検索
ランキング
▶ Home

ランキング
海外のファミコン「NES」は色々な意味ですごい。「これがなければマリオペイントもなかったかも?… カラー・ダイナソー(Color a Dinosaur) 」編 (第11回)

このNES作品を紹介する連載だが、ここ数回、映画からの移植作品が続いていた。のでので、ここでちょっと一息的な作品を。


家庭用ビデオゲームには「ペイントソフト」と言う狭いが確実に需要のあるジャンルが存在する。日本のファミコンでは、アンパンマンのお絵描キッズ等があり、スーファミのマリオペイントもそのジャンルに属する(マリオペイントはそのジャンルを超えていたが)。


そんな中、海外のファミコン、NESにもオリジナルのペイントソフトが存在するのだ。


が、この作品「Color a Dinosaur」は自由にお絵かきができるというわけではなく(自由に絵を描くとなると、それなりの外部入力機器が必要になるけんね)、「ぬりえ」が楽しめるゲームとなっている。



▲可愛いタイトル画面。実にキュートに恐竜がドット絵で描かれている。


▲スタートボタンを押すと、全16種類の恐竜から選択することになる。


▲恐竜のドット絵はある一定の部位ごとに仕切られていて、十字キーの左右を押すことで塗る部位が移動する。(この辺りはフォトショップ系をちょっと触ったことのある方なら理解できるはず)


▲マウス系のデバイスがあればどんなに楽だろう…。しかし、これを一個ずつ塗っていくのが味でもあるのかもしれない。

さて、ここまで紹介してきて筆者は困っている。つまり、もうこの作品に対して説明する要素がないのだよ。逆にいえば単純で子供が楽しめる作品ということではあるんだけどね。ということで、全ての恐竜を筆者のセンスでベスト5を紹介するという暴挙に出つつ、今回の紹介を終えたいと思う。決して手抜きではないのだよ…。



▲ベスト5 ステゴザウルス系? ポイントはシマシマキュートなお日様に照らされるオレンジの体。ツノの部分が夏を先取り。


▲ベスト4 トリケラトプス系? 恐竜の体の色というのはまだまだ事実は完全にはわかっておらず、もしかしたらこんなだったかもね。


▲ベスト3 こちらもステゴサウルスの亜流だろうか? 愛しの彼女に花束を。キュートなボーダー柄の背景も象徴的です。


▲ベスト2 T-レックス、アロサウルス系。おそらくは肉食恐竜ながら、カラフルで爽やかなシマシマが可愛い。


▲このゲームにはなぜかこのステゴサウルス系が多い…。セレクトボタンである程度の種類のペイントツールを選べるのだが、この配色は毒々しくて美しい。

いかがでしたでしょうか? たまにはこんなホッと一息つけるような作品も良いよね。
さて、次回は、NES作品の中でも屈指の完成度を誇るアクションゲームの紹介だ。
ちなみに、海外でもプレミア的な扱いとなっており、知る人ぞ知る作品だ!


よくNES(ファミコン)ここまでやった! という、蹴って蹴って蹴りまくるゲームだぞ!


今回紹介したゲーム
COLOR A DINOSAUR
©️Copyright 1993 Virgin Games Inc.


2018-10-31 06:00
sukesan
2018-10-31 06:00
sukesan
この記事のURL
https://startt.jp/article/2018/10/31/53966
関連記事

Page Top