検索
ランキング
▶ Home

ランキング
読まれてます
ランキング
読まれてます
オススメ
忍者増田の忍者コラム「忍者の知識が身につくアニメ・漫画を語るの術!」忍法その壱 / Ninja Writer presents: Ninja Arts #1 – Acquiring Ninja Knowledge through Anime & Manga Technique!
この記事には日本語版と英語版があります。お好みの言語をお選びください。
This article is available in Japanese and English.Feel free to select your preferred language.

■日本語版(Japanese)

■English(英語版)


こんにちは。忍者マニアのフリーライター、忍者増田です。今回は、忍者入門として入りやすいエンターテイメントである、忍者関連の「漫画」「アニメ」を紹介しようと思います。


忍者を扱った漫画やアニメの名作は数多いですが、なかでも拙者が「忍者」に興味を持つキッカケとなった作品について語らせていただきます。「この作品がなければ今の拙者はなかった!」とも言える、ある意味「忍者増田」のルーツとなった作品ってヤツですね!


■『サスケ』のえげつなさと忍術解説! 白土三平の作り上げた忍者ワールドにヤられる


拙者が中学生のころ、『サスケ』(原作:白土三平)という忍者アニメがテレビ放映されていました。初放映は1968年で、拙者が中学生のときに見たのは何度目かの再放送ということになります。主題歌もうっすらと記憶にありました。


『サスケ』の主人公、少年忍者サスケのルックスはとても可愛らしいのですが、その物語は子供が見るアニメとしてはシリアスすぎる内容で、忍者のえげつない世界を「これでもか!」というくらい遠慮なく表現していました。いやぁ、惚れました。ヤられました。きっとストーリーがシビアすぎて、幼少期に見たときには惹かれなかったのでしょう。この作品の魅力を理解するのに、中学生という時期がちょうどよかったのかもしれません。


そして、なんといってもこの作品の醍醐味といえば、ストーリー途中に導入される忍術解説! 『サスケ』では、登場する忍術をわかりやすく種明かし解説していました。


劇中の忍者たちが使った忍術が決して荒唐無稽ではないということを教えながら進んでいくので、ほかの忍者作品にはないリアルさがあったんですね。とはいっても、現実的に考えれば無理のある、作品オリジナルの忍術が大半なのですが、それでもほかの忍者作品に比べれば格段に科学的でしたし、渋いナレーション入りの解説に、当時の子供たちは「この忍術は本当にできるんだ!」と納得してしまったものです。


拙者も初めは、主人公サスケの得意技「微塵がくれの術」や、敵の胴体をも切断できる巨大な十字手裏剣「風車」などが、本当に存在していた忍術や武器だと思っていました。それだけの説得力と雰囲気が、この作品にはあったのです。


『サスケ』は元々、白土三平氏が描いた「漫画」が原作としてありました。拙者は当然、アニメを見たあと漫画版『サスケ』も完読しましたし、そもそもこの白土三平という漫画家が、無数の忍者漫画を描き上げている、当時の忍者漫画の第一人者であったことを知るのでした。


そこからはもう、取り憑かれたように白土氏の忍者漫画を読み漁りましたね。『サスケ』同様、ほかの作品も物語中に忍術の解説があり、白土忍者の魅力的な世界観は、全作品を通じて周到されていました。


ちなみに、『サスケ』の主人公サスケは、真田十勇士として知られる「猿飛佐助」ではありません。この作品では、「猿飛の術」を使う者すべてが「猿飛」ということになっていて、サスケはその猿飛忍群のひとりなのです(白土氏は「忍軍」とは書かずに「忍群」と書くのですが、それも拙者のお気に入り)。


サスケの父、大猿大助は猿飛忍群のリーダー格であり、ほかにも石猿や赤猿などたくさんの猿飛がいて、主君の真田幸村を守っていた……。こういった白土漫画独自の解釈もとてもユニークでした。劇中でサスケを含む猿飛たちは、真田幸村が死んだあとも、真田の残党として徳川の忍者などから狙われ続けます。ストーリー紹介がちょっと遅れましたが、そんなサスケの戦いや成長が描かれた作品が、今回紹介した『サスケ』なのですね。


 

▲アニメ『サスケ』のDVD-BOX。主人公サスケは可愛いが、物語はシリアス。


■今でも読める白土三平の忍者漫画! オススメは『サスケ』と『忍者武芸帳 影丸伝』


……というように、拙者が「忍者」に興味を持つようになったのは、白土三平氏の忍者アニメ・漫画がキッカケだったというお話……。氏の描く独創的な忍者ワールドが、拙者にビッタンコとハマったのですね。


現在も拙者は、リアルな忍者ももちろん好きですが、白土氏が描き上げた忍者の世界のほうが、より好みだと言い切ってしまいましょう。前回の当コラムで「ファンタジーとしての忍者も否定してほしくない」的なことを書いたのは、ここに発端があるわけです。


今でも小学館から、短編を含めた多くの白土忍者漫画が購入できますので、興味のある方はぜひ! 「忍者の知識が身につく」という意味では、100パーセント「リアル」な世界であるとは言い切れませんが、ほかの忍者漫画とは一線を画したシビアな白土忍者ワールドを堪能できることを約束します。


初心者にオススメしたい作品は、やはり今回紹介した『サスケ』。なんといってもストーリーがわすりやすく読みやすいです。アニメ版のほうをBlu-rayやDVDでBOX買いするのもいいかもれないですね。そして、『忍者武芸帳 影丸伝』も必読です。主人公影丸の不気味な魅力と、彼を取り巻く壮大な物語をとくとご賞味あれ。


白土ビギナーであり、「忍者漫画」を欲しているならば、『カムイ伝』を最初に選んでしまわないように(『カムイ外伝』ならオッケー)。素晴らしい作品なのは間違いないですが、時代劇を読み慣れていない人には難しいですし、氏の「忍者漫画」としてはかなり異質な作品です。まあ、拙者個人の意見ですし、最終的には読んでほしいですけど!


 

▲漫画『サスケ』。終わり方がアニメ版とは異なっている……。


 

▲漫画『忍者武芸帳 影丸伝』。ほかのもそうだけど、拙者増田の私物なんでヨレヨレで失礼。


■忍者トリビア「忍び装束が「黒」ではない理由」


今回も最後に、忍者のトリビアをひとつ紹介しましょう。


漫画や映画などに登場する忍者が着用する「忍び装束」の色は、「黒」が多いですよね。しかし、実際の忍び装束は黒ではなく、柿渋色や紺色とされていたのです。


一見、黒という色は、夜に最も溶け込みやすく感じます。ですが、当時の夜といっても月明かりもあるし、完全な真っ暗闇ではないので、黒だと人体の輪郭が浮き出てしまうんですね。柿渋色のようなくすんだ色のほうが人体の輪郭がボヤけるので、闇に溶け込みやすいというわけです。


また一説では、当時は着物を染める技術が未発達だったため、黒に染めるのが高くついてしまうから……とも言われています。生々しい理由で切なくなりますが、こちらも説得力はありますね。金持ちの忍者とか聞いたことないしなぁ。


 

▲とか言いながら、拙者は黒い装束着ちゃってごめんなさい。


それでは次回もお楽しみに!


■あわせて読もう!

■忍者ライターが忍者の魅力とトリビアを語るの術!/ Ninja Writer presents: The allure and trivia of the Ninja!



■ENGLISH VERSION


Ninja Writer presents: Ninja Arts #1 – Acquiring Ninja Knowledge through Anime & Manga Technique!


Ninja Masuda


Konnichiwa! It is me, the ninja maniac freelance writer, Ninja Masuda. On today’s entry, I will be introducing some ninja related anime and manga that are perfect for ninja initiates.


There are plenty of famous works of anime and manga that depicts the ninja, but among them, one series in particular, sparked my interest in the Ninja. It can be said that if not for this body of work, I will not be who I am today. In a way, this is the root of “Ninja Masuda”.


■The enigmatic world of ninjutsu! Defeated by Shirato Sanpei’s『Sasuke: The Little Ninja』.


A little known anime called『Sasuke: The Little Ninja』(original work: Shirato Sanpei) aired on TV back when I was in junior high. Starting from my student days, I have watched the rebroadcast countless times since the initial airing in 1968, to the point where I have even memorized the opening song.


The young ninja boy Sasuke, who is the protagonist of the series, has a cute and endearing look to him but the story setting is way too serious for an anime made for kids. This series definitely holds nothing back when showing the enigmatic qualities of the ninja world. Oh, how have I fallen in love! I was struck down by it! I’m pretty sure that the story is too mature that if I were to watch it during early childhood, I won’t be attracted to it. So, watching it during junior high was probably the perfect timing for me to understand the appeal of this series.


Speaking of which, the truly exciting part of this series are the ninjutsu technique introductions that occurs during the story. In『Sasuke: The Little Ninja』, every ninjutsu technique that was showcased are explained to the viewer in detail while also being simple to understand.


The series goes on to educate viewers that the ninjutsu techniques used by ninjas in the anime aren’t born out of absurdity, it has a reality that is not present in other ninja related works. However, half of the series does also contain original ninjutsu techniques that, if you think about it realistically, are impossible to be carried out. With that said, when compared to other ninja related works,『Sasuke: The Little Ninja』is very scientifically driven and has sharp narration that would’ve convince kids of that era that ‘wow, these techniques are really possible!’


Even for me, when I first started watching this series, I believed that the protagonist Sasuke’s special technique “Mijin Gakure no Jutsu”(hidden corpse grenade technique) and the “Windmill Shuriken”, a large shuriken that can slice an enemy in half, are real existing techniques and weapons. There was so much believability to the atmosphere of this series.


『Sasuke: The Little Ninja』was originally a manga series illustrated by manga artist Shirato Sanpei. As a manga artist, Shirato Sanpei is known as a pioneer in ninja manga, Other than Sasuke, he has created countless other manga that were based on ninja lore. After watching the anime, I went on and completely read the manga version of Sasuke.


From that point on, I went on to discover and read every ninja related manga from Shirato-sensei as if I was possessed. Just like『Sasuke: The Little Ninja』, his other works all contain explanation and introductions of ninjutsu techniques, so much so that I found the meticulous world view of the Shirato Ninja to be incredibly charming.


By the way, the protagonist Sasuke is not the same “Sarutobi Sasuke” who is affiliated with the Sanada Ten Braves. In『Sasuke: The Little Ninja』, those who uses the “Sarutobi Arts” are known as “Sarutobi”, and Sasuke is one of the members of the “Sarutobi Ninja Corps” (I am particularly fond of Shirato-sensei naming them as “Ninja Corps” instead of “Ninja Army”.)


Sasuke’s father, Oozaru Daisuke, is the leader of the Sarutobi Ninja Corps, along with Ishizaru, Akazaru and many others in the “Sarutobi”, their purpose is to protect their lord Sanada Yukimura. Such an interpretation is also something exclusively unique to Shirato-sensei’s manga. In the series, even after the death of Sanada Yukimura, Sasuke, along with the “Sarutobi”, came to be known as “Sanada Remnants” were continued to be hunted down by Tokugawa’s ninjas. Although the story introduction came a little bit late, the battle and growth of Sasuke in this work is essentially what I wanted to talk about in『Sasuke: The Little Ninja』.


 

▲ The DVD box set for『Sasuke: The Little Ninja』anime. Sasuke may look cute but the story is serious business!


■Highly recommended reads!『Sasuke: The Little Ninja』&『Band of Ninja』(Ninja Bugei-cho) by Shirato Sanpei



……and so, thanks to Shirato Sanpei’s ninja-based anime and manga, I became fascinated with the “Ninja”. His creative take on the ninja world is exactly what got me hooked.


Of course, currently I am infatuated by real ninjas but the ninja world that Shirato-sensei illustrated in his manga is also a personal favorite of mine. This is what I meant when I made a “ninjas as a fantasy should not be rejected” sort of statement in the previous entry.


Even now, many of Shirato Sanpei’s ninja manga including short stories can be purchased from Shogakukan, so to those who are interested, you know what to do! (Japanese only by the way.) Although it is not a 100% authentic take on the ninja, I can promise you that Shirato’s superbly enigmatic ninja world is different from any other ninja manga. This is what I meant earlier by “acquiring ninja knowledge”. 


So in short, the works that I would like to recommend to beginners are, firstly『Sasuke: The Little Ninja』. If anything, the story is simple to understand and easy to read, and as for the anime, if you know Japanese, you can easily obtain the Blu-ray or DVD box-set of the entire series. Also,『Band of Ninja』(Ninja Bugei-cho) is also a must-read. Let yourself be consumed by the unsettling appeal of Kagemaru, the male lead, and his magnificent journey in this story.


For a Shirato beginner, if you’re looking for a “ninja manga”, try not to pick up『The Legend of Kamui』as your first read. (If it’s『Kamui Gaiden』, then you’re clear). Oh, it’s a fabulous body of work, no mistake, but for readers who aren’t familiar with historical period pieces, it can be difficult to understand. The series is also a tad bit unusual as a “Shirato ninja manga”. But that is my personal opinion. In the end, I would still recommend that you to read it too!


 

▲Official manga volumes of『Sasuke: The Little Ninja』. The ending is slightly different from the anime......


 

▲Official manga volumes of『Band of Ninja』(Ninja Bugei-cho). These are from my own collection, so apologies if they look a little worn out.


■Ninja Trivia: The reason why shinobi sneaking suits aren’t black.



Lastly, we’ll end this on another ninja trivia.


In popular media like manga and movies, the color of the shinobi sneaking suit is mostly black isn’t it? In truth, the shinobi sneaking suit isn’t black but either subdued brown or dark blue in color.


At first glance, the color black is the most suitable palette to blend into the night, right? However, since moonlight permeates the night sky, it isn’t complete darkness, so a black costume would instead give away an outline of the human body. Dull colors like subdued brown would hide the outline of the human body more effectively so it would blend into the dark easier.


In another theory, it was also said that the techniques of dyeing kimonos or costumes weren’t advance enough at the time, and in addition, the cost of dyeing something in black was rather costly. Seems like I have somewhat ended it on a rather frank note, but that theory sounds slightly more reasonable isn’t it? I don’t think anyone has ever heard of crazy rich ninjas.


 

▲So I said all of that while wearing a full black shinobi sneaking suit, oh the irony.


That’s all for this entry, see you in the next one!


Disclaimer: Most of Shirato Sanpei’s manga and anime-based works recommended in this article has yet to be licensed so unfortunately there aren’t many ways to legally obtain them. Apologies for that. As of writing, his most well-known manga series in the west,『The Legend of Kamui』and the movie for『Kamui Gaiden』can be purchased on Amazon.


■The Legend of Kamui; Perfect Collection, Vol. 1

■The Legend of Kamui; Perfect Collection, Vol. 2

■Kamui Gaiden


■Related articles:

■ Ninja Writer presents: The allure and trivia of the Ninja!/忍者ライターが忍者の魅力とトリビアを語るの術!/

2018-12-14 19:30
忍者増田
2018-12-14 19:30
忍者増田
この記事のURL
https://startt.jp/article/2018/12/14/54253


編集部おすすめ記事
【今日のかっぱ寿司】かっぱ寿司「超創業祭」〜夏…
コロワイドグループのかっぱ寿司は、本日2020年8月8日(土)より「超創業祭」〜夏の陣〜をかっぱ寿司全店に…
2020-08-08 07:00
【今日のほぼ日】ほぼ日が、ドラえもん50周年記念…
株式会社ほぼ日は、『ドラえもん』がまんが連載開始から50周年を迎えたことを記念して、ほぼ日のロングセラー商…
2020-08-07 06:00
【今日もノリ突っ込まない】いつもの味も外で食べ…
お笑いコンビ・ぺこぱ が初出演する「チキンラーメン」 のCMが本日8月7日(金)より放送開始。 今日…
2020-08-07 00:00
【今日のフードデリバリー】「DiDi Food」に「家族…
DiDiフードジャパン株式会社が運営するフードデリバリーサービス「DiDi Food」は株式会社家族亭が展…
2020-08-04 14:30
【今日のロボコン】ついに本日公開!! 『がんばれ…
タマゴ型で赤くコーティングされたボディに愛らしい眼が特徴的なドジなお手伝いロボット、「ロボコン」。1974…
2020-07-31 08:00
【今日のかっぱ寿司】イクラ・うに・蟹!初の創業…
コロワイドグループのかっぱ寿司)は、本日2020年7月31日(金)より「超創業祭」の二発目“超豪華ネタ大放…
2020-07-31 06:00
【週末の特別番組】花江夏樹、鬼頭明里、下野紘、…
ABEMA」の特別番組『「鬼滅テレビ」無限列車編 新情報&主題歌発表スペシャル』が独占放送。 『鬼滅の刃…
2020-07-31 05:00
【今日のチーム総北】実写映画「弱虫ペダル」累計2…
累計2500万部突破の大人気スポーツ青春漫画、「弱虫ペダル」。2008年に週刊少年チャンピオン(秋田書店)…
2020-07-30 07:00
【今日のにじさんじ】クラウドファンディング企画…
いちから株式会社が運営するVTuber / バーチャルライバーグループ「にじさんじ」は、クラウドファンディ…
2020-07-28 12:30
【今日のかっぱ寿司】本日2020年7月22日(水)より、…
コロワイドグループのかっぱ寿司は、本日2020年7月22日(水)から、かっぱ寿司初となる「超創業祭」を開催…
2020-07-22 06:00
【今日のゴジラ】ゴジラ史上初! 2021年、⽇本のお…
株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、本日2020年7⽉21⽇(⽕)より、史上初となる「ゴジラ」を題材とし…
2020-07-21 17:00
【今日のにじさんじ】にじさんじオリジナルマルチ…
いちから株式会社が運営するVTuber / バーチャルライバーグループ「にじさんじ」は、全国のファミリーマ…
2020-07-21 06:00
【今日のすみっコぐらし】専用スティックと液晶画…
タカラトミーは、専用スティックを使って遊ぶ液晶トイ『すみっコぐらし すみっコキャッチ』(希望小売価格:5,…
2020-07-17 08:00
【今日の『レディ・オア・ノット』】来週7月15日(…
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、全米で2019年の夏に公開され、3週連続でトップ10入りし話題と…
2020-07-09 10:00
【今日のWILD】ディズニーの『アラジン』『ライオ…
ハリソン・フォードを主演に迎え、ディズニー・アニメーション『アラジン』や『ライオン・キング』などを担当した…
2020-07-03 10:00
【今日のバーキン】バーガーキング®から『スパナゲ…
バーガーキング®の株式会社ビーケージャパンホールディングスは、本日2020年6月26日(金)から、『スパナ…
2020-06-26 06:00
【今日の50%OFFのはずがさらにOFF!】本格3Dアクシ…
スマートフォンで手軽に遊べる“死にゲー”として話題の「パスカルズ・ウェイジャー」(原題:Pascal's …
2020-06-25 10:35
【今日のロボコン】『がんばれいわ!!ロボコン』第2…
タマゴ型で赤くコーティングされたボディに愛らしい眼が特徴的なドジなお手伝いロボット、「ロボコン」。1974…
2020-06-25 06:00
【今日のザコシ】Twitterで話題! ハリウッドザコ…
株式会社 明治は、冷凍食品「満足丼」シリーズのタイアップソング「きみに満足」の6月24日(水)のCD発売を…
2020-06-23 10:00
【今日の情報解禁】記憶を失った美しき姫と、彼女…
中国時代劇ドラマの大ヒット作「白華(はっか)の姫~失われた記憶と3つの愛~」DVD は、人気スターとヒット…
2020-06-12 12:00
特集
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その13 -こ…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-06-11 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その12 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-06-04 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その11 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-28 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その10 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-21 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その9 - 名…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-14 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
本連載30回で紹介した革新的FPSにして名作『Portal(ポータル)』。 パソコン(PC)、ス…
2020-04-30 22:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その8 - 沢…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-30 06:00
【面白そうなもの見つけた!】新型コロナウイルス…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-28 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その7 - 東…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-23 06:00
【面白そうなもの見つけた!】minneの母の日特集か…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-20 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
世の中には「プレミアゲーム」、もしくは「レアゲーム」なるものが存在する。 文字通り、稀少価値が付いたゲー…
2020-04-15 19:00
【今日のあつ森】『あつまれ どうぶつの森』オッサ…
2020年3月20日(金)に発売されたNintendo Switchの『あつまれ どうぶつの森』(以下、あ…
2020-04-13 19:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
高周波・高電圧を発生させる共振変圧器「テスラ・コイル」のほか、無線操縦や蛍光灯も発明し、磁束密度「テスラ」…
2020-04-09 19:30
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その6 - GW…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-09 06:00
【面白そうなもの見つけた!】神戸長田のソウルフ…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-08 06:00
【今日の捕食者】プレデターで(を)狩ってみた!…
オッサンゲーマーこと筆者も、さっそくプレデターっぷりを先行体験してきたので、日夜お忙しいのに最近なんかいろ…
2020-04-02 10:30
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その5 - そ…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-02 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
弊誌STARTTのSteamセールを特集した記事で、ほぼ必ずおすすめの1本としてピックアップされるタイトル…
2020-04-01 19:00
【面白そうなもの見つけた!】日清チキンラーメン…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-01 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その4 - も…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-03-26 06:00
Tweets by startt_staff


Page Top