検索
ランキング
▶ Home

ランキング
人気
ランキング
人気
オススメ
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか?『ロックマンクラシックスコレクション1+2』/ゴールデンゲームハンマー第5回

この度のゴールデンゲームハンマー第5回は、少し趣を変え、有名所のゲームとしてNintendo Switchの『ロックマン クラシックスコレクション1+2』を紹介。

1987年にファミリーコンピュータ(ファミコン)にて産声をあげた後、30年以上に渡って続く長寿シリーズへと成長を遂げた、カプコンの代表的なアクションゲーム『ロックマン』のいわゆる”本家”、または”無印”とファンの間で呼称されるシリーズ全10作を一本のソフトにまとめた、オムニバスタイトルである。


元々はニンテンドー3DS、PlayStation 4、Xbox One、PC(Windows)にて、2016年に一作目から六作目を収録した第一弾が。翌2017年に七作目から十作目を収録した第二弾がPlayStation 4、Xbox One、PC(Windows)で発売された。



今回取り上げるのは、Nintendo Switch版。2018年5月24日に双方揃って発売された。ダウンロード版も発売されているが、いずれも他機種版同様に別売り。パッケージ版もゲームカードに収録されているのは第一弾のみで、第二弾は同梱されたプロダクトコードをニンテンドーeショップで入力し、ダウンロード版をNintendo Switch本体にインストールする方式になっている。とは言え、別売されているダウンロード版をそれぞれ単独で買うよりかは、パッケージ版を買った方が多少、お得な価格設定だ。


※なお、あらかじめ注意しておくと、パッケージ版のプロダクトコードは2020年5月25日で有効期限が切れる。できれば手元に残る形で、と考えているプレイヤーは、期限切れ前に確保しておくことを強くお薦めします。

◆歴代六作&四作を一本にし、便利機能も搭載した豪華な復刻版


あらためて、ロックマンというゲームを紹介すると、横スクロールのステージクリア型アクション。主人公のロックマンを操作し、行く手を阻む敵を「ロックバスター」なる射撃武器で倒し、様々な仕掛けを突破しながらステージ最後に待ち構えるボスの撃破を目指す、というのが基本的な流れだ。


ロックマンが他の横スクロールのアクションゲームと異なる点として、まず本編の構成。いわゆる、1から順番にステージを攻略していくのではなく、プレイヤーの好きな所から攻略していけるステージセレクトのシステムを採用した仕組みになっている。そのため、難易度の加減の付け方も、1から順番に攻略していくタイプと一味違い、プレイヤーの力量と判断次第で著しく上下する。


そして、難易度を意図的に下げられる要素がある。それが「特殊武器」。ステージ最後に待ち構えるボスを倒すと、ロックマンは「特殊武器」なる新たな装備を獲得。使用制限こそあるが、標準装備の「ロックバスター」とは別に、ボスが使っていた武器による攻撃ができるようになるのだ。これにより、ステージが進む度にロックマンが強くなっていく。


さらに武器には相性があって、それによる攻撃を苦手とするボスに使うことで、ロックバスター以上の大ダメージを与えられる。ハサミのボスには、岩のボスを倒した時に手に入れた武器を使う、と言った具合だ。このような武器が誰に有効なのかを推理・検証し、見事「答え」を見つけられれば、難しいと感じていた難易度が一転、大きく和らぐ。


これが、ロックマンというアクションゲームの持つ最大の特徴だ。裏を返せば、特殊武器がまだ何もない、初期段階は厳しい戦いを強いられる。しかし、そこを乗り越えることで、そのまま厳しい戦いを続けるか、楽にしていくかの選択肢が増える。遊ぶ度に攻略法が増えては広がる。そこもまた、ロックマンというゲームの持つ唯一無二の魅力だ。


本クラシックスコレクションは、そんな最初期から最新のロックマンを一気に遊べる内容になっている。先の通り、ファミコン時代で発売されたロックマン(1〜6)が『クラシックスコレクション1』に、次世代機で発売されたロックマン(7〜10)が『クラシックスコレクション2』に収録されている。


基本的に現行機に沿ったリメイクではなく、どの作品も原作そのまま。ただ、『クラシックスコレクション1』では好きなタイミングでセーブとロードができる(反則染みた)便利機能が、『クラシックスコレクション2』にはポイントごとに実施される中断セーブ、ロックマンの耐久力を底上げする「防御力アップモード」なるオプションが導入されていて、活用するか否かで厳しくも甘くもなる遊び方が楽しめる設計になっている。率直に言って、ロックマンは難しいことでもよく知られるゲームでもあるので、それを緩和できる機能を取り揃えている点で、シリーズ入門編にはこの上ない内容と言える。


後発のNintendo Switch版では、『クラシックスコレクション1』に「リワインド」なる機能が追加。いわゆる巻き戻し機能で、Lボタンを押すことで、ゲームが巻き戻される。これにより、穴に落ちたり、接触すると一発でロックマンがやられてしまうトゲに接触した時、件の機能を使うことで、その直前の所からすぐに再開できるようになった。セーブ&ロード機能でも同様のことはできるのだが、いずれも使うに当たってはメニュー画面を開く間を挟むので、その必要のない点でも利便性の高い機能になっている。


さらにこれも『クラシックスコレクション1』独自のもので、オプションにCPU設定を追加。「オリジナル」を選べば原作のファミコン版に準拠した処理落ちのある状態で、「ターボ」を選ぶことで現行機基準の処理落ちのない状態に変更できるようになった。


地味な機能だが、これによって難易度の塩梅が変わった旧作を遊べるように。特にシリーズ四作目から六作目は、その影響が顕著に現れるので、それぞれ試してみると違った手応えが得られるかもしれない。


そのほか、Nintendo Switch版で新規に追加されたものはない。特に『ロックマンクラシックスコレクション2』は他機種版とほぼ一緒だ。ただ、同第二弾は『クラシックスコレクション1』のように携帯機では発売されなかったので、外出先に持ち運んで遊べるようになった、というのは大きな変更点と言える。

◆本作の魅力:他機種版の魅力全部入りと、ある作品の感慨深さ


◇既リリース済みの他機種版の強みを網羅した決定版

Nintendo Switch版は、先行した他機種版の持つ全ての特徴を取り入れた、決定版とも言えるバージョン。特に『クラシックスコレクション2』はニンテンドー3DS版が出なかったので、同ハードのように外出先で遊べるようになったのは大きな見所である。


『クラシックスコレクション1』のリワインドも主にシリーズが初めて、アクションゲームに苦手意識のあるプレイヤーには嬉しいと同時に、ネタ動画が作れるお遊び機能としての一面を持つのが面白い。実際に動画作成機能は二作共に実装されているので、何か面白い映像が作れたら、SNSにアップして共有してみるといいかもしれない。


◇日本語版も海外版も

Nintendo Switch版に限らないが、日本語版のみならず、海外版のロックマン(MEGAMAN)が遊べるオプションが実装されている。 特に注目なのが今なお、根強い人気を誇る『ロックマン2 Dr.ワイリーの謎』。同作はシリーズの中で最も完成度が高いと評される一方、難易度も屈指とシリーズファンの間では謳われている。だが、海外版には日本語版にはない、難易度選択機能が搭載されている。


その内の一つ、「ノーマルモード」は日本語版よりも低くした難易度に調整されており、初めてのプレイヤーには打ってつけの内容になっている。シリーズ初期の作品は、後期の作品ほどテキストもないので(特にストーリー関連は皆無)、英語が苦手というプレイヤーも気兼ねなく遊べる。


某動画サイトにおいて一時期話題を呼んだのもあって、ロックマン2は取り分け人気が高く、名も知られている。だが、難易度の高さでも有名で、一歩踏み出せない……のなら、ぜひ、この海外版を遊んでみていただきたい。本コレクション独自のセーブ&ロード機能、そしてリワインドも活用すれば、より気軽に人気作の真髄を知れるはずだ。


◇膨大なやり込み要素

これもまた、Nintendo Switch版に限らないが、シリーズ十作の本編とは別に特殊なシチュエーションを舞台とした「チャレンジ」が用意されている。似たようなモードは『ロックマン10 宇宙からの脅威!!』のほか、過去にはリメイクの『ロックマンロックマン』にも存在したが、本作では独立したモードの中に全10作をテーマにしたチャレンジを収録。数にして100を裕に越える物量に加え、それぞれクリアタイムに応じて三段階の評価が下されるので、非常にやり込み甲斐のある内容になっている。


特にオリジナルにも似たようなモードが存在する『ロックマン10』は、本作独自の新しいチャレンジも追加されていて、さらに遊び応えが増している。反面、単体ステージのタイムアタックが削除されているのだが、オンラインに対応したランキング機能はそのまま。他のプレイヤーと実力を争ったりする楽しみ方は健在だ。


また、『クラシックスコレクション1』に限定すれば、初代から六作目までをミックスしたチャレンジが楽しめるのも見所。残念ながら『クラシックスコレクション2』は作品間のシステム周りの違いなどが関係してなのか、用意されていないのだが、その分、物量で勝負した内容。一筋縄ではいかない難易度には、熟練のファンも唸ること請け合い。


◇実は大注目の一作『ロックマン8 メタルヒーローズ』

シリーズ十作の内で唯一、任天堂のゲーム機で遊べない作品でもあった『ロックマン8 メタルヒーローズ』。それがこのNintendo Switch版において、満を持して任天堂のゲーム機で遊べるようになった。


オリジナル版発売当時、任天堂のゲーム機で発売されないことに涙したプレイヤーにとって、これがどれほど意義深いものであるのかは想像に難くないだろう。涙したプレイヤーというのは筆者のことなのだが。当時、新作が発売されることを全く知らず、PlayStation、セガサターンではなく、NINTENDO64を選んでしまって、買いたいのに買えなかったあの悔しさと憎たらしさ、腹立たしさたるや、急な移行を決めたカプコンの制作スタッフ許すまじなぐらいに……って、私怨丸出し申し訳ございません。
(※ちなみに数十年後、PlayStation版を買って遊びました)


収録されているのはPlayStation版で、独自要素のあるセガサターン版でないという、少し惜しい所もあるのだが、任天堂のゲーム機で『ロックマン8』が遊べる。それだけでも、当時に悔しい思いをした世代は感慨深い気持ちに浸れるはずだ。また、現行機移植に伴い、ロード時間が消滅するなど、より快適に遊べるようになっているのも大きな見所である。

◆このコレクションを通して、ロックマンの原点を。


残念ながら、先述の『ロックマン8』が買えなかったプレイヤーへのお詫びの意図で制作された番外編で、もう一つの九作目と謳われる『ロックマン&フォルテ』は未収録。Nintendo Switch版においても、新規に追加されたようなことはない。


また、基本的に原作準拠の移植ではあるのだが、『クラシックスコレクション1』の『ロックマン6 史上最大の戦い!!』ではオープニングの曲が(何故か)海外版のものに差し替えられていたり、『クラシックスコレクション2』の四作は、ゲーム起動時にオープニングデモが飛ばされてしまう(※ただ、タイトル画面で数秒間放置すると、オープニングが見られる)など、オリジナル版を知るプレイヤーに違和感を抱かせる変更点もある。細かい所でも、リワインド機能はオプションで完全に切れないなど、不必要と感じるプレイヤーの欲求に応える配慮が図られてないのも気がかりではある。


ただ、全体的に移植度は高く、便利機能の存在もあって、これからロックマンというゲームを遊ぶに当たってはこの上ない一本。Nintendo Switch版は携帯モードで遊べる利便性の高さ、CPUオプションの追加もあって、決定版とも言える仕上がりになっている。1987年にファミコンで発売され、2011年のとある事件によって、シリーズが凍結状態に陥ってからも根強い人気を維持し、今なお、愛され続けているロックマン。その源流に本作を通じて触れてみるのはいかがだろうか。


なお、本コレクションには設定資料などを拝見できる「ギャラリー(ミュージアム)」も収録されているのだが、『ロックマンクラシックスコレクション2』の『ロックマン8』のミュージアムにおいて、奇妙な一枚が紛れ込んでいる。最新のNintendo Switch版でも、この一枚は削除されておらず、普通に閲覧可能だ。


これが意味するものとは……?(※第6回に続く!)


【ゲーム情報】

タイトル:『ロックマン クラシックスコレクション1+2』

発売元・開発元:カプコン / Digital Eclipse / バレット

対応ハード:Nintendo Switch

ジャンル:アクション

価格:4,990円[税別](パッケージ版) / 各2,769円[税込](ダウンロード版:個別販売)

関連リンク:

■カプコン公式サイト

■マイニンテンドーストア:商品&購入ページ(ロックマン クラシックスコレクション)

■マイニンテンドーストア:商品&購入ページ(ロックマン クラシックスコレクション2)


©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

■GGH過去記事 一覧


■第8回『X-Morph: Defence(エックスモーフ ディフェンス)』

■第7回『キャンドルちゃん』

■第6回『ロックマン11 運命の歯車!!』

■第4回『Pixel Junk Shooter Ultimete(ピクセルジャンクシューター アルティメット)』

■第3回『シャンティ -海賊の呪い- for Nintendo Switch』

■第2回『レイマン レジェンド for Nintendo Switch』

■第1回『ザ・デッドヒートブレイカーズ』


ロックマン クラシックス コレクション 1+2 - Switch
カプコン (2018-05-24)
売り上げランキング: 3,180
2019-04-02 12:00
シェループ
2019-04-02 12:00
シェループ
この記事のURL
https://startt.jp/article/2019/04/02/54955


編集部おすすめ記事
【本日情報解禁!】「はじめての、ほぼ日の展示会…
先日(2019年8月2日(金))に、ほぼ日本社にてメディア向けに開催された「はじめての、ほぼ日の展示会」。…
2019-08-16 11:00
【今日のスタート】「ハチナイ」の全力少女シリー…
株式会社アカツキが、2017年6月より配信している青春体験型野球ゲーム『八月のシンデレラナイン』(略称:ハ…
2019-08-16 04:00
【映画レビュー】『ONE PIECE STAMPEDE』(ワンピー…
劇場アニメを中心にお送りしている映画レビュー。18回目となる今回は、大人気コミック原作アニメの最新劇場版『…
2019-08-15 14:30
【動画レポート】『パキスタン&ジャパン フレンド…
パキスタンと日本の文化交流を目的としたイベント『パキスタン&ジャパン フレンドシップフェスティバル2019…
2019-08-12 06:00
【動画レポート】横浜赤レンガ倉庫『RED BRICK BEA…
現在、横浜赤レンガ倉庫で開催中のイベント『RED BRICK BEACH』が、いい感じらしいとのウワサを聞…
2019-08-10 05:00
【決勝動画まとめ】世界最大の格ゲー大会『EVO 201…
先週末、日本時間8月3日(土)から8月5日(月)まで、世界最大の格闘ゲームトーナメント『EVO 2019』…
2019-08-09 15:30
「ミニオンズ」の大ファン! モデルの前田希美さん…
8月7日は「バナナの日」! この記念日にちなんで2019年8月7日(水)に渋谷マークシティ1階のイベントス…
2019-08-09 14:50
『激辛グルメ祭り 2019』レポート! 真夏の激辛グ…
この夏話題のイベントのひとつ『激辛グルメ祭り』! 38日間、6週間に渡って、よりすぐりの激辛グルメを堪能で…
2019-08-08 20:00
近江牛が旨すぎる焼肉『にくTATSU』銀座に爆誕!試…
本日2019年8月1日(木)、銀座のど真ん中に近江牛を専門にした焼肉屋『にくTATSU 銀座店』がオープン…
2019-08-08 11:00
【今日のあわてんぼう?】~♪ピカチュウサンタが癒…
本日2019年8月7日(水)より、「ポケットモンスター」の人気ポケモン「ピカチュウ」の大きなぬいぐるみ「む…
2019-08-07 17:00
【今日のスタート】『激辛グルメ祭り2019』新宿・…
日本最大の激辛グルメの祭典『激辛グルメ祭り2019』が本日2019年8月7日(水)から開催されます。 …
2019-08-07 05:10
【今日の事前予約スタート】本日8月6日(火)中国の…
中国のゲーム開発チーム「电魂」は、PlayStation 4ソフト『Genesis』を2019年8月中旬頃…
2019-08-06 13:30
【今日のスタート】本日銀座に『Yogibo Store』オ…
本日より、快適すぎて動けなくなる"魔法のソファ"でお馴染みの『Yogibo』(ヨギボー)のフラグシップ「Y…
2019-08-03 06:30
【今日の続報】マックスむらい氏が優勝したテンセ…
2019年7月28日午前2時頃に閉幕した、中国のテンセントゲームズ主催『Chess Rush』(チェス ラ…
2019-08-02 13:45
【今日のスタート】世界最大の格ゲー大会『EVO 201…
今週末、日本時間8月3日(土)から8月5日(月)にかけて、世界最大の格闘ゲームトーナメント『EVO 2…
2019-08-02 09:00
【今日のお祝い】コミックシーモアが15周年! JTB旅…
エヌ・ティ・ティ・ソルマーレが提供する「コミックシーモア」は、2019年8月16日に15周年を迎える記念と…
2019-08-01 13:00
【編集部よりお知らせ】STARTTの記事にコメントで…
おはよう・こんにちは・こんばんはございます! ヒラのSTARTT編集部員です! STARTTの記事にコメ…
2019-08-01 12:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
インディーゲームの隆盛により、昨今は一週間の内に販売されるゲームの量が劇的に増えた。事前予告なしに販売が始…
2019-07-31 19:00
【今日のスタート】ドラクエ「勇者」、本日7月31日…
Nintendo Switch用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』(スマブラSP)の有料…
2019-07-31 02:10
【今日のサプライズトイ】スクイーズ、スライム...…
タカラトミーから、サプライズが隠された動物ぬいぐるみ『ピクミーポップサプライズ!』シリーズ※第3弾となる『…
2019-07-30 15:00
特集
【今日のスタート】西武池袋本店の催事「第3回 IKE…
「第3回 IKESEI菓子博~真夏のスイーツフェスタ~」が西武池袋本店、7階の催事場にて本日2019年8月…
2019-08-02 06:05
【今日のスタート】「SIREN展2019」東京・中野の「墓…
2003年にPlayStation 2用ソフトとしてSCE(ソニー・コンピュータエンタテインメント:現SI…
2019-08-01 06:20
【今日のスタート】「江の島灯籠2019」本日8月1日(…
神奈川県藤沢市・江の島の夏の風物詩「江の島灯籠2019」が本日2019年8月1日(木)より1ヶ月にわたり開…
2019-08-01 06:05
【今日のスタート】「江戸夏夜会 by 1→10 〜旧芝離…
浜松町駅周辺エリアの地域活性化を目的とした夜間ライトアップイベント「江戸夏夜会 by 1→10 ~旧芝離宮…
2019-07-25 05:05
【今日のスタート】「萩尾望都 ポーの一族展」松屋…
「萩尾望都 ポーの一族展」が松屋銀座8階イベントスクエアにて本日2019年7月25日(木)~8月6日(火)…
2019-07-25 05:00
【今日のスタート】「Screen@Shinjuku Central Pa…
小田急電鉄は高層ビル群の夜景とともに観覧無料で映画をお楽しみいただけるイベント「Screen@Shinju…
2019-07-24 02:05
【今日のスタート】「第48回 神楽坂まつり」本日7…
「第48回 神楽坂まつり」が本日2019年7月24日(水)~27日(土)の4日間にわたって開催します。 …
2019-07-24 02:00
【今日のスタート】「ウルトラマンフェスティバル2…
今年で29回目の東京開催となる夏休みイベント「ウルトラマンフェスティバル2019」が本日2019年7月19…
2019-07-19 05:55
【今日のスタート】「特別展りぼん 250万りぼんっ…
「特別展りぼん 250万りぼんっ子大増刊号」が新宿高島屋(タカシマヤ)の11階特設会場にて本日2019年7…
2019-07-18 05:30
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
本連載はこれまで、現行の家庭用ゲーム機で発売されたタイトルを中心にピックアップしてきたが、そろそろここでス…
2019-07-17 19:00
【今日のスタート】「駒沢オクトーバーフェスト201…
ドイツビールの祭典「駒沢オクトーバーフェスト2019」が駒沢オリンピック公園にて本日7月12日(金)~21…
2019-07-12 06:50
【今日のスタート】「東京金魚ワンダーランド2019…
東京・墨田区にあるすみだ水族館にて懐かしさを感じながら金魚鑑賞を体験できる「東京金魚ワンダーランド2019…
2019-07-12 06:15
【今日のスタート】神奈川県川崎市・アトレ川崎に…
神奈川県川崎市にある商業施設、アトレ川崎がカレー色に染まるグルメイベント「華麗なるカレーカーニバル」が本日…
2019-07-12 05:50
クラナド、ルーンファクトリー3、ピエール瀧さん差…
2019年7月に発売する注目ゲームタイトルをSTARTT編集部でピックアップしました! 7月に何を買うか迷…
2019-07-03 05:00
「キンプリ」「プリリズRL」を完走したあなたへ……"…
ついに本日最終回を迎える『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』(キンプリS…
2019-07-01 17:00
【映画レビュー】『きみと、波にのれたら』:片寄…
劇場アニメを中心にお送りしている映画レビュー。16回目となる今回は、湯浅政明監督最新作、GENERATIO…
2019-06-21 18:45
不惑越え男子の昆虫記:その17「1つの冬を越えて」…
はじめましての方ははじめまして。以前からお読みいただいていた方は大変お久しぶりでございます。何故か昨年夏か…
2019-06-19 06:00
【映画レビュー】『青春ブタ野郎はゆめみる少女の…
劇場アニメを中心にお送りしている映画レビュー。15回目となる今回は、鴨志田一氏が手掛ける電撃文庫より刊行中…
2019-06-16 18:50
【映画レビュー】『ガールズ&パンツァー 最終章 …
劇場アニメを中心にお送りしている映画レビュー。14回目となる今回は、大人気美少女ミリタリーアニメシリーズの…
2019-06-15 18:40
【東京おもちゃショー2019】ソニーのロボットトイ…
6月13日(木)、ソニーインタラクティブエンタテインメントは、子供の創意工夫を引き出すロボットトイ「toi…
2019-06-14 09:20



Page Top