検索
ランキング
▶ Home

ランキング
人気
ランキング
人気
【今日のスタート】スマホのARアプリ「DAVID BOWIE is」発売中!! デヴィッド・ボウイのラストアルバムに至るまでの400点以上もの映像、画像を収録!

デヴィッド・ボウイの本邦初公開のものを含む400点以上もの映像、画像を収録したスマホAR(拡張現実)アプリ「David Bowie is」が発売されました。1月中は特別価格の960円で配信中です。


App Stre: https://itunes.apple.com/us/app/david-bowie-is/id1447594485

Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.planeta.BowieMobile



各映像、画像はアカデミー賞受賞俳優、ゲイリー・オールドマンのナレーションと共に閲覧することができる。


本アプリにて視聴できる映像として、1972年レインボー・シアターにおけるライブ映像、1990年のサウンド&ビジョン・ツアー、1989年ハーブ・リッツ撮影によるフォトセッションの映像、1974年『ダイアモンドの犬』ツアーライブ映像、『ダイアモンドの犬』の実験的映像、1976年のステイション・トゥ・ステイションツアーリハーサル映像などを収録。手元でじっくりと鑑賞することが可能です。


加えて、NYのブルックリン・ミュージアムのみで展示された「ラザルス」の台本、「★」(ブラックスター)ミュージックビデオ制作のための本人によるスケッチブック、オリジナル歌詞、ビデオコンセプトを描いた下絵も収録、これらは本邦初公開となります。


英ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)にて2013年に開催され、トータルで世界11ヵ国、12都市を巡回、同博物館史上最大の200万人以上の観客動員数を記録した展覧会「DAVID BOWIE is」(日本では、2017年1月8日〜4月9日東京にて開催)がデジタル化されることによって永遠不滅の作品として甦ります。V&Aのヴィクトリア・ブロークスとジェフリー・マーシュによってキュレーションされたこの展覧会は、今までに類を見ない体感型の画期的なエキシビションであり、その後の展示スタイルの新たな基準を打ち立てました。豊富なビジュアル要素と、先見の明を持ったボウイの生き方、そして音楽性を表したこの展覧会は、まさにバーチャル・リアリティの世界に相応しいものだったのです。


「DAVID BOWIE is」のスマホAR(拡張現実)アプリ(iOS・アンドロイド対応)により、数多くのボウイファンは2018年7月15日にその巡回を終了しもう訪れることができない展覧会〜数百点に及ぶ衣装、映像、手書きの歌詞、絵画など〜に再びアクセスすることができます。加えて、このバーチャル・リアリティ化された「DAVID BOWIE is」スマホARアプリでは、ユーザーが各展示品を思う存分、じっくりと時間をかけて思い通りに鑑賞することが可能となります。


 「DAVID BOWIE is」スマホARアプリは、デヴィッド・ボウイ・アーカイブと2017年に「DAVID BOWIE is」の日本展を主催した株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントの共同企画による初めてのリリースです。ニューヨークの制作会社PLANETAが、AR/VR版のデザイン制作と開発を担当し、オリジナルの「DAVID BOWIE is」展覧会体験をAR/VRで再現することに成功しました。


このタイプの展覧会のAR化は世界初。デヴィッド・ボウイがその生涯で創造した作品を、音楽とヴィジュアルがあふれる空間で探索しながら体感するというこの画期的な展覧会を完璧に追体験することが可能となりました。また、3D化されたことにより、衣装や貴重な展示品を360度全方位からより細部に渡って鑑賞することが可能になり、リアルの展覧会ではガラスの向こう側にあった衣装のその裏側をも観ることができるようになりました。ボウイの音楽とボウイ自身のナレーションも、ヘッドフォンを装着することで、より身近に臨場感をもって体験することができるのです。


本アプリは、発売日より1月31日まで特別価格¥960、2月以降は¥1,200にて販売されます。


スマホARアプリは、今回のヴァーチャル化プロジェクトの第一弾としてリリースされ、今後、VR(仮想現実)フォーマットでのリリースも予定されています。



【STARTT’s POV スタート視点】

これが960円は凄すぎる!


デヴィッド・ボウイの様々な映像・画像がどこでも見れちゃうスマホアプリ。これが1,000円以下で手に入っちゃうのは、凄すぎるのではないでしょうか? アプリ内言語は英語のようですが、ファンならスマホに入れておいて間違いないでしょう。


■公式サイト


© 2018 Sony Music Entertainment(Japan)Inc.



2019-01-09 05:05
編集部
2019-01-09 05:05
編集部
この記事のURL
https://startt.jp/article/2019/01/09/54393
関連記事


Page Top