検索
ランキング
▶ Home

ランキング
読まれてます
ランキング
読まれてます
オススメ
忍者ライターが忍者の魅力とトリビアを語るの術!/ Ninja Writer presents: The allure and trivia of the Ninja!

English follows Japanese.


みなさん、初めまして。拙者、忍者増田と申します。元々、ログイン(2008年休刊)や週刊ファミ通(刊行中)というゲーム雑誌で、忍者の格好をして編集者をやっていた忍者マニアなのですが、20年ほど前にファミ通を辞めてフリーライターとなりました。忍者的にいえば、「抜け忍」ってやつですな。

といっても実は、忍者の史実に「抜け忍」って言葉はないし、コレ造語なんですけどね。でも、『カムイ外伝』や『NARUTO』などの漫画でも使われ、すでに忍者用語として一般に浸透しているこの言葉、どんな意味かは大体わかりますよね? 間抜けな「抜けている忍者」って意味ではないですよ? いや、拙者の場合それでも合っているんですが、一般的に「抜け忍」といえば、忍者がイヤになって組織から脱走しちゃった人のことを指します。普通、「抜け忍」は許されない行為とされているので、組織から刺客が差し向けられるのが常でありますが、拙者の場合はいまだに古巣ファミ通から仕事をもらっているという、忍者としてはよくわからない状態。ありがとうファミ通。そしてこの原稿を担当してくれている吉田氏も、編集者時代の同僚だったりします。忍者はコネクションが大事!

なーんて、すでに忍者の豆知識っぽいことをひとつ語ってしまったような感じですが、拙者は今後もこちらのサイトで、大好きな「忍者」のネタを月1ペースで語っていくことになりましたので、以後、よろしくお見知りおきを……。

【写真01 cap】

▲忍者増田が、忍者の面白ネタを毎月お届けします!


闇に生まれ闇に消える忍者の美学。ファンタジーの忍者もアリアリよ


今回はまず、拙者が考える忍者の「魅力」について語ろうと思います。皆さんは、忍者の魅力ってどこにあると思いますか? 忍術を使って敵を倒したり欺いたり、窮地を脱したりなど、常人にはない卓抜した「技」に惹かれるという人が多いのではないでしょうか?

もちろん拙者も、そんな忍者の技に惹かれる者のひとりなのですが、彼らの魅力はそれだけではありません。光あるところには影があると言いますが、武士が光なら、忍者は影。武士のように表舞台には顔を出さず、忍者は裏から歴史を動かし、名も知れず死んでいく……。
そんな忍者の「生き方」が、若者風に言って「マジかっこよくね?」と思うわけです。歴史的にすげーことやっときながら、己の名声も痕跡も残さないという、職人チックな美学とでもいいますか……。戦国時代を中心とした様々な歴史的大事件の裏には、幾多もの忍者が暗躍してたんじゃねーかと考えるとワクワクしませんか?

【写真02 cap】

▲ド派手な忍術だけが忍者の魅力ではない。

そしてもうひとつ。忍者は影の職業であるがゆえに、武士などに比べて実態があまり正確にわかっていません。いくつか忍術書も残っていますが、書かれていることが全て本当かというと、いまひとつ怪しい部分もあるようです。そりゃそーなのです。外部に秘密が漏れることがないように、忍術の教授は口伝が基本だったのですから。

未知な部分が多いからこそ、「妄想」が働きます。本当は漫画みたいなすごい忍術なんて使えないことは薄々わかっていますが、「いや、もしかしたらできるんじゃね?」なんて思える余地・期待が生まれるわけです。だって証拠がないんだもん。我々の限りない想像力で、それぞれが自由に忍者の姿を創り出することができるのです。こういう部分も拙者は、忍者の大きな魅力のひとつだと思っています。

もちろん、そうして我々が想像した忍者は、史実的には正しくはないでしょう。でも、真面目に忍者の真の姿を追求することもとても素晴らしいですが、それとは別個に、ファンタジーとしての忍者を楽しんでもいいじゃあーりませんか。拙者は強くそう思います。


甲賀の読みは「こうが」じゃない!


最後に、忍者のトリビアをひとつ紹介してシメとしましょう。忍者の二大発祥の地とされる「伊賀」(三重県)と「甲賀」(滋賀県)ですが、伊賀は「いが」と読むのに対し、甲賀は「こうか」と読むということをご存じでしょうか? 地元民や忍者マニアでもない限り、「こうが」と誤読している人は結構多いです。これは、意外と知らない人も多いトリビアなので、ぜひいろんな人に話して自慢してみてください。

ちなみに茨城県民は、茨城を「いばらぎ」と誤読されると、「いばらき!」とムキになって訂正することで有名でして、拙者もそんな茨城出身者のひとりです。甲賀を「こうか」と読むことがわかっている拙者ですが、現地でうっかり「こうが」と言ってしまったことは何度もあります。でも、ムキになって「こうか!」と訂正する甲賀の人を見たことがありません。このエピソードを思い出すたびに、拙者たち茨城出身者も、甲賀忍者のように大人にならねばと自責の念にかられるのです。ニンニン。


▲甲賀駅に「KOKA STATION」の文字が!


■次回へ続くニンニン!


以下、英語バージョンです



Ninja Writer presents: The allure and trivia of the Ninja!

The following sentences are in English.


Ninja Masuda


Hi everyone, a pleasure to meet you! It is me, Ninja Masuda. A ninja maniac, who dresses up in full ninja gear. I was formerly an editor of LOGiN, which ended publication in 2008, and also from a gaming magazine called Weekly Famitsu, which is still ongoing. It has been 20 years since I left Famitsu and now I'm a freelance writer. In ninja terms, I would be classified as a “runaway ninja”.


Although, in actuality, the definition of “runaway ninja” does not exist in historical documents pertaining to Ninjas. In fact, it is a made-up word. However, since the term is largely used in pop culture works such as 「Kamui Gaiden」 and 「NARUTO」, it has become a commonly used term in the Ninja thesaurus. As for the meaning, I'm sure you roughly know about it, right? Just to be sure, it does not mean “an idiotic ninja who went missing”, well, it might very well fit my description but that's not the point. Generally speaking, a “runaway ninja” is a ninja who has left his clan because he doesn't want to be one anymore. Normally, a “runaway ninja” would have been marked for death, having assassins sent against him by his clan for committing an unforgivable offense. However, in a case such as I, whom despite being a ninja, is still being provided jobs from my former clan Famitsu. A bit of an unusual situation, isn't it? I give you my gratitude, Famitsu. As for Yoshida-san who is the overseer of this article, he is a fellow colleague from my early days as an editor. You see, interpersonal connections are very important for a ninja!


Well it seems like I have divulged some key trivia and insight about Ninjas already, which is what I intent to do! So in this website, I will be covering something interesting about the lovely world of Ninjas in a monthly entry, thus be sure stay tuned!

【写真01 cap】

▲The venerable Ninja Masuda will be sharing fascinating insights of the world of Ninjas with us every month!

Born from darkness, fade into darkness. Aesthetics of the Ninja.

The ninjas of fantasy might be real!


In this entry, I will be talking about what I think is the alluring nature of the ninja. So what makes the ninja so interesting? Using ninjutsu to defeat enemies, deceiving fools and getting out of sticky situations, for many people, these fantastical exploits are what makes the ninja so special I suppose.


Well of course, even someone such as I, was charmed by these fantastical techniques, but that's not all. It is said that where there is light, there must be shadow, and if the samurai are considered light, then the ninja is the shadow. In contrast to the samurai, ninjas operate behind the scenes, influencing history without showing their faces, and perish namelessly in the shadows. This “way of living” of the ninja, if I were to word it like the modern generation, would be “this is so awesome!”. To influence history while not leaving any traces nor seeking any fame. Maybe the intrinsic beauty of this lifestyle is what all professionals seek. The notion that countless ninjas had operated in the shadows, secretively manipulating historical events centered around the Sengoku Era, just thinking about it is exciting, huh?

【写真02 cap】

▲Cool and flashy ninjutsu isn't the only fascinating thing about the ninja.

A ninja's task is shrouded in the shadows, therefore the true nature of their work isn't as fully understood as compared to the samurai. Even though several ninjutsu tomes have been left behind, whether all of the things written in them are all true remains to be seen, there are even some parts that are fairly strange. That is, of course, a given however. To prevent any classified information from leaking out, ninjutsu practitioners are to basically teach by oral instruction only.


It is because there are still many things unknown about them that fantastical assumptions started to come around. All of us sort of knew that all the cool manga-like techniques can't possibly be applicable in real life but, expectation of the unknown has led to us thinking, “what if they actually can be used?”. Well there aren't any proof that says otherwise, right? With our limitless imagination, each and every one of us can freely create our own idealized image of a ninja. That, I think, is also part of what largely makes ninjas so fascinating to me.


But of course, the ninjas that we imagine are by no means accurate to their true historical counterparts. To earnestly pursue the true embodiment of the ninja is wonderful and all but putting that aside, I, for one, strongly think it is equally as wonderful to take joy in interpreting ninjas as a fantasy.


甲賀(Kouka) is not read as “Kouga”!


Lastly, I would like to close out this entry by offering a little bit of a ninja trivia. The two great birthplaces of the ninja are definitely known as Iga from the Mie Prefecture and Koga from the Shiga Prefecture. While Iga is read as such, Koga is actually read as “Koka”. Surprisingly, not many people know of this little trivia, unless you're a local or a ninja maniac, it is fairly common to find people misreading it as “Koga”. So do share this knowledge with people you know and be proud of yourself.


Incidentally, here's something the locals from Ibaraki Prefecture are very well known for. If they were to hear you misread Ibaraki as “Ibaragi”, you will find yourself be insistently corrected to read it as “Ibaraki”. I know this because I am from Ibaraki myself. Well, even though I know of the proper way to read “Koka”, I found myself accidently misreading it as “Koga” several times while in the area. However, I have yet to meet anyone from Koka that would insistently correct my mistake. Recalling this little episode of mine, seems like we from Ibaraki should learn to be gracious and humble like the Ninjas of Koka.


▲The Koka Station sign was right all along!

to be continue...


2018-11-15 09:00
忍者増田
2018-11-15 09:00
忍者増田
この記事のURL
https://startt.jp/article/2018/11/15/53771


編集部おすすめ記事
【今日の『レディ・オア・ノット』】来週7月15日(…
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、全米で2019年の夏に公開され、3週連続でトップ10入りし話題と…
2020-07-09 10:00
【今日のWILD】ディズニーの『アラジン』『ライオ…
ハリソン・フォードを主演に迎え、ディズニー・アニメーション『アラジン』や『ライオン・キング』などを担当した…
2020-07-03 10:00
【今日のバーキン】バーガーキング®から『スパナゲ…
バーガーキング®の株式会社ビーケージャパンホールディングスは、本日2020年6月26日(金)から、『スパナ…
2020-06-26 06:00
【今日の50%OFFのはずがさらにOFF!】本格3Dアクシ…
スマートフォンで手軽に遊べる“死にゲー”として話題の「パスカルズ・ウェイジャー」(原題:Pascal's …
2020-06-25 10:35
【今日のロボコン】『がんばれいわ!!ロボコン』第2…
タマゴ型で赤くコーティングされたボディに愛らしい眼が特徴的なドジなお手伝いロボット、「ロボコン」。1974…
2020-06-25 06:00
【今日のザコシ】Twitterで話題! ハリウッドザコ…
株式会社 明治は、冷凍食品「満足丼」シリーズのタイアップソング「きみに満足」の6月24日(水)のCD発売を…
2020-06-23 10:00
【今日の情報解禁】記憶を失った美しき姫と、彼女…
中国時代劇ドラマの大ヒット作「白華(はっか)の姫~失われた記憶と3つの愛~」DVD は、人気スターとヒット…
2020-06-12 12:00
【今日の翼をさずける試飲レポート】6月16日(火)全…
エナジードリンク・ブランドのレッドブルは、レッドブル・エナジードリンクの新しいフレーバー『レッドブル・エナ…
2020-06-11 17:00
【今日の覚醒】『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 …
ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントは、本日6月10日(水)、映画『ハ…
2020-06-10 06:00
【今日のウルトラパラダイス試飲レポート】6月30日…
モンスターエナジーの新商品『モンスター ウルトラパラダイス』が6月30日(火)に発売されるのを記念し、「R…
2020-06-10 06:00
【今日のマスク】大好評『西川の100回洗えるマスク…
西川株式会社は新型コロナウイルスの感染拡大を機にマスクの生産・販売をおこなっており、4月末より発売した「西…
2020-06-09 12:30
【今日のワッパー】大好評につき第2弾実施決定! …
株式会社ビーケージャパンホールディングスは、明日2020年6月5日(金)より、テイクアウト限定で、『テリヤ…
2020-06-04 06:00
【今日のいよいよ発売】戦時下の人々をユーモアを…
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、第92回アカデミー賞®で作品賞をはじめとする6部門にノミネートさ…
2020-06-03 10:00
【今日のバーキン】バーガーキング®が兵庫県内に新…
株式会社ビーケージャパンホールディングスは、本日2020年6月1日(月)に兵庫県神戸市にバーガーキング®「…
2020-06-01 06:00
【今日のガッデム】超絶かわいい!フリフリ姿の蝶…
株式会社ダスキンが展開する害虫駆除・総合衛生管理サービスのターミニックス事業は、本日2020年6月1日(月…
2020-06-01 04:00
【今日の「ほぼ日」】「HOBONICHI MOTHER PROJECT…
2020年4月30日(木)にはじまった「HOBONICHI MOTHER PROJECT」では、糸井重里(…
2020-05-27 12:30
【今日の映像解禁】戦時下の人々をユーモアを交え…
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、第92回アカデミー賞®で作品賞をはじめとする6部門にノミネートさ…
2020-05-27 10:00
【今日のフリトレー】日本が誇るわさび、七味唐辛…
ジャパンフリトレー株式会社は、日本三大七味のひとつとして知られる長野の老舗「八幡屋礒五郎」とコラボレーショ…
2020-05-25 06:00
【今週の無料配信】『おうちでアニメシアターを楽…
「ABEMA」は、特別企画『おうちでアニメシアターを楽しもう!劇場版アニメ祭り』第2弾として、2020年5…
2020-05-25 06:00
【今日の覚醒】『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 …
ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントは、本日5月22日(金)より映画『…
2020-05-22 12:00
特集
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その13 -こ…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-06-11 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その12 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-06-04 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その11 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-28 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その10 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-21 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その9 - 名…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-14 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
本連載30回で紹介した革新的FPSにして名作『Portal(ポータル)』。 パソコン(PC)、ス…
2020-04-30 22:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その8 - 沢…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-30 06:00
【面白そうなもの見つけた!】新型コロナウイルス…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-28 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その7 - 東…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-23 06:00
【面白そうなもの見つけた!】minneの母の日特集か…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-20 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
世の中には「プレミアゲーム」、もしくは「レアゲーム」なるものが存在する。 文字通り、稀少価値が付いたゲー…
2020-04-15 19:00
【今日のあつ森】『あつまれ どうぶつの森』オッサ…
2020年3月20日(金)に発売されたNintendo Switchの『あつまれ どうぶつの森』(以下、あ…
2020-04-13 19:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
高周波・高電圧を発生させる共振変圧器「テスラ・コイル」のほか、無線操縦や蛍光灯も発明し、磁束密度「テスラ」…
2020-04-09 19:30
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その6 - GW…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-09 06:00
【面白そうなもの見つけた!】神戸長田のソウルフ…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-08 06:00
【今日の捕食者】プレデターで(を)狩ってみた!…
オッサンゲーマーこと筆者も、さっそくプレデターっぷりを先行体験してきたので、日夜お忙しいのに最近なんかいろ…
2020-04-02 10:30
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その5 - そ…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-02 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
弊誌STARTTのSteamセールを特集した記事で、ほぼ必ずおすすめの1本としてピックアップされるタイトル…
2020-04-01 19:00
【面白そうなもの見つけた!】日清チキンラーメン…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-01 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その4 - も…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-03-26 06:00
Tweets by startt_staff


Page Top