検索
ランキング
▶ Home

ランキング
のむけんラストラン!横井初のチャンピオン戴冠で終わった2018年D1グランプリ最終戦

11月3日(土)、お台場・特設会場にて2018D1グランプリ最終戦が行われ、5年ぶりに決勝進出した内海彰乃(DIXCEL TOYO TIRES)見事初優勝!



▲ガッツポーズをする内海。またシリーズチャンピオンには横井昌志(D-MAX)が初めてその王座を戴冠し、初のシリーズチャンピオンに輝いた。


▲左からシリーズ2位の川畑、1位横井、3位末永(直)

■横井優位で迎えた最終戦
3月31日に大阪・舞洲で開幕した2018年のD1グランプリ。4年ぶりのオートポリス開催、そして初の北海道上陸とD1史上もっとも大規模なD1サーカスも、いよいよ大詰め。振り返ると、筑波戦以外、横井はつねに表彰台に立ち上がる好調さをみせつけ「単走3位でチャンピオン決定」という圧倒的有利な状況で最終戦を迎えた。



▲チャンピオンが見えている横井

また、最終戦でD1から引退する選手やチームの姿も。D1黎明期から18年間走り続けてきた野村謙にとって、このお台場がラストラン。会場では「ありがとう」と書かれた黄色い小旗が配られ、開場前からお別れのムードが漂っていた。



▲のむけんの愛称で親しまれてきた野村


▲会場で配られた小旗

また16年に渡り活躍した「広島トヨタ Team DRoo-P」も今シーズンでD1撤退を表明。広島トヨタと書かれたパンダカラーのAE85、GT86の姿も見納めとなった。


■3位以内で横井チャンピオン決定
予選は行われず、いきなり単走決勝となった今回のお台場最終戦。練習走行が行われた午前中は汗ばむほどの秋晴れであったが、単走決勝が始まる頃は雲がたちこめ路面温度が急変。この路面状況に各選手が苦しんだ。
トップバッターは野村。スピードこそないものの白煙番長の名は未だ健在。ゴールするや会場からは大歓声が巻き起こった。



▲ER34を駆る野村

その後、各選手が飛び出していくものの、低い路面温度に対応できずフロントグリップが逃げてしまうクルマが続出。その中には、16年に渡り参戦し、今シーズンでD1を撤退する「広島トヨタ Team DRoo-P」2台の姿も。結果、DRoo-Pの2台は単走で敗退した。



▲美しい86の姿もこれで見納め

単走は、序盤に田中省己(SEIMI STYLE DRIFT TOYO TIRES)がアグレッシヴながらもスムースなドリフトをみせて98.55を叩き出し、暫定トップに躍り出ると、その点数を超えるものがいないまま、トップ3の走行を迎えた。



▲田中省己

まずは末永直登(Team ORANGE)が、金曜日の練習走行中、左手を負傷するトラブルに見舞われながらもダイナミックな走りを魅せて98.61を獲得しボードを塗り替える。



▲末永直登

続く2018年の単走王を決めている川畑が今年を締めくくるダイナミックな走りで99点台。しかしインカットしたため、2点減点され97.23と8番手。



▲川畑真人

残るはチャンピオンに一番近い男の横井昌志。ここで98.49を超えれば、3位に入りチャンピオン確定となるところ、安全マージンたっぷりの走りで点数が伸びず98.31と4番手。ここで末永直登の単相優勝が決定。シリーズチャピオン決定は追走トーナメントへと持ち込まれた。


■波乱の最終戦を制したのはベテラン内海
追走トーナメントは、末永直登が勝った瞬間に横井のシリーズチャンピオン獲得が決まる第一試合から波乱が起きた。末永の相手は内海彰乃(DIXCEL TOYO TIRES)。過去の対戦成績から見ても末永有利と思われ、もはや横井への祝賀ムードが漂う中、末永がまさかのミスで敗退。横井のチャンピオン獲得は一旦お預けとなる。



▲末永VS内海

続いて川畑と若手・小橋正典(Team ORANGE)の戦い。小橋は第6戦のエビスで自身初勝利を飾るなど、確実な成長を遂げており、川畑としても気の抜けない相手。川畑先行の1本目は、マシンの圧倒的な差をみせつけて大きく引き離すも、2本めに駆動系にトラブル発生しリタイア。この瞬間、横井の2018年チャンピオンが決まった。



▲力なく走る川畑

ライバルがいなくなった横井。ここで勝利してシーズンを終えたいところ。しかし準決勝まさかの内海に対して後追いの2セクターでミスをし敗退してしまう。



▲内海VS横井

3位決定戦に進んだ横井は、北岡裕輔(TEAM MORI パーツオフ)との戦いで貫禄をみせつけて勝利。辛くも表彰台に登壇した。



▲横井VS北岡

決勝は内海対末永正雄。今シーズン1勝もしていないD1を代表するチームTOYO TIRES GLION TRUST RACINGとしては、何が何でも勝ってシーズンを締めくくりたいところだ。その対戦は長時間にわたる判定の結果、内海に軍配。見事、自身初勝利の栄光を掴んだ。



▲内海VS末永

■のむけんらしいラストラン
追走トーナメント終了後、野村の引退セレモニーが行われた。会場には支配人の愛称で親しまれるTeam ORANAGE代表の熊久保が登場。野村との追走を行うとのアナウンスに会場は一気にヒートアップする。まずは野村の単走ラストラン。スタンドからは小さな小旗が振られる中、照明に照らされた黄色のマシンからは、白煙が立ち上る。まさに白煙番長の走りだ。



▲この走りが野村のラストランとなった。


しかし、途中で駆動系にトラブルが発生しマシンストップ。あまりのことに静まり返る会場。野村も車から降りるや、がっくりと地面に膝をつけて茫然自失。



▲膝を落とす野村

そこにやってきたのは熊久保。野村は熊久保のマシンに乗り込むと、身を乗り出してスタンドに手を振った。その後、熊久保はそれぞれのスタンドの前でドーナツターン。最後に選手たちによる胴上げで、野村の18年にわたる現役時代は幕をおろした。



▲胴上げされる野村

2018-11-07 06:00
栗原 祥光
2018-11-07 06:00
栗原 祥光
この記事のURL
https://startt.jp/article/2018/11/07/54011

Page Top