検索
ランキング
▶ Home

ランキング
読まれてます
ランキング
読まれてます
オススメ
【シナリオライターの始め方 第2回】ドラマ「ひよっこ」、アニメ「ガールズ&パンツァー」、映画「超高速!参勤交代」などの有名シナリオライターを輩出! プロの技術を学べる「シナリオ・センター」にお伺いしてみた

シナリオライターと聞くと、皆さんはどのような存在を思い浮かべるでしょうか。地上波のドラマで大ヒットを飛ばした有名脚本家や、大作アニメを多数発表している方を思い出す人も多いのではないかと思います。


しかしシナリオライターの仕事とはそれだけではありません。ドラマやアニメのほかにも、映画やゲーム、ラジオドラマ、CDドラマ、漫画原作、演劇など、シナリオ執筆能力が必要とされている仕事は多数存在しています。


日々発表されている膨大な創作物の数を考えれば、おそらく現代は、人類史上最も多くのシナリオライターが活躍している時代だと言っても過言ではないでしょう。


果たしてそれだけ多くのシナリオライターはどのようにして必要な技術を学び、現場へと入っていくのか。その流れのひとつとして挙げられるのが、シナリオの書き方を教えてくれるシナリオスクールへの入学になります。

今回「STARTT」では、『ガールズ&パンツァー』の吉田玲子さんや『超高速!参勤交代』の土橋章宏さん、そのほか多数の有名シナリオライターを輩出し、今もデビューを夢見る大勢のシナリオライター志望者が学んでいる、表参道の「シナリオ・センター」を取材させていただきました。


インタビューに応じていただいたのは、シナリオ・センター代表の小林幸恵氏と、取締役副社長である新井一樹氏。多くのシナリオライターを指導してきたお二人から、貴重なお話を伺うことができました。


▲シナリオ・センター(外観)

成功している人は書き続けている



――シナリオ・センターと言えば大勢の有名な脚本家や作家を輩出している老舗です。多くのライター志望の方をご覧になってきたと思いますが、シナリオライターに向いているのはどんな方なんでしょうか?


小林幸恵(以下、小林)「書きたい」という気持ちが強い人ですね。シナリオというのは普通の文章表現とはまったく違った技術がいるので、ちゃんと勉強しなければいけません。だから書きたいことをどんどん書き続けることができる強い思いを持つ人が有利です。あと、うち出身の岡田惠和(※注1)さんは「人間好き」なのがシナリオライターの資質じゃないかとおっしゃっています。彼は男性なのに女性の心理を上手にお書きになるんです。よく女性の方が「なんで岡田さんは女の気持ちがわかるんだろう」とおっしゃるんですが、それは普段からアンテナを張り巡らせて「女性とはこういう考え方をする」ということをキャッチしているからなんですね。


新井一樹(以下、新井) 自分以外の人にいかに興味を持つかは、成功する人の共通項かもしれません。自分の視点だけで物事を見ずに、自分が思ってもいない視点……例えば男性だったら女性の視点。女性だったら男性の視点。10代だったら30代の視点を持とうといろいろ試していくのはとても大事です。


小林 うちの学校の場合、10代から80代まで、いろんな年代、いろんな職業の方がいらっしゃいます。そういう人たちとの交流って、実はお互いがお互いにネタにできるんですよ(笑)。10代の人は「おじいちゃんおばあちゃんってこう思っているんだ」。逆に80代の人も「若い子はこんなことを考えているんだ」と知ることができるんです。


――社会では10代から80代までが集うコミュニティというのはなかなかありません。多くの視点を得られるという観点では、非常に貴重ですね。


小林 だからいつも開講のときに「あえて自分と違う年代や、違う生き方をしている人と付き合いなさい」と話しています。


新井 アニメやゲームのシナリオを教えている学校では趣味と年代が同じ人たちが集まりがちなので、そこがうちとほかの専門学校の違うところかもしれません。全然違う年齢や嗜好の人たちの中にあえて入るだけでもかなりの刺激を受けることができると思います。


小林 成功している方って、好奇心が旺盛なんですよ。あらゆることに首を突っ込みたいという性格と言うか、野次馬的な部分をお持ちの方が多いですね。だからいろんなことをよく知ってらっしゃるし、その中で自分の考えをきちんと持っています。


新井 あと大事なのは、書き続けていけるかどうかですね。


小林 そうですね。辞めたらそこで終わりの世界なので、ひたすら書き続けるしかありません。書き続けることで様々なことが繋がっていくとおっしゃる方も多いですね。


▲株式会社シナリオ・センター代表取締役社長の小林幸恵氏。著書に『団塊世代プロジェクト 今日からシナリオを書くという生き方』。シナリオライターになるにはひたすら書き続けるしかないと語る小林氏

シナリオ・センターで学べることとは?



――シナリオ・センターではどのようなことを教えているのでしょうか。


小林 まずキャラクターの作り方です。キャラクターをきちんと作れないと、登場人物は動いてくれません。魅力あるキャラクターには視聴者からの「憧れ性」と、視聴者との「共通性」という二面性があります。これらをどう登場人物に練り込んでいけば、視聴者が感情移入できるのかということを教えています。


新井 魅力的なキャラクターを作らなきゃいけないと知っていたとしても、どうやったら魅力的なキャラクターを作れるのかはわからないわけじゃないですか。憧れ性だけだと単純に"すごい人"を遠くから見ている感覚になってしまうんです。なので「あ、ここは私と一緒だな」という共通性を持たせることにより感情移入ができるようになるんですね。感情移入ができると、キャラクターを身近に感じられるようになるので「また次も観たい」と思ってもらえる作品になっていくわけです。


小林 基本、シナリオ・センターは、シナリオの映像表現の技術のみを教えているところで、作者の感性に関して何かを教えるわけではありません。「こういうものを表現したいのだったらこういう表現方法があるよ」「こういうテクニックを使うともっとうまく伝わるよ」という、「伝える技術」を重視しています。


新井 「ここを魅力的にすればいいよ」と指摘するのではなくて、「どうすれば魅力的にできるか」という方法論を教えるのがうちの特徴です。


小林 あとはどこから話に入り、どこへ持っていくか、どこに盛り上がりを入れればいいのかと言う構成の仕方も教えていますね。


新井 構成も、思いつきでいろいろアイデアをボンボン書いていってもなかなか面白いものにはなりません。シナリオ・センターでは起承転結を教えていますけど、「起」「承」「転」「結」にはそれぞれの機能があることを理解したうえで、じゃあどう書けばアイデアを面白く盛り上げて、お話を作っていけるのかということを伝えています。


▲株式会社シナリオ・センター取締役副社長の新井一樹氏。2010年に「1億人のシナリオプロジェクト」を発足し、シナリオを使ったコミュニケーションの問題解決に取り組んでいる

――具体的にはどのような形で授業が行われているのでしょうか


▲3階ホールでは、基礎講座(シナリオ作家養成講座やシナリオ8週間講座)を実施。年齢や創作経験の有無に関係なく、シナリオの基礎技術を学ぶ“入口”は基礎講座から、となる。

小林 基礎講座(シナリオ作家養成講座やシナリオ8週間講座)を修了するとゼミに進級できます。ゼミでは、本科や研修科といったカリキュラム分けがされていて、課題に沿った200字詰め原稿用紙20枚のシナリオを書いて、他の生徒さんに感想を言ってもらい、最後に担当講師による講評があります。


課題を設けている理由ですが、物を書くというのはなんにしてもひたすら書いてみないとダメなわけです。とはいえ自由に書くというのは、簡単なことのように見えてすごく難しい。なので、最初は対象を絞って「どこを見て、何を書けばいいのか」という形を明確にしています。


例えば「駅」という課題に合わせてシナリオを書いてもらうと、みなさん自分がいつも使っている駅を舞台にするのか、東京駅にするのか、無人駅にするのかと色々考えるわけです。今まで単純に乗り降りするという視点でしか見ていなかった人が「あ、こんな仕事をしている人がいるんだ」「東京駅と無人駅ではここが違うんだ」と、自分の目で見て、調べるようになるんです。深く突き詰めることで初めていろんなアイデアが浮かんだり、「こういう見方があるんだ」というのが理解できるようになります。これを私たちは「作家の目を養う」と言っています。


新井 視点の広さと深さで引き出しを増やすということです。シナリオライターに限らず、創作というのは人間を書くことなので、引き出しをたくさん持つ必要があるんです。


小林 生徒さんには「どうやったら人と違うものを書けますか?」とよく質問されます。そこははっきり言ってしまえば教えられるものではありません。引き出しを生かすための技術は教えてあげられるけど、引き出しは自分で作っていかなければならない部分だからです。ここで基本をしっかり身につけて土台を作れた方は、脚本家だけではなく、小説家やゲームシナリオ、漫画原作など、様々な分野で活躍してくださっていますね。


――仕事の内容は違っても、面白いものを作る基本は同じということですね


小林 そうですね。脚本の技術として学んだことは応用が効きます。


新井 小説でもゲームでもドラマでも映画でも、ドラマチックな展開にするというのは一緒です。ドラマチックにするにはどうすればいいのかという技術はうちでお伝えしているので、学んだことを自分がやりたいフィールドで使っていくことはいくらでもできると思います。『超高速!参勤交代』を書いた土橋章宏(※注2)さんもうちの出身ですが、原作の小説を執筆された上に、映画の脚本もやられています。2019年に劇場公開される『引っ越し大名!』でもやはり原作と脚本、両方をご自分で担当されているんですよ。


小林 土橋さんは今年の初めまで在籍していたんですよ。ものすごく忙しい方なので、ず~っと「もう来なくていいんじゃないの?」と申し上げていました(笑)。


――土橋さんほどの実績を持つ方が、なぜシナリオ・センターに通い続けたのでしょうか?


小林 プロットやシナリオの最初の方を皆さんに読んでもらって、感想を貰いたかったんだそうです。「こういう方向だとみんなあまり読まないんだな」「ここを突っつくとウケるんだな」というのがわかるので、悩んだときにうちに来て発表するのがすごく刺激にもプラスにもなるので「僕は辞められないんです」とおっしゃっていました(笑)。でも流石に忙しすぎて来れなくなって、それでも月謝だけは払ってくださるから「もう辞めたら」と(笑)。でも人からの反応をもらうのは大事だとわかっている方は、やはり大成していきますね。


▲本科や研修科以外にも様々なゼミが開催されている。



ライトノベルやゲームシナリオの執筆依頼が増えている現状



――シナリオ・センターにはシナリオを必要とする業界からの問い合わせも多いそうですね


小林 実は最近増えているのが、ライトノベルや漫画原作のオファーです。出版社の方が言うには、脚本家が書いた小説は売れるそうです。


――それはまたなぜでしょう?


小林 シナリオライターは文字を使った映像表現を学んでいるので、読んだ時に頭の中に映像をイメージしやすい小説になるのだと思います。実際、今うちに通っている生徒さんも、三割ほどは小説家志望です。シナリオの発想を上手く使えば、どんな形でも作品化できるということでしょうね。


――ゲームのシナリオについては対応されているのでしょうか?


小林 ゲームシナリオでは大勢のライターさんが活躍されています。ドラマ志望で入ってきた方が、今ではゲームシナリオだけで生計を立てているという例もあります。


新井 実はゲームのシナリオライターになりたい方はいっぱい来ています。最近ではゲーム会社が社内でシナリオライターを抱えることも多いのですが「会社としてこの子を育てたいので講座を受けさせたい」という理由で通っている方もいますね。ほかにも「今はプロットしか書かせてもらえないけど将来的にはシナリオを書きたい」という生徒もいます。もちろん個人でゲームのシナリオライターを目指して通っている方もいますよ。


――必要とされるシナリオや作品の形態はさまざまですが、オファーに対してどのように人を斡旋しているのでしょうか?


小林 うちでは「ライターズバンク」という在校生向けのサービスを展開しています。オファーが来たらライターズバンクに登録している人たちでコンペをやり、プロデューサーに選んでもらいます。ライターズバンクを作る前は、私のところに直接「誰かいい人いない?」と連絡が来ていたのですが、そういう形式だと私が知っている人しか紹介できないんです。しかも私が「この人ならいいかな」と思って紹介しても、先方と相性が悪くて「この人ダメだよ!」と言われて、その人の脚本家人生がつらいものになってしまうということも多々あったんです。ライターズバンクのやり方なら、プロデューサーが自分のテイストやカラーに合う人を選ぶので、「この人はダメだよ」とは言えなくなるわけですね(笑)。


――ライターズバンクには今何人くらい登録されているのでしょうか?


小林 700名ちょっとですね。基本の技術が身についている人や、コンクールに入選して公に認められた人だけが登録されています。オファー自体は大体月に4~5社ほどあるので、みなさんにお知らせして、チャレンジしてもらっています。


――最後に、シナリオライターを目指す方へのアドバイスをお願い致します


小林 もしあなたが書きたいという気持ちを持っているなら、どんどん書かないとダメです(笑)。それにはしっかりした基本が大事。基本を身に付けた上で、書いて書いて、書き続けることをお勧めします。また、シナリオ・センターでは、映像業界のプロデューサー、ゲーム会社のプロデューサーやディレクターの方々にディレクションがしやすくなるためのシナリオ研修も行っています。プロデューサーやディレクターとの“共通言語”を作っておくことはとても大事です。


新井 おそらくこの記事を読んでくれている人は、すごく強烈なアンテナを立てている人だと思います。なにかひとつのことに興味や関心があって、自分のこだわりや好きなものにのめり込むなかでセンスや創造性を培ってきたなら、それを発揮するための技術をうちで身につけることができます。自分の世界をアウトプットできるようになると面白いと思いますよ?


▲シナリオ・センター受付のサイドボードには、さまざまなコンテストで受賞した生徒の名前が掲示されていた。シナリオライターの登竜門、「フジテレビ ヤングシナリオ大賞」の受賞者も複数輩出している


▲ゼミの授業風景。年齢層は非常に幅広い

インタビュー終了後、講義の風景を拝見することができた。今回見学したのは作家集団クラス(シナリオ・センターの全教習課程【本科・研修科】修了者が、デビューまで腕を磨くクラス)。年齢構成は様々だったが、みな活発に発表を行い、教室は活気にあふれていた。シナリオライターの始め方として、シナリオ・センターの門戸を叩くことはオススメな選択肢だと感じた。


(※注1)岡田惠和(おかだよしかず):『ちゅらさん』『ひよっこ』などのドラマを代表作に持つ、日本屈指の脚本家の一人。シナリオ・センター出身。


(※注2)土橋章宏(どばしあきひろ):自身の小説を自ら脚本化した『超高速!参勤交代』を代表作に持つ。同作で第38回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。



取材・写真・文:早川清一朗

編集補助:岡田太一



■シナリオ・センター アクセス

東京本校
〒107-0061 東京都港区北青山3-15-14
TEL 03-3407-6936(代) / FAX 03-3407-6946

https://www.scenario.co.jp/


大阪校
〒532-0011 大阪市淀川区西中島4-3-22 新大阪長谷ビル7F
フリーダイヤル0120-470029 TEL 06-6304-9524 / FAX 06-6390-1847

http://scenario-center.com/


横浜教室(月水金土のみ)
〒231-8575 横浜市中区万代町2-4-7 横浜市技能文化会館内

2018-12-11 09:00
早川清一朗
2018-12-11 09:00
早川清一朗
この記事のURL
https://startt.jp/article/2018/12/11/54212


編集部おすすめ記事
【今日のかっぱ寿司】かっぱ寿司「超創業祭」〜夏…
コロワイドグループのかっぱ寿司は、本日2020年8月8日(土)より「超創業祭」〜夏の陣〜をかっぱ寿司全店に…
2020-08-08 07:00
【今日のほぼ日】ほぼ日が、ドラえもん50周年記念…
株式会社ほぼ日は、『ドラえもん』がまんが連載開始から50周年を迎えたことを記念して、ほぼ日のロングセラー商…
2020-08-07 06:00
【今日もノリ突っ込まない】いつもの味も外で食べ…
お笑いコンビ・ぺこぱ が初出演する「チキンラーメン」 のCMが本日8月7日(金)より放送開始。 今日…
2020-08-07 00:00
【今日のフードデリバリー】「DiDi Food」に「家族…
DiDiフードジャパン株式会社が運営するフードデリバリーサービス「DiDi Food」は株式会社家族亭が展…
2020-08-04 14:30
【今日のロボコン】ついに本日公開!! 『がんばれ…
タマゴ型で赤くコーティングされたボディに愛らしい眼が特徴的なドジなお手伝いロボット、「ロボコン」。1974…
2020-07-31 08:00
【今日のかっぱ寿司】イクラ・うに・蟹!初の創業…
コロワイドグループのかっぱ寿司)は、本日2020年7月31日(金)より「超創業祭」の二発目“超豪華ネタ大放…
2020-07-31 06:00
【週末の特別番組】花江夏樹、鬼頭明里、下野紘、…
ABEMA」の特別番組『「鬼滅テレビ」無限列車編 新情報&主題歌発表スペシャル』が独占放送。 『鬼滅の刃…
2020-07-31 05:00
【今日のチーム総北】実写映画「弱虫ペダル」累計2…
累計2500万部突破の大人気スポーツ青春漫画、「弱虫ペダル」。2008年に週刊少年チャンピオン(秋田書店)…
2020-07-30 07:00
【今日のにじさんじ】クラウドファンディング企画…
いちから株式会社が運営するVTuber / バーチャルライバーグループ「にじさんじ」は、クラウドファンディ…
2020-07-28 12:30
【今日のかっぱ寿司】本日2020年7月22日(水)より、…
コロワイドグループのかっぱ寿司は、本日2020年7月22日(水)から、かっぱ寿司初となる「超創業祭」を開催…
2020-07-22 06:00
【今日のゴジラ】ゴジラ史上初! 2021年、⽇本のお…
株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、本日2020年7⽉21⽇(⽕)より、史上初となる「ゴジラ」を題材とし…
2020-07-21 17:00
【今日のにじさんじ】にじさんじオリジナルマルチ…
いちから株式会社が運営するVTuber / バーチャルライバーグループ「にじさんじ」は、全国のファミリーマ…
2020-07-21 06:00
【今日のすみっコぐらし】専用スティックと液晶画…
タカラトミーは、専用スティックを使って遊ぶ液晶トイ『すみっコぐらし すみっコキャッチ』(希望小売価格:5,…
2020-07-17 08:00
【今日の『レディ・オア・ノット』】来週7月15日(…
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、全米で2019年の夏に公開され、3週連続でトップ10入りし話題と…
2020-07-09 10:00
【今日のWILD】ディズニーの『アラジン』『ライオ…
ハリソン・フォードを主演に迎え、ディズニー・アニメーション『アラジン』や『ライオン・キング』などを担当した…
2020-07-03 10:00
【今日のバーキン】バーガーキング®から『スパナゲ…
バーガーキング®の株式会社ビーケージャパンホールディングスは、本日2020年6月26日(金)から、『スパナ…
2020-06-26 06:00
【今日の50%OFFのはずがさらにOFF!】本格3Dアクシ…
スマートフォンで手軽に遊べる“死にゲー”として話題の「パスカルズ・ウェイジャー」(原題:Pascal's …
2020-06-25 10:35
【今日のロボコン】『がんばれいわ!!ロボコン』第2…
タマゴ型で赤くコーティングされたボディに愛らしい眼が特徴的なドジなお手伝いロボット、「ロボコン」。1974…
2020-06-25 06:00
【今日のザコシ】Twitterで話題! ハリウッドザコ…
株式会社 明治は、冷凍食品「満足丼」シリーズのタイアップソング「きみに満足」の6月24日(水)のCD発売を…
2020-06-23 10:00
【今日の情報解禁】記憶を失った美しき姫と、彼女…
中国時代劇ドラマの大ヒット作「白華(はっか)の姫~失われた記憶と3つの愛~」DVD は、人気スターとヒット…
2020-06-12 12:00
特集
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その13 -こ…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-06-11 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その12 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-06-04 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その11 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-28 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その10 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-21 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その9 - 名…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-14 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
本連載30回で紹介した革新的FPSにして名作『Portal(ポータル)』。 パソコン(PC)、ス…
2020-04-30 22:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その8 - 沢…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-30 06:00
【面白そうなもの見つけた!】新型コロナウイルス…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-28 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その7 - 東…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-23 06:00
【面白そうなもの見つけた!】minneの母の日特集か…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-20 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
世の中には「プレミアゲーム」、もしくは「レアゲーム」なるものが存在する。 文字通り、稀少価値が付いたゲー…
2020-04-15 19:00
【今日のあつ森】『あつまれ どうぶつの森』オッサ…
2020年3月20日(金)に発売されたNintendo Switchの『あつまれ どうぶつの森』(以下、あ…
2020-04-13 19:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
高周波・高電圧を発生させる共振変圧器「テスラ・コイル」のほか、無線操縦や蛍光灯も発明し、磁束密度「テスラ」…
2020-04-09 19:30
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その6 - GW…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-09 06:00
【面白そうなもの見つけた!】神戸長田のソウルフ…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-08 06:00
【今日の捕食者】プレデターで(を)狩ってみた!…
オッサンゲーマーこと筆者も、さっそくプレデターっぷりを先行体験してきたので、日夜お忙しいのに最近なんかいろ…
2020-04-02 10:30
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その5 - そ…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-02 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
弊誌STARTTのSteamセールを特集した記事で、ほぼ必ずおすすめの1本としてピックアップされるタイトル…
2020-04-01 19:00
【面白そうなもの見つけた!】日清チキンラーメン…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-01 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その4 - も…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-03-26 06:00
Tweets by startt_staff


Page Top