検索
ランキング
▶ Home

ランキング
人気
ランキング
人気
【今日のスタート】プロサッカークラブ「湘南ベルマーレ」が「eスポーツ」参入!! ただいま『FIFA19』専属eスポーツ選手を募集中!

Jリーグに加盟するプロサッカークラブ「湘南ベルマーレ」がビデオゲームによる対戦競技「eスポーツ」への参入を発表しました。


対象競技はエレクトロニック・アーツが手掛けるサッカーゲーム「FIFA 19」。ただいま専属eスポーツ選手を募集中です。


【eスポーツ参入の目的】

近年、STEAM教育に力を入れる動きが盛んになる中、ベルマーレがeスポーツ事業に取り組むことで

人材育成をするとともに、新たなスポーツへのきっかけを創造します。また、新規のファンや

スポンサーの獲得、総合型スポーツクラブとして様々な競技への繋がりを目指します。


【湘南ベルマーレeスポーツ選手トライアウト(FIFA19)】

■募集コンセプト:「湘南ベルマーレから世界へ!」

1.FIFA eWorld Cupにつながるグローバルシリーズ大会出場を果たす。

2.明治安田生命eJ.LEAGUE優勝、その他各種FIFA大会での優勝を果たす。


■日程:エントリー(https://goo.gl/forms/q7mi5AsKPIrhtWFq2)12月24日(月祝)23:59まで

オンライン予選大会 1月11日(金)19:00~、1月12日(土)10:00~、1月13日(日)10:00~

オフライン決勝大会 1月25日(金)


■参加方法:12月24日(月祝)23:59までに、下記エントリーフォームからお申し込み

https://goo.gl/forms/q7mi5AsKPIrhtWFq2


■大会形式:オンライン予選大会にて4選手がオフライン決勝大会に進出。

     :オフライン決勝大会にて4選手が総当たり戦で勝敗を競う。


■選抜方法:オンライン予選大会・オフライン決勝大会での勝敗結果のみならず、オフライン決勝大会では株式会社スポーツITソリューション協力のもと様々なデータを計測し、 面接のうえ総合的に評価し選出する。選抜数は1〜2名を予定。


■応募資格

・湘南ベルマーレのミッションステートメントに共感し、『湘南ベルマーレ』を背負い世界へ挑戦したい方。

※ミッションステートメントの概要 http://www.bellmare.co.jp/mission_statement

・スポーツマンシップに則った態度、言動をすること。

・2019年1月25日時点で満18歳以上であること。 満18〜19歳の選手は、エントリー時に法定代理人および親権者等による参加同意書への署名と提出が必要となる。

・日本語で事務局や他の選手とコミュニケーションがとれること。

・試合参加に必要なSENアカウントをエントリー時点で保有し、PS Plus(有料)に加入していること。

・エントリー時から開催期間を通じて同一のプレーヤーネームを使用すること。

・トライアウト事務局と連絡を取ることができる有効なメールアドレス、電話番号を登録すること。

・暴力団等の反社会的勢力といっさいの関わりがないこと。

・本トライアウトに参加する時点での最新の本規約を確認のうえ、同意すること。


■専属選手になった際のメリット 

・湘南ベルマーレ所属選手として様々なeスポーツの大会に出場可能なこと(オーセンティックユニフォーム着用、背番号は51番以降)

・クラブ内での様々なツールを用いて、技術向上へのサポートを受けられること 他


■大会規約:湘南ベルマーレトライアウト大会規約(PDF)

http://www.bellmare.co.jp/wp-content/uploads/2019/12/20181210_tryout_v5.pdf


■お問い合わせ:湘南ベルマーレ eスポーツ選手トライアウト運営事務局

esports@mf.scn-net.ne.jp



【STARTT’s POV スタート視点】

サッカーチームがゲームで対戦する日も近い!?


サッカークラブがeスポーツ参戦! と聞いて、最初サッカー選手がゲームをするのかな? と思ったんですが、eスポーツ専属選手はこれから募集するんですね。そりゃそうか。


将来的にはサッカーチーム同士がサッカーゲームで対戦、なんてことになるのかも! ゲーム好きとしては、そうなったら面白い未来だよなぁ……なんて思うわけです。


■湘南ベルマーレ公式サイト


Copyright © 2018 Shonan Bellmare. All Rights Reserved.

2018-12-12 15:00
編集部
2018-12-12 15:00
編集部
この記事のURL
https://startt.jp/article/2018/12/12/54236
関連記事


Page Top