検索
ランキング
▶ Home

ランキング
海外のファミコン「NES」は色々な意味ですごい。「おっぱいが3つのお姉さんは登場するのか?… トータル・リコール(Total Recall) 」編 (第9回)

映画「トータル・リコール」(洋題Total Recall)はシュワちゃん主演で1990年に公開され、2012年にリメイクされたのも記憶に新しい。


この連載では過去に「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「プレデター」「ジョーズ」と、紹介してきたがことごとく残念な出来映えだった…。


しかし! この「トータル・リコール」だけは違う! 違うはず! 違ってほしい! という思い込めてプレイしていく。



▲AV(オーディオビジュアルじゃない方)にジャケット詐欺が存在するように、ゲームにもタイトル画面詐欺というものがある。そういう意味ではこのトータル・リコールもタイトル画面がなかなか良いだけに、逆に恐怖を感じるのだ。


▲はい、始まりました。この横スクロールのパターンです。これは夢なのか? 劇中の主人公と同じく、疑心暗鬼が…。


▲映画館に入ると、粋な演出が。映画のスタッフがスクリーンで紹介される。


▲ちなみにシュワちゃんはしゃがめます。が、なんかこの体勢が情けないというか…。


▲そして、情けないのは、このしゃがみパンチ。


▲1面で意味がわからないのが、奥からおっさんに引き込まれるシーン。このおっさんに引き込まれると?


▲引き込まれると、シーンが変わり謎の裏路地面へ。このおっさんを倒せば脱出できるんだけど、このシーンって必要か?


▲おっさんの蹴り、そこそこ鋭いし。しかも放っておくと何人でも出てくるし。


▲文化祭かよ! 壁の向こうから謎の手が…。ダブルドラゴン最終面な感じ?


▲一面のボスは劇中でシャロン・ストーンが演じていたローリー?


▲ローリーを「撃ち殺す…」と1面クリア。そしてなかなか力の入ったインサート画面。

こうやって静止画で見るとちょっと楽しそうに見えるでしょ? でもね、実際にプレイすると違うの。操作性というか、爽快感が無いというか、日本のファミコンソフトで例えると、「必殺道場破り」って感じ(伝わるかな…)。



▲2面は劇中でも有名な人体スキャンのシーンから始まる。これは正直なかなか素晴らしい表現。


▲劇中と同じく、銃を持っている事でセキュリティーチェックに引っかかり、敵が襲ってくる。


▲その後、電車のシーンがあるのだが、ここにジャンプで乗れって誰がわかるんだよ…。

そしてついに火星に乗り込む事になる。果たして自分は正しいのか? それとも誰かの陰謀、洗脳されているのか? 映画だとワクワクが最高潮に達するよね。



▲火星に着陸する宇宙船。基地はなんとなくのドット絵で描かれている。


▲ここでビックリの展開。まさかの「ラリーX」というか「バトルシティー」のようなミニゲーム開始。なんなんだよ、これは。


▲トータル・リコールといえば「おっぱいが3つ」と言っても過言では無い。もしかすると、この壁の向こうから攻撃的してくる女性がそうなのか…。


▲映画のクライマックスシーンの一つである、採掘機が襲ってくるやつもこんな感じで表現されてるんだ。しかも、こいつを倒すには顔を狙わないといけないので、微妙なジャンプ撃ちが必要。


▲その後、システムを起動させるために基地の奥地へ進んでいく。


▲そしてついにラスボス、コーヘイゲン(多分)と戦う事になる。


▲が、ピョンピョン跳ねているだけで弱い。さっさと倒してシステムを起動させよう。


▲劇中にもあったラストシーン。なんだか別人に見えるけどな。


▲そして感動のエンディング。この手の洋ゲーはエンディングが文字だけだったりのパターンが多いんだけど、本作はなかなか力が入っていると言えるかも。

正直、ギリギリ良作と言えるかもしれない(と思いはじめた)。が、ほとんどの洋ゲーに多いように、本作も操作性にはなんともいえないストレスが溜まる作品だとも言える。


もしプレイする機会があったら、映画を見てからプレイして欲しい。それによってツッコミどころが増え、ワイワイ楽しめるだろう。


さて、次回はオリヴァー・ストーンの映画のゲーム化作品だ。「この戦争は負けるよ。俺たちの国は横暴すぎた。」
※日本未発売


今回紹介したゲーム
トータル・リコール(Total Recall)
LICENSED AND CONTROLLED FOR THE U.S AND CANADA BY ACCLAIM ENTERTAINMENT.INC
COPYRIGHT 1990 CARDLCD PICTURES INC. U.S AND CANADA CARDLCD INTERNATIDAL N.V ALL OTHER COUNTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.

2018-10-25 06:00
sukesan
2018-10-25 06:00
sukesan
この記事のURL
https://startt.jp/article/2018/10/25/53927
関連記事

Page Top