触れようとしたらこの台詞を言ってみたいなあと憧れたっけ。今は犬より嫁がほしいですけどね。


 

▲『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』でのシャドウ。

VRの世界で忍者修行を体験!


最後にちょっとした報告というか、新しい忍者施設の紹介を! 先日拙者は、東京の神田にオープンした「VR忍者道場 」にご招待いただき、VRを使った忍者体験をしてきました! 具体的な体験内容は、説明するよりも、下の動画を見れば一目瞭然。


 

▲VRを使っての刀、手裏剣、忍術などを体験し、最後に巻物型認定書がもらえます。

前回は、「NINJA SAMURAI DOJO 」でのリアルな忍者体験を紹介しましたが、こうした仮想空間での忍者体験も、また違った楽しさがありますね。


ちなみに「VR忍者道場」は訪日外国人向けのおもてなし施設のため、基本的には英語でのオペレーションとなります。 外国人と一緒に来店した場合は、1名につき日本人1名が無料で体験可能。日本人のみで利用する場合は日本語でのオペレーションとなりますが、貸し切りプランでのご案内となるそうです。詳しくはお問い合わせのうえ申し込みを。



▲VRの世界に入り込み、迫力のバトルを堪能中の忍者増田。


●VR忍者道場

住所:〒101-0047 東京都千代田区内神田2丁目15-15 竹橋ビル1F

アクセス:神田駅から徒歩5分

メール:vr-ninja@fivefor.jp

営業時間:9:30~22:30

Twitter:@NinjadojoVr

■VR忍者道場 公式サイト


■あわせて読もう!

■「浅草の道場「Ninja Samurai Dojo」で本格的な忍者体験をしてきたの術! 後編」


■「浅草の道場「Ninja Samurai Dojo」で本格的な忍者体験をしてきたの術! 前編」


■忍者ライターが忍者の魅力とトリビアを語るの術!


■忍者の知識が身につくアニメ・漫画を語るの術!


Ninja freelance writer Ninja Masuda has returned, I daresay. Today’s issue is about ninjas that appear in video games, specifically games for the PC and home consoles. Let’s take a trip down memory lane, as I dive into Wizardry and Final Fantasy, which are both my favorite games, while also taking a look at how realistic each game depicts ninjas. Oh, and I also have a newly opened ninja theme park to recommend as well! 


■Naked Ninjas of Wizardry.


My first ever encounter with ninjas in an RPG was in Wizardry. Wizardry, released in 1981 for the Apple II in America, is a classic among classics within RPGs. After it’s initial release, the game has spawned countless sequels that has been ported to countless platforms even in Japan. It was so highly influential that it had a significant impact on RPGs such as Final Fantasy and Dragon Quest. 



▲A working Apple II C, owned by a friend of mine. Here it is showing the classic main menu of Wizardry 3.

In Wizardry, the Ninja is one of the playable classes in the game. The conditions to become a Ninja is also one of the strictest. Treated as an elite class, all your ability points must be near max level, and you are required to align to the evil attribute to play as a Ninja.


In terms of ability, the ninja can dismantle traps and can also activate a critical hit skill that occasionally kills the enemy in one hit. They have low HP but as you level up, your defense will increase if you don’t equip anything on you. That’s what defines a Ninja in Wizardry.



▲A friend of mine owns the floppy discs of Wizardry 1, 2 and 3 for the Apple II.

I think Wizardry’s take on the ninja is quite believable when compared to real life ninjas. Dismantling traps and assassination are crucial roles for the ninja and at times a ninja must also perform ruthless tasks. These essential skills were carried over to the game really well, while the cutthroat nature of a ninja would explain the evil attribute. As for their low HP, that can be interpreted as ninjas not wearing clunky armor like a warrior or samurai.


Players of Wizardry have long held the notion that “ninjas in Wizardry are naked”, that’s because high level ninjas gain more defense when not equipping anything. My personal take on this is a little different though. Even if ninjas have adept agility, they are going to catch a cold running around in a dungeon bare-naked, not to mention the lost of all civil communication. So, my own interpretation to this is that they are only wearing their ninja outfit instead of being naked. With that said, since visuals of the players’ character aren’t displayed, players are free to let their imagination run wild. The brilliance of Wizardry is the freedom of imagination, so to naked ninjas of Wizardry, BE FREE! 



▲The cartridge of the NES version of Wizardry, which was even more highly regarded than the PC version at the time.

In Wizardry, when your character changes class, the skills and abilities learned will be brought over to the new class. If you class change to a ninja after acquiring all the spells and skills of the wizard and monk classes, techniques like the human bullet, dismantling traps, spell attacks, healing abilities, and being able to deal critical hits as a bonus will be at your disposal, thus making you a super ninja. Speaking of which, ninjutsu itself is quite similar to an attack spell, and ninjas are known to have knowledge in medicine. If you think of it this way, the super ninja that you can create in Wizardry really isn’t that far-fetched from real life ninja. Seems like there isn't a warrior as versatile as the Ninja in this world. Pretty neat huh?

■Edge or Shadow, who is your favorite ninja?


Now, when it comes to ninjas in JRPGs though, there can only be Final Fantasy. The ninja first appeared as a class that you can change to after the Thief class in the first Final Fantasy. Final Fantasy by the way, was released in 1987 for the NES home console. In the game, ninjas are good at escaping from enemies and are also able to use black magic. As ninjas are not combat specialists, having the ability to escape from enemies is an important skill to have in actual battles. However, constantly running away doesn’t translate well into a game since you can’t level up this way. 


The ninja class is honestly pretty useless in the first game but in Final Fantasy III, being able to use every weapon and armor, the ninja became one of the strongest projectile damage focused jobs in the series. Incidentally, it was Final Fantasy III that introduced the “jobs system” to the JRPG genre, what was previously known as “class” or “profession” has since became “jobs” for the Final Fantasy series. 


Then in Final Fantasy IV, Edge Geraldine, who is a Ninja and the Prince of the Kingdom of Eblan, made his debut as a playable character in the game. When I first encountered him, there was a palpable sense of incompatibility. I mean, he’s a ninja but he’s…. also a prince? What in the world? However, Edge would later grow on me as a character once I started to play him more often, and immediately I was able to empathize. He is quick tempered, always ready to fight and not a very ninja-like character in nature, and yet it’s probably that human-like trait that has me enamored. He was a character that made me feel that it’s okay even if a ninja isn’t ninja-like. Hey, just because I like Edge doesn’t mean I’m edgy alright.


He’s a failure of a ninja in terms of personality but ability-wise, he’s the best there is. He can cast spell attacks with “Ninjutsu”, steal items from the enemy with the aptly named “Steal”, and attack enemies with projectiles using “Throw”. Actual ninja skills were successfully incorporated into the game huh. His “Throw” skill is especially renowned, as it allows him to inflict heavy damage onto enemies at the cost of an offensive item. Ever since then, the “ninja = throw skill” meta has been prevalent throughout the Final Fantasy series. (The ninjas in FFIII can engage in combat by throwing “shurikens” but “Throw” wasn’t a skill at that point in the series.) 


 

▲Here’s Edge from Dissidia Final Fantasy Opera Omnia.

Speaking about ninjas in the Final Fantasy series, there is one more character I couldn’t leave out, and that’s Shadow from Final Fantasy VI. Shadow appeared in the game as an “Assassin” instead of a “Ninja”, that is in fact his job title in the game. However, his outfit is all black, fitting the image of a ninja, he has the “Throw” skill, and he can also use ninjutsu, so I would consider him an off-brand ninja. Shadow has a cold personality, and it is said that he would even kill his best friend for the right price. So right off the bat, he’s definitely more ninja-like than Edge.


Shadow has little care for others except for his only loyal friend, a pet dog named Interceptor. Interceptor always follows Shadow around and supports him in battle. If you try to interact with Interceptor in a certain town, Shadow will warn you instead, saying “Hold it. This dog bites…”. As I had owned a dog back then, I vaguely recall that I had wanted to say that out loud whenever my friends tried to befriend my dog. Though right now I would like to have an actual partner instead……


 

▲Here’s Shadow from Dissidia Final Fantasy Opera Omnia.

Take your Ninja Training to the virtual world!


Lastly, there’s a new ninja theme park that I would like to introduce as well. The other day, I was invited to try out a virtual reality ninja experience at “VR Ninja Dojo” in Kanda, Tokyo. So, what is the VR experience exactly? Well rather than explaining, check out the video below and you’ll get it immediately.


 

▲Experience becoming a ninja in VR. A certification scroll awaits at the end of your journey!

Last time, the “NINJA SAMURAI DOJO” was the main highlight for a real life ninja experience but diving into the virtual world is also a very exciting way to become a ninja. 


Oh, and by the way, the “VR Ninja Dojo” theme park is conducting all of their operations in English! Seems like it has been built with foreigners visiting Japan in mind. For Japanese visitors, if you bring along a foreign friend you get to try out the VR experience for free yourself! A Japanese-only option is also available, but it seems like it will be under a full rental package. For more details, feel free to drop the VR Ninja Dojo guys a message!



▲Ninja Masuda dives into the world of VR and participates in a vigorous battle.


●VR NINJA DOJO

Address : 2-15-15 Takehashi Bld., Uchikanda, Chiyoda-ku, Tokyo 101-0047, Japan

Access : 5 mins. from Kanda Station

Email : vr-ninja@fivefor.jp

Business Hours : 9:30 ~ 22:30

Twitter : “@NinjadojoVr ”

Home Page : https://vr-ninja.jp/


■Please take a look at this as well.

■Ninja Writer Presents: Becoming the ultimate ninja in the Asakusa Ninja Samurai Dojo – Volume 2


■Ninja Writer Presents: Becoming the ultimate ninja in the Asakusa Ninja Samurai Dojo – Volume 1


■Ninja Writer presents: The allure and trivia of the Ninja!


■Ninja Writer presents: Ninja Arts #1 – Acquiring Ninja Knowledge through Anime & Manga Technique!


『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』/ © KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. VR忍者道場 / Copyright © 2018 VR NINJA DOJO All rights Reserved.
2019-04-12 12:30
忍者増田
2019-04-12 12:30
忍者増田
この記事のURL
https://startt.jp/article/2019/04/12/55011
編集部おすすめ記事
【連載】海外のファミコン「NES」は色々な意味です…
様々なNES(海外のファミコン)を紹介してきましたが、今回、初の「光線銃」(ZAPPER)を使用するゲーム…
2019-04-19 21:00
【今日のスタート】漫画家・新條まゆ先生「快感♥フ…
エヌ・ティ・ティ・ソルマーレが提供する「コミックシーモア」は、本日2019年4月19日より、漫画家・新條ま…
2019-04-19 19:00
【映画レビュー】『劇場版 響け!ユーフォニアム~…
ついに上映が始まった『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』。深夜アニメのファンに絶大な支持を…
2019-04-19 18:50
【今日のスタート】「パエリア・タパス祭り」が日…
本日より、日本最大級のパエリア・タパスイベントが日比谷公園で開催されます。 同イベントでは、前回12…
2019-04-19 13:00
【今日のスタート&情報解禁】森アーツセンターギ…
2019年7月5日(金)~9月8日(日)の期間、森アーツセンターギャラリー(東京・六本木ヒルズ森タワー52…
2019-04-19 12:00
【今日のスタート】わっ! 小っさ!「ミニチュア写…
本日より、東京台東区のギャラリー「TODAY GALLERY STUDIO」にて、「ミニチュア写真の世界展…
2019-04-19 06:00
【今日の情報解禁】新しくなって、販売数量ますま…
キリンビールの新しい「本麒麟」のCMタレントとして、俳優の江口洋介さんと女優の杏さんを起用した新CM、本麒…
2019-04-19 00:00
【全ステージ・プレイ動画】「World War Z(ワール…
昨日、日本以外の欧米アジアで発売になったゾンビゲーム「World War Z(ワールド・ウォーZ)」。 …
2019-04-18 18:45
【大乱闘スマッシュブラザーズ Special 攻略】つい…
本日2019年4月18日(木)、Nintendo Switch用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPE…
2019-04-18 18:40
【本日発売!】『Cuphead(カップヘッド)』(Nint…
2019年4月18日より、アクションシューティングゲーム『Cuphead(カップヘッド)』のNintend…
2019-04-18 07:00
【GW特集】GW10連休の旅を盛り上げるディズニーグ…
まもなくゴールデンウィーク。今年はなんと10連休。国内旅行はもちろん、海外旅行へ出かける方も多いのではない…
2019-04-18 07:00
【2019年7月7日オープン】「横浜アンパンマンこど…
神奈川県・横浜にある、『アンパンマン』(著:やなせたかし)の世界を楽しめるレジャー施設「横浜アンパンマンこ…
2019-04-16 19:15
【速報動画】本日リリース最新ゾンビゲーム「World…
本日、なぜか日本以外の欧米アジアで発売したゾンビゲーム「World War Z(ワールド・ウォーZ)」を、…
2019-04-16 17:50
【今日の令和】武田双雲氏書き下ろしの新元号「令…
新元号が発表され、新紙幣のデザインも発表されるという、こいつは春から縁起が良いGW前ですが、良い子のSTA…
2019-04-16 16:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
『ロックマンクラシックスコレクション2』、『ロックマン8 メタルヒーローズ』の設定資料が閲覧できるミュージ…
2019-04-16 09:00
Hi-Hi岩崎のッッ!! ROCK HEAD GAMER「30年前の岩…
▼動画はコチラから見れるぞッッ!(youtube動画 約15分) ※みなさま、是非コメントを! お待ちし…
2019-04-14 12:00
『ファイナルファンタジー』シリーズを全然遊んだ…
PlayStation 2用ソフトとして2001年にリリースされた『ファイナルファンタジーⅩ』(FF10)…
2019-04-13 05:45
海外のファミコン「NES」は色々な意味ですごい。「…
地球上の8つの電波望遠鏡を結合させた国際協力プロジェクト、イベント・ホライズン・テレスコープが2019年4…
2019-04-12 21:00
【連載】忍者増田の忍者コラム ゲームに登場する忍…
この記事には日本語版と英語版があります。お好みの言語をお選びください。 This article is …
2019-04-12 12:30
【今日のスタート】トランポリンパーク『トランポ…
合同会社トランポランドは、自社最大の屋内トランポリンパーク『トランポランドTokyo Bayside』を、…
2019-04-12 09:00
特集
【連載】海外のファミコン「NES」は色々な意味です…
様々なNES(海外のファミコン)を紹介してきましたが、今回、初の「光線銃」(ZAPPER)を使用するゲーム…
2019-04-19 21:00
【映画レビュー】『劇場版 響け!ユーフォニアム~…
ついに上映が始まった『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』。深夜アニメのファンに絶大な支持を…
2019-04-19 18:50
【今日のスタート】「第6回 宇都宮餃子祭り in YOK…
本日より、横浜赤レンガ倉庫イベント広場にて「第6回 宇都宮餃子祭り in YOKOHAMA」が開催されます…
2019-04-19 14:00
【今日のスタート】わっ! 小っさ!「ミニチュア写…
本日より、東京台東区のギャラリー「TODAY GALLERY STUDIO」にて、「ミニチュア写真の世界展…
2019-04-19 06:00
【全ステージ・プレイ動画】「World War Z(ワール…
昨日、日本以外の欧米アジアで発売になったゾンビゲーム「World War Z(ワールド・ウォーZ)」。 …
2019-04-18 18:45
【本日発売!】『Cuphead(カップヘッド)』(Nint…
2019年4月18日より、アクションシューティングゲーム『Cuphead(カップヘッド)』のNintend…
2019-04-18 07:00
【GW特集】GW10連休の旅を盛り上げるディズニーグ…
まもなくゴールデンウィーク。今年はなんと10連休。国内旅行はもちろん、海外旅行へ出かける方も多いのではない…
2019-04-18 07:00
【GWイベント】「ドラマ10 トクサツガガガ展 in NH…
2019年1月から放送され、大好評となったNHKドラマ10『トクサツガガガ』。本作の一挙再放送に合わせ、登…
2019-04-17 18:30
【GWイベント】プラレール最大のイベント「プラレ…
タカラトミーが1959年から発売している、鉄道玩具「プラレール」は、今年で60周年。これを記念して、来場者…
2019-04-17 14:00
【2019年7月7日オープン】「横浜アンパンマンこど…
神奈川県・横浜にある、『アンパンマン』(著:やなせたかし)の世界を楽しめるレジャー施設「横浜アンパンマンこ…
2019-04-16 19:15
【速報動画】本日リリース最新ゾンビゲーム「World…
本日、なぜか日本以外の欧米アジアで発売したゾンビゲーム「World War Z(ワールド・ウォーZ)」を、…
2019-04-16 17:50
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
『ロックマンクラシックスコレクション2』、『ロックマン8 メタルヒーローズ』の設定資料が閲覧できるミュージ…
2019-04-16 09:00
Hi-Hi岩崎のッッ!! ROCK HEAD GAMER「30年前の岩…
▼動画はコチラから見れるぞッッ!(youtube動画 約15分) ※みなさま、是非コメントを! お待ちし…
2019-04-14 12:00
【GWイベント続報】5月3日~6日開催のグルメイベン…
日本で初めての“定額制”食べ尽くしフェスとして日比谷公園にて5月3日(金)~6日(月)の4日間に渡って開催…
2019-04-14 05:45
海外のファミコン「NES」は色々な意味ですごい。「…
地球上の8つの電波望遠鏡を結合させた国際協力プロジェクト、イベント・ホライズン・テレスコープが2019年4…
2019-04-12 21:00
【連載】忍者増田の忍者コラム ゲームに登場する忍…
この記事には日本語版と英語版があります。お好みの言語をお選びください。 This article is …
2019-04-12 12:30
【今日のスタート】トランポリンパーク『トランポ…
合同会社トランポランドは、自社最大の屋内トランポリンパーク『トランポランドTokyo Bayside』を、…
2019-04-12 09:00
【今日の情報解禁】Amazon Prime Video 2019年ゴー…
人気映画やTV番組が見放題のAmazon Prime VideoのSVOD(Subscription Vi…
2019-04-11 10:00
【TOKYO MXにて4月11日(木)19:00より再放送開始!!…
現在、テレビ東京系列にて放送中のシリーズ最新作『アイカツフレンズ!』も2年目に突入した「アイカツ!」シリー…
2019-04-10 06:55
【今日のハワイアンモンスター試飲レポート】モン…
4月23日(火)より発売されるモンスターエナジーの新商品「モンスター パイプラインパンチ」を、弊社のゲーム…
2019-04-09 14:00


Page Top