検索
ランキング
▶ Home

ランキング
人気
ランキング
人気
オススメ
忍者ライターが忍者の魅力とトリビアを語るの術!/ Ninja Writer presents: The allure and trivia of the Ninja!

English follows Japanese.


みなさん、初めまして。拙者、忍者増田と申します。元々、ログイン(2008年休刊)や週刊ファミ通(刊行中)というゲーム雑誌で、忍者の格好をして編集者をやっていた忍者マニアなのですが、20年ほど前にファミ通を辞めてフリーライターとなりました。忍者的にいえば、「抜け忍」ってやつですな。

といっても実は、忍者の史実に「抜け忍」って言葉はないし、コレ造語なんですけどね。でも、『カムイ外伝』や『NARUTO』などの漫画でも使われ、すでに忍者用語として一般に浸透しているこの言葉、どんな意味かは大体わかりますよね? 間抜けな「抜けている忍者」って意味ではないですよ? いや、拙者の場合それでも合っているんですが、一般的に「抜け忍」といえば、忍者がイヤになって組織から脱走しちゃった人のことを指します。普通、「抜け忍」は許されない行為とされているので、組織から刺客が差し向けられるのが常でありますが、拙者の場合はいまだに古巣ファミ通から仕事をもらっているという、忍者としてはよくわからない状態。ありがとうファミ通。そしてこの原稿を担当してくれている吉田氏も、編集者時代の同僚だったりします。忍者はコネクションが大事!

なーんて、すでに忍者の豆知識っぽいことをひとつ語ってしまったような感じですが、拙者は今後もこちらのサイトで、大好きな「忍者」のネタを月1ペースで語っていくことになりましたので、以後、よろしくお見知りおきを……。

【写真01 cap】

▲忍者増田が、忍者の面白ネタを毎月お届けします!


闇に生まれ闇に消える忍者の美学。ファンタジーの忍者もアリアリよ


今回はまず、拙者が考える忍者の「魅力」について語ろうと思います。皆さんは、忍者の魅力ってどこにあると思いますか? 忍術を使って敵を倒したり欺いたり、窮地を脱したりなど、常人にはない卓抜した「技」に惹かれるという人が多いのではないでしょうか?

もちろん拙者も、そんな忍者の技に惹かれる者のひとりなのですが、彼らの魅力はそれだけではありません。光あるところには影があると言いますが、武士が光なら、忍者は影。武士のように表舞台には顔を出さず、忍者は裏から歴史を動かし、名も知れず死んでいく……。
そんな忍者の「生き方」が、若者風に言って「マジかっこよくね?」と思うわけです。歴史的にすげーことやっときながら、己の名声も痕跡も残さないという、職人チックな美学とでもいいますか……。戦国時代を中心とした様々な歴史的大事件の裏には、幾多もの忍者が暗躍してたんじゃねーかと考えるとワクワクしませんか?

【写真02 cap】

▲ド派手な忍術だけが忍者の魅力ではない。

そしてもうひとつ。忍者は影の職業であるがゆえに、武士などに比べて実態があまり正確にわかっていません。いくつか忍術書も残っていますが、書かれていることが全て本当かというと、いまひとつ怪しい部分もあるようです。そりゃそーなのです。外部に秘密が漏れることがないように、忍術の教授は口伝が基本だったのですから。

未知な部分が多いからこそ、「妄想」が働きます。本当は漫画みたいなすごい忍術なんて使えないことは薄々わかっていますが、「いや、もしかしたらできるんじゃね?」なんて思える余地・期待が生まれるわけです。だって証拠がないんだもん。我々の限りない想像力で、それぞれが自由に忍者の姿を創り出することができるのです。こういう部分も拙者は、忍者の大きな魅力のひとつだと思っています。

もちろん、そうして我々が想像した忍者は、史実的には正しくはないでしょう。でも、真面目に忍者の真の姿を追求することもとても素晴らしいですが、それとは別個に、ファンタジーとしての忍者を楽しんでもいいじゃあーりませんか。拙者は強くそう思います。


甲賀の読みは「こうが」じゃない!


最後に、忍者のトリビアをひとつ紹介してシメとしましょう。忍者の二大発祥の地とされる「伊賀」(三重県)と「甲賀」(滋賀県)ですが、伊賀は「いが」と読むのに対し、甲賀は「こうか」と読むということをご存じでしょうか? 地元民や忍者マニアでもない限り、「こうが」と誤読している人は結構多いです。これは、意外と知らない人も多いトリビアなので、ぜひいろんな人に話して自慢してみてください。

ちなみに茨城県民は、茨城を「いばらぎ」と誤読されると、「いばらき!」とムキになって訂正することで有名でして、拙者もそんな茨城出身者のひとりです。甲賀を「こうか」と読むことがわかっている拙者ですが、現地でうっかり「こうが」と言ってしまったことは何度もあります。でも、ムキになって「こうか!」と訂正する甲賀の人を見たことがありません。このエピソードを思い出すたびに、拙者たち茨城出身者も、甲賀忍者のように大人にならねばと自責の念にかられるのです。ニンニン。


▲甲賀駅に「KOKA STATION」の文字が!


■次回へ続くニンニン!


以下、英語バージョンです



Ninja Writer presents: The allure and trivia of the Ninja!

The following sentences are in English.


Ninja Masuda


Hi everyone, a pleasure to meet you! It is me, Ninja Masuda. A ninja maniac, who dresses up in full ninja gear. I was formerly an editor of LOGiN, which ended publication in 2008, and also from a gaming magazine called Weekly Famitsu, which is still ongoing. It has been 20 years since I left Famitsu and now I'm a freelance writer. In ninja terms, I would be classified as a “runaway ninja”.


Although, in actuality, the definition of “runaway ninja” does not exist in historical documents pertaining to Ninjas. In fact, it is a made-up word. However, since the term is largely used in pop culture works such as 「Kamui Gaiden」 and 「NARUTO」, it has become a commonly used term in the Ninja thesaurus. As for the meaning, I'm sure you roughly know about it, right? Just to be sure, it does not mean “an idiotic ninja who went missing”, well, it might very well fit my description but that's not the point. Generally speaking, a “runaway ninja” is a ninja who has left his clan because he doesn't want to be one anymore. Normally, a “runaway ninja” would have been marked for death, having assassins sent against him by his clan for committing an unforgivable offense. However, in a case such as I, whom despite being a ninja, is still being provided jobs from my former clan Famitsu. A bit of an unusual situation, isn't it? I give you my gratitude, Famitsu. As for Yoshida-san who is the overseer of this article, he is a fellow colleague from my early days as an editor. You see, interpersonal connections are very important for a ninja!


Well it seems like I have divulged some key trivia and insight about Ninjas already, which is what I intent to do! So in this website, I will be covering something interesting about the lovely world of Ninjas in a monthly entry, thus be sure stay tuned!

【写真01 cap】

▲The venerable Ninja Masuda will be sharing fascinating insights of the world of Ninjas with us every month!

Born from darkness, fade into darkness. Aesthetics of the Ninja.

The ninjas of fantasy might be real!


In this entry, I will be talking about what I think is the alluring nature of the ninja. So what makes the ninja so interesting? Using ninjutsu to defeat enemies, deceiving fools and getting out of sticky situations, for many people, these fantastical exploits are what makes the ninja so special I suppose.


Well of course, even someone such as I, was charmed by these fantastical techniques, but that's not all. It is said that where there is light, there must be shadow, and if the samurai are considered light, then the ninja is the shadow. In contrast to the samurai, ninjas operate behind the scenes, influencing history without showing their faces, and perish namelessly in the shadows. This “way of living” of the ninja, if I were to word it like the modern generation, would be “this is so awesome!”. To influence history while not leaving any traces nor seeking any fame. Maybe the intrinsic beauty of this lifestyle is what all professionals seek. The notion that countless ninjas had operated in the shadows, secretively manipulating historical events centered around the Sengoku Era, just thinking about it is exciting, huh?

【写真02 cap】

▲Cool and flashy ninjutsu isn't the only fascinating thing about the ninja.

A ninja's task is shrouded in the shadows, therefore the true nature of their work isn't as fully understood as compared to the samurai. Even though several ninjutsu tomes have been left behind, whether all of the things written in them are all true remains to be seen, there are even some parts that are fairly strange. That is, of course, a given however. To prevent any classified information from leaking out, ninjutsu practitioners are to basically teach by oral instruction only.


It is because there are still many things unknown about them that fantastical assumptions started to come around. All of us sort of knew that all the cool manga-like techniques can't possibly be applicable in real life but, expectation of the unknown has led to us thinking, “what if they actually can be used?”. Well there aren't any proof that says otherwise, right? With our limitless imagination, each and every one of us can freely create our own idealized image of a ninja. That, I think, is also part of what largely makes ninjas so fascinating to me.


But of course, the ninjas that we imagine are by no means accurate to their true historical counterparts. To earnestly pursue the true embodiment of the ninja is wonderful and all but putting that aside, I, for one, strongly think it is equally as wonderful to take joy in interpreting ninjas as a fantasy.


甲賀(Kouka) is not read as “Kouga”!


Lastly, I would like to close out this entry by offering a little bit of a ninja trivia. The two great birthplaces of the ninja are definitely known as Iga from the Mie Prefecture and Koga from the Shiga Prefecture. While Iga is read as such, Koga is actually read as “Koka”. Surprisingly, not many people know of this little trivia, unless you're a local or a ninja maniac, it is fairly common to find people misreading it as “Koga”. So do share this knowledge with people you know and be proud of yourself.


Incidentally, here's something the locals from Ibaraki Prefecture are very well known for. If they were to hear you misread Ibaraki as “Ibaragi”, you will find yourself be insistently corrected to read it as “Ibaraki”. I know this because I am from Ibaraki myself. Well, even though I know of the proper way to read “Koka”, I found myself accidently misreading it as “Koga” several times while in the area. However, I have yet to meet anyone from Koka that would insistently correct my mistake. Recalling this little episode of mine, seems like we from Ibaraki should learn to be gracious and humble like the Ninjas of Koka.


▲The Koka Station sign was right all along!

to be continue...


2018-11-15 09:00
忍者増田
2018-11-15 09:00
忍者増田
この記事のURL
https://startt.jp/article/2018/11/15/53771

編集部おすすめ記事
【今日のスタート】「激辛グルメ祭り2019」開幕TVC…
2019年8月7日(水)より新宿・歌舞伎町大久保公園特設会場にて開催の『激辛グルメ祭り2019』。激辛グル…
2019-07-23 12:45
令和最初の夏休みは『那須りんどう湖レイクビュー…
この夏、那須高原唯一の湖を中心に自然と動物にふれあえるワンダーランド『那須りんどう湖レイクビュー』に新しい…
2019-07-21 16:30
PSVR『ライアン・マークス リベンジミッション』序…
PlayStation VR屈指の名作と評判の『ライアン・マークス リベンジミッション』。PlayStat…
2019-07-20 23:20
【連載】忍者増田の忍者コラム ゲームに登場する忍…
この記事には日本語版と英語版があります。お好みの言語をお選びください。 This article is …
2019-07-20 12:00
本日よりAmazon Prime Musicにエイベックスのアー…
本日(2019年7月20日(土))より、Amazonプライム会員なら追加料金なしで楽しめる「Amazon …
2019-07-20 12:00
【映画レビュー】『天気の子』:挑戦し続ける新海…
劇場アニメを中心にお送りしている映画レビュー。17回目となる今回は、『秒速5センチメートル』、『言の葉の庭…
2019-07-19 18:55
【夏休み】「東京金魚ワンダーランド2019」東京・…
東京・墨田区のすみだ水族館にて開催されている「東京金魚ワンダーランド2019」に行ってきました。 ■…
2019-07-19 18:30
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
本連載はこれまで、現行の家庭用ゲーム機で発売されたタイトルを中心にピックアップしてきたが、そろそろここでス…
2019-07-17 19:00
海外のファミコン「NES」は色々な意味ですごい。「…
ゴースタバスターズ といえば、言わずとも知れた1984年公開の大ヒット映画だ。その人気にあやかりファミコン…
2019-07-17 19:00
【今日のエナジーは足りてるか?】7月30日(火)新発…
7月30日(火)にコンビニエンスストア限定で発売される『モンスターエナジー ボトル缶500ml』。STAR…
2019-07-17 16:30
【速報】令和ライダー1作目は『仮面ライダーゼロワ…
令和仮面ライダー(令和ライダー)の記念すべき1作目のタイトルが『仮面ライダーゼロワン』と発表されました。2…
2019-07-17 12:30
【攻略】いまから始める『Bloodstained: Ritual of…
DICO株式会社と株式会社ArtPlayが開発し505GAMESが販売を行う、話題の2DアクションRPG『…
2019-07-16 20:30
埼玉県民必見!Hi-Hi岩崎のッッ!! ROCK HEAD GAM…
  今回、RHG初のドッキリ企画! 「名探偵ピカチュウ」を観たいというHi-Hi岩崎(ガン…
2019-07-15 21:00
【今日のスタート】『横浜髙島屋ビアガーデン 星空…
横浜髙島屋では、本日2019年7月12日(金)より、期間限定で『横浜髙島屋ビアガーデン 星空GRILL』を…
2019-07-12 20:25
【今日の優勝賞金16,000ドル】8ヶ国が競う『Chess …
最新オートバトラーゲーム『Chess Rush』の新たなeSportsイベント「グローバルスターチャレンジ…
2019-07-12 12:00
鬼邪高校が舞台の新作ドラマ『HiGH&LOW THE WORST…
EXILE TRIBEが仕掛ける、男たちの友情と熱き闘いを描く総合エンターテインメント『HiGH&…
2019-07-11 23:30
【今日のスパイダーマン・スーツ】PS4の「スパイダ…
ただいま大絶賛公開中の映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」。世界興行収入が10日間で約620億円…
2019-07-11 17:30
「横浜アンパンマンこどもミュージアム」のオープ…
2019年7月7日(日)、横浜駅東口から徒歩10分の新施設にてリニューアルオープンした「横浜アンパンマンこ…
2019-07-11 17:00
海外のIT教育がすごい!子供でも組み立てるパソコ…
英国のロンドンで拠点とするベンチャー会社Kano Computingがマイクロソフトと提携し、Window…
2019-07-10 17:00
【今日の激辛】『激辛グルメ祭り2019』出店店舗確…
激辛グルメ祭り実行委員会は、日本最大の激辛グルメの祭典『激辛グルメ祭り2019』を、2019年8月7日(水…
2019-07-10 12:30
特集
【今日のスタート】「Screen@Shinjuku Central Pa…
小田急電鉄は高層ビル群の夜景とともに観覧無料で映画をお楽しみいただけるイベント「Screen@Shinju…
2019-07-24 02:05
【今日のスタート】「第48回 神楽坂まつり」本日7…
「第48回 神楽坂まつり」が本日2019年7月24日(水)~27日(土)の4日間にわたって開催します。 …
2019-07-24 02:00
【今日のスタート】「ウルトラマンフェスティバル2…
今年で29回目の東京開催となる夏休みイベント「ウルトラマンフェスティバル2019」が本日2019年7月19…
2019-07-19 05:55
【今日のスタート】「特別展りぼん 250万りぼんっ…
「特別展りぼん 250万りぼんっ子大増刊号」が新宿高島屋(タカシマヤ)の11階特設会場にて本日2019年7…
2019-07-18 05:30
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
本連載はこれまで、現行の家庭用ゲーム機で発売されたタイトルを中心にピックアップしてきたが、そろそろここでス…
2019-07-17 19:00
【今日のスタート】「駒沢オクトーバーフェスト201…
ドイツビールの祭典「駒沢オクトーバーフェスト2019」が駒沢オリンピック公園にて本日7月12日(金)~21…
2019-07-12 06:50
【今日のスタート】「東京金魚ワンダーランド2019…
東京・墨田区にあるすみだ水族館にて懐かしさを感じながら金魚鑑賞を体験できる「東京金魚ワンダーランド2019…
2019-07-12 06:15
【今日のスタート】神奈川県川崎市・アトレ川崎に…
神奈川県川崎市にある商業施設、アトレ川崎がカレー色に染まるグルメイベント「華麗なるカレーカーニバル」が本日…
2019-07-12 05:50
クラナド、ルーンファクトリー3、ピエール瀧さん差…
2019年7月に発売する注目ゲームタイトルをSTARTT編集部でピックアップしました! 7月に何を買うか迷…
2019-07-03 05:00
「キンプリ」「プリリズRL」を完走したあなたへ……"…
ついに本日最終回を迎える『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』(キンプリS…
2019-07-01 17:00
【映画レビュー】『きみと、波にのれたら』:片寄…
劇場アニメを中心にお送りしている映画レビュー。16回目となる今回は、湯浅政明監督最新作、GENERATIO…
2019-06-21 18:45
不惑越え男子の昆虫記:その17「1つの冬を越えて」…
はじめましての方ははじめまして。以前からお読みいただいていた方は大変お久しぶりでございます。何故か昨年夏か…
2019-06-19 06:00
【映画レビュー】『青春ブタ野郎はゆめみる少女の…
劇場アニメを中心にお送りしている映画レビュー。15回目となる今回は、鴨志田一氏が手掛ける電撃文庫より刊行中…
2019-06-16 18:50
【映画レビュー】『ガールズ&パンツァー 最終章 …
劇場アニメを中心にお送りしている映画レビュー。14回目となる今回は、大人気美少女ミリタリーアニメシリーズの…
2019-06-15 18:40
【東京おもちゃショー2019】ソニーのロボットトイ…
6月13日(木)、ソニーインタラクティブエンタテインメントは、子供の創意工夫を引き出すロボットトイ「toi…
2019-06-14 09:20
【ガルパン】アンツィオ VS 聖グロ!? 逸見エリカが…
いよいよ2019年6月15日(土)に公開が迫った『ガールズ&パンツァー 最終章 第2話』。 全6話を…
2019-06-14 05:20
【今日のスタート】『そばと日本酒の博覧会 大江戸…
本日より、代々木公園イベント広場で『そばと日本酒博覧会 大江戸和宴2019』が開催されます。同イベントは、…
2019-06-12 06:00
【速報】 『Nintendo Direct(ニンテンドーダイレク…
本日6月12日(水)、1:00から放送された『Nintendo Direct E3 2019』の情報をまと…
2019-06-12 01:50
【今日のスタート】「ウォッチドッグス レギオン(…
本日午前5時から開催された「ユービーアイソフト カンファレンス 2019 」で、「ウォッチドッグス レギオ…
2019-06-11 05:30
【今日のスタート】明日11日(火)のE3カンファレン…
世界最大のゲームショーE3(Electronic Entertainment Expo)が現在開催中です。…
2019-06-10 20:00



Page Top