検索
ランキング
▶ Home

ランキング
人気
ランキング
人気
海外のファミコン「NES」は色々な意味ですごい。「日本では発売中止になってしまったゲーム。フェリック・ザ・キャット(Felix the Cat) 」編 (第14回)

フェリックス・ザ・キャットというキャラクターをご存知だろうか? これは筆者の勝手な思い入れだが、駄菓子屋の10円ガム(当たり付き)のイメージが強い。



実は「彼」の歴史は古く、1919年に漫画家、アニメーターのオットー・メスマーによって生み出され、その後、数多くのアニメ、漫画になり、かつてはニューヨークヤンキースのイメージキャラクターになった経験もある凄い奴なのだ。



ちなみに、日本では「フェリックス」ではく「フィリックス」と呼ぶ・書くことが多い。



人気キャラクターのため、様々な版権商品が発売されてきたが、NES(海外のファミコン)もその中の一つである。



NES版は1992年、日本のゲームソフトメーカー「ハドソン」から発売された。そう、あのハドソンである。高橋名人、ボンバーマン、スターソルジャー、チャレンジャー、サラダの国のトマト姫、ファミコン版スターフォース、ナッツ&ミルク、バイナリィランド、迷宮組曲、ダンジョンエクスプローラー、桃太郎伝説、忍者ハットリくん、のハドソンである(ついつい懐かしくて羅列してしまったよ)。



しかし、フェリックス・ザ・キャットは日本では発売されなかった。ゲーム自体の完成度は決して悪くない。が、おそらくはフェリックス・ザ・キャットの日本での知名度がネックになったのだと思われる(違ったらゴメン)。



それでは紹介をしていこう!




▲確かにちょっとアメリカンな配色と演出のタイトル画面。


▲オープニングも原作を知っているとニヤりとしてしまう。


▲横スクロールゲームの王道的な面の開始演出。ワクワクしますわ。


▲マップ内にバランスよく配置されているフィリックスマークを集めていく。マリオでいうところのコインみたいなものですな。


▲敵を倒すとハートが出てくる。それを取るとフィリックス君はパワーアップ! なお、パワーアップは二段階あり、一つ取ると、星を出す力を身に着ける。


▲もう一つ取ると、フィリックス君が戦車?に。しかし、むしろ操作しにくくなっているような気もする…。


▲どこかで見かけたことがあるような、「!」ブロック。


▲各エリアは3つで構成されており、最後にはボスが。ちなみに、このボスは1−3に現れるボスだが、スプライト欠けが激しくよく見えないのよ…。

完成度は決して低くはないものの、どことなく漂う洋ゲー感。だから日本では発売が中止になってしまったのかもしれない…。




▲エリア間のインサートが個人的に好きだ。パックマンの寸劇のよう。


▲2面の舞台はエジプト。背景の象形文字が可愛いの。


▲3面は飛行機に乗り込んでのシューティングとなっている。


▲アニメではお馴染みの傘を使ったアクション。浮遊感もなかなかです。


▲4面は海。この画面構成はなんとなく同社の高橋名人の冒険島2〜4の感じ。


▲最終面はおどろおどろしい城内。最後に待ち構えるボスは?


▲愛しの彼女をさらった張本人(原作ではプロフェッサーという名前)が登場。しかし、とにかくスプライト欠けがね…。


▲ついに彼女を救出! フィリックスの旅は大円団となりました。

繰り返しになるが、このゲーム、決して完成度は低くない。むしろ数あるファミコンソフトの中では中〜上に位置するとも思うのだ。しかし、面白さの決定打が見当たらないのも事実。



おそらく日本で発売されていたとしても、大きなセールスは見込めなかっただろう。そして、レア化し、新品箱付きで23000円くらいで取引されていたような気がするのだ。




▲毎回、サムネは手作り。

今回紹介したゲーム
フェリック・ザ・キャット(Felix the Cat)
©︎1992 HUDSON SOFT
©︎FELIX THE CAT PRODUCTIONS,INC.
Licensed by Nintendo



■第15回 原作映画とほど遠いありさまがイイ!「ベストキッド(The Karate Kid)」


■第14回 10円ガムのあの猫が主役「フェリック・ザ・キャット(Felix the Cat) 」


■第13回 マーベルの隠れた人気キャラ「シルバーサーファー(Silver Surfert)」


■第12回 NES史上屈指の完成度!「キックマスター(Kick Master)」


■第11回 マリオペイントの元祖!? 「カラー・ダイナソー(Color a Dinosaur)」


■第10回 ベトナム戦争映画の名作がゲームに! 「プラトーン(Platoon)」


■第9回 おっぱいが3つのお姉さんの登場なるか!? 「トータル・リコール(Total Recall) 」


■第8回 原作映画とのギャップがスゴイ! 「プレデター(Predator) 」


■第7回 アメリカは人食いザメが好き! 「ジョーズ(JAWS)」


■第6回 エッチで脱衣で爆破という脅威の三すくみ! 「SUNDAY FUNDAY」


■第5回 君は脱出できるか? 「The Escape From Atlantis」


■第4回 謎すぎる学園ゲーム 「Ghoul School」


■第3回 マーフィーもビックリ!「バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the future)」


■第2回 ホラー映画の金字塔もこんな風に!「13日の金曜日(Friday the 13th)」


■第1回 Nintendo Entertainment System」(通称NES)のおもしろゲームを紹介連載!


2018-11-22 06:00
sukesan
2018-11-22 06:00
sukesan
この記事のURL
https://startt.jp/article/2018/11/22/54079

Page Top