検索
ランキング
▶ Home

ランキング
【今日のスタート】ノートPC風バイリンガル知育玩具「バイリンガル・にこにこ!パソコン」11月上旬発売!

世界大手のおもちゃメーカー、マテルから子供専用のノートPC風の知育玩具「バイリンガル・にこにこ!パソコン」が11月上旬に発売されます。


■バイリンガル・にこにこ!パソコン


 

「バイリンガル・にこにこ!パソコン」は、パソコンの形をした知育玩具で、40以上の歌やメロディーとともに色や形、数字を日本語と英語で学ぶことができるとのこと。



パソコンのキーボード面にある形が描かれたページをめくると歌やおしゃべりが流れて色や形の名前を教えてくれたり、ボタンを押すと英語で数字を数えたり、バイリンガルな言葉の発達を促します。また、ハッシュタグやメロディースライダーなど、押したりスライドしたりすると様々なメロディーやおしゃべりが聞こえて、お子様の成長を刺激する指遊びを促す仕掛けが盛りだくさんです。



▲パソコンのキーボード面にあるハッシュタグボタンを押したりメロディースライダーをスライドしたり、そのほかを回したりめくったりと、自然と6カ月以上の お子様の成長発達に必要な指遊びを楽しむことができます。


▲フリップをめくると歌やおしゃべりが流れて色や形の名前を教えてくれます。また、ボタンを押すと10まで数えたりアルファベットをおしゃべりして楽しく数字を学べます。


【STARTT’s POV スタート視点】
甥っ子への今年のクリスマスプレゼントはこれにキマリ!


筆者であるワタクシには、今年2歳になる甥っ子がおりまして。誕生した瞬間からスター・ウォーズのヨーダのぬいぐるみを贈るほど、がっつり英才教育を徹底しております。ヨーダのぬいぐるみに噛みついていた彼もいまやスマホ、タブレットをいじるように立派に成長中。
ですが、そこで懸念していたのが"パソコン"の存在。


スマホ、タブレットはいじれるけどパソコンは使えない、なんて新社会人の話題がありましたけど、まさにそれ。


幼少の頃から、スマホ、タブレットだけではなく、パソコンにも触れさせたいなぁと。


文部科学省が2020年から小学校でのプログラム教育が必須化を検討していますし。


この記事を読んでくださってるパパママ読者さんならおわかりのように、ITを学ぶ、ITで働くとなったとき、目の前に置かれるのはスマホ・タブレットじゃなくて、パソコンなんです。


なので甥っ子には、幼い頃からパソコンに触れさせてパソコン・アレルギーなんてフリーにしておきたいんです。


そこに「バイリンガル・にこにこ!パソコン」のリリースを見つけて、筆者もにこにこ!なのであります。


ぜひ、マテル社の皆さんには本製品を皮切りに、年齢ごとの難度で簡単なプログラミングでゲームやアプリが開発できる(まねごとができる)「にこにこ!パソコン」シリーズを作っていただきたい! と思ったりしちゃったりして!


たまにリリース本文よりPOVの原稿のほうが長いことがあるのも弊誌のウリです。ここまで読んでいただき、ありがとうございます!(笑)


TAKE MY MONEY!


商品名:バイリンガル・にこにこ!パソコン
メーカー希望小売価格 : 2,800円(税抜)
発売日:2018年11月上旬より発売
対象年齢:6~36カ月
サイズ(cm):W22.9×D6×H29.9
発売元/販売元:マテル・インターナショナル株式会社

■公式サイト

2018-11-01 08:00
編集部
2018-11-01 08:00
編集部
この記事のURL
https://startt.jp/article/2018/11/01/53980

Page Top