検索
ランキング
▶ Home

ランキング
人気
ランキング
人気
【今日の情報解禁】『メアリと魔女の花』のスタジオポノックが描く、“3つの奇跡の物語”『ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―』ブルーレイとDVDが3月20日(水)発売決定。ウォルト・ディズニー・ジャパンから

国内観客動員数266万人を記録した『メアリと魔女の花』。世界各地での公開が決定するなど、世界中の映画シーンにおいて鮮烈なデビューを飾ったスタジオポノックが始動した新プロジェクト、「ポノック短編劇場」の記念すべき第一弾『ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―』のブルーレイとDVDが3月20日(水)にウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社から発売。同時にデジタル配信も開始されます。


■発売情報:『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』 2019年3月20日(水) 発売 ブルーレイ:4,700円+税、DVD:3,800円+税 デジタル配信
■(C)表記:(C)2018 STUDIO PONOC


◆『メアリと魔女の花』のスタジオポノックが豪華スタッフ&キャストで贈る、愛と感動の”英雄たち“の3つの物語

『メアリと魔女の花』の米林宏昌監督が自身初のオリジナルストーリーで挑む、カニの兄弟の大冒険ファンタジー『カニーニとカニーノ』。巨匠・高畑勲監督作品で活躍した鬼才・百瀬義行監督による、母と少年の愛と感動の人間ドラマ『サムライエッグ』。そして宮崎駿監督作品の中心を担った天才アニメーター・山下明彦監督が、見えない男の孤独な闘いをスペクタクルアクションで魅せる『透明人間』。本作『ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―』は、兄と弟の勇気、母と子の絆、そしてたった一人の闘い。小さな涙と優しさが3つの物語を通じて、やがて大きな強さとなっていく物語です。
声の出演は、木村文乃、鈴木梨央(『カニーニとカニーノ』)、尾野真千子、篠原湊大、坂口健太郎 (『サムライエッグ』)、オダギリジョー、田中泯(『透明人間』)と、新進気鋭の若手から大ベテランまで錚々たる顔ぶれが参加、作品に命を吹き込みました。3つの物語すべてをまとめるエンディングテーマ 「ちいさな英雄」を歌うのは木村カエラ。爽快で伸びやかな歌声で、この映画を観終わったすべての人々が笑顔になるような楽曲を歌いあげています。


■関連動画:『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』予告



【STARTT’s POV スタート視点】

・カニの兄弟の大冒険ファンタジー「カニーニとカニーノ」
・卵アレルギーを持つ少年と母親の愛あふれる人間ドラマ「サムライエッグ」
・人から見えない男の孤独な闘いを描く「透明人間」
短編3本のオムニバスが『ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―』という訳ですね。これはいい! 昨夏、映画館で観られなかった方には3月20日が待ち遠しいことでしょう。
え? カニの兄弟でカニーニとカニーノてネーミング安直だって? 「だがそれがいい」



■発売情報

タイトル:『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』

発売日:2019年3月20日(水)

ブルーレイ:4,700円[税抜]、DVD:3,800円[税抜]、デジタル配信

公式サイト:ponoc.jp/eiyu

(C)2018 STUDIO PONOC


◆ポノック短編劇場とは◆

2018年、短編アニメーションの制作レーベルとしてポノック短編劇場を新設し、 第一弾となる『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』を発表。本作はスタジオ初の短編アニメーション映画となる。


◆スタジオポノックとは◆

2014年末にスタジオジブリを退社した、プロデューサー西村義明が立ち上げたアニメーションスタジオ。「ポノック」とはクロアチア語で「深夜0時」を意味する(ponoć)に由来し、新たな一日のはじまりの意味を込めた。

2017年夏にスタジオポノック初長編作品となる、米林宏昌監督作品の映画『メアリと魔女の花』を制作。



2019-01-24 10:00
編集部
2019-01-24 10:00
編集部
この記事のURL
https://startt.jp/article/2019/01/24/54490


Page Top