検索
ランキング
▶ Home

ランキング
人気
ランキング
人気
オススメ
坂本龍一氏が「とても新鮮でした」とコメントを寄せる、ピアニスト岡城千歳さんのトリビュートCD「坂本龍一ピアノワークス3」は11月20日(火)発売。キングインターナショナルから。

「岡城千歳という優れたピアニストが、ぼくの曲を弾いたCDを作るという。習作時代の作品から最近のものまで網羅しているこんなアンソロジーはぼく自身も作ったことがなく、もちろん初めての試みだ。そして岡城はぼくより数段ピアノがうまいんだから、これ以上いいことはない。」

(坂本龍一、ライナーノートより『ピアノワークス1』)

「自分の音楽が違う衣装を着て、別な表情でぼくの前に現れたので、とても新鮮でした。」

(坂本龍一、ライナーノートより『ピアノワークス3』)

「坂本龍一作品を岡城千歳が弾くことで、坂本龍一自身が作曲し演奏する音源はたしかに『オリジナル』ではあるかもしれないが、唯一絶対で、動かせないものではなくなり、オリジナル至上主義を解放するものとなるだろう」

(小沼純一、ライナーノートより『ピアノワークス3』)


キングインターナショナル株式会社が、Chateauレーベル (ニューヨーク) の日本での正式輸入販売元に決定。岡城千歳トリビュートCD「坂本龍一ピアノワークス3」が11月20日に発売されます。



収録曲の一つ「ブリッジ」は、1995年秋冬プレタポルテ山本耀司パリコレクションのために作曲された、坂本龍一氏の30分のピアノ曲。“教授”のピアノ曲の中でも唯一無二の大曲で、その圧倒的な妖しい美しさにもかかわらず、彼自身のCDが入手困難なことも手伝い、教授ファンの間でも伝説的な幻の秘曲となっています。
これを弾くのは、ニューヨーク在住のクラシックピアニスト・編曲家・プロデューサーの岡城千歳さん。彼女の12枚のCDディスコグラフィは「驚くべきものだ。離れ業だ。仰天するようなピアノ演奏に触れたいなら聴いてみるべきだ」というニューヨーク・タイムズの批評を始め、「驚異的才能」「ただ者ではない」「型破りな才能」「驚愕の1枚」など数々のレビューを、世界中の批評家から300ページ以上にわたって寄せられてきました。

今回の新譜へ贈られた坂本龍一氏のコメントは、彼以外の演奏スタイルを作曲家自ら公式に承認したものとして、初出。
教授とニューヨーク・タイムズもその腕前を認めた岡城さんが、クラシック音楽を源にもつ教授のポップスを、クラシックの演奏スタイルで奏する、独自の解釈と表現を経た音楽は新たな美しさと遭遇し、教授の曲はポップスを超えてコンテンポラリークラシックとなる。クロスオーバーならではの醍醐味です。


また、岡城さんはこの新譜で「坂本龍一へのオマージュ、グレイテスト・アーティスト」という新曲を献呈しています。
アメリカのプロピアノレコードレーベルの看板専属アーティスト・プロデューサー・ディレクターとして活動していた岡城さんは「坂本龍一ピアノワークス1&2」、「チャイコフスキー《悲愴》交響曲ピアノ編曲」など数々のCDをクラシックのヒットチャートに送り込み、斬新な企画と、オーケストラのピアノ編曲ものを中心とした超絶技巧を駆使する彼女のレパートリーとで、ピアノマニアの間でカリスマ的存在となりましたが、その後独立。しばらくしてピアニストとしては活動休止に入り、今回の新譜『ピアノワークス3』が、彼女のピアニスト復帰第一弾となります。
活動休止期間中、音楽を故意に避け悩んでいた時期もあり、そんな時にいつも手元に置いて聴いていたのが「ブリッジ」だそう。困難を乗り越える勇気をくれた「ブリッジ」、それを自分なりに表現したいという特別の思いから、坂本氏に感謝と尊敬を込めてオマージュの新曲とトリビュートアルバムを捧げ、復帰第一弾とすることを決意。まず氏に相談し「主題と変奏」の作曲技法と曲の構想とアイディアを伝え、氏より編曲の許可を得、CD全曲を幾度も聴いてもらい、マスタリングの音質へのアドバイスなども受けながら完成。氏からライナーノートへの言葉が贈られたそうです。


岡城の旧譜「ピアノワークス1&2」では教授ファンからも熱い声が寄せられていた。

(アマゾン、カスタマーレビューより)

「教授の曲にピアノの技量は必要か?……私自身がピアノを弾けないので真偽もわからずその疑念をもったままいくつかの教授の作品を購入していた矢先にこのCDに巡り合いました。…岡城さんのパフォーマンスに圧倒されました。昔はサティーの摸写だと感じていた曲が輝きをまして、良い意味で他のクラシック音楽と同様な上質かつ畏怖を感じる作品にかわりました。その後本家のBTTBも購入したのですが、結局こちらもいいんですね。同時に例の疑念は消えました。そういう自身の感性に働きかけてくれたアルバムは過去になく、高く評価しています。」「岡城千歳という表現者によって、これまで作品を覆っていたガラスの曇りや汚れが拭き清められたことが分かる。そこで露になった部分もまた、坂本作品の真実ではないか。」「A Tribute to N.J.P.を聞いてキースジャレットは負けたなと思いました。Grasshoppersではチックコリアも完全に負けてます…演奏能力だけではない高い才能を感じるアーティストです。ピアノワークス1もそうなのですが教授とペダルの踏み方が異なっていてそこにキャラクターを感じます。」


「坂本龍一ピアノワークス3、トリビュートアルバム」プロモーションビデオ


岡城千歳 略歴&レビュー

桐朋女子高等学校、桐朋学園を経て、ジュリアード音楽院修士号を取得。マンハッタン音楽院プロフェッショナルスタディズプログラムにて、伝説的ピアニスト、アルトゥール・シュナーベルの息子、カール・ウルリッヒ・シュナーベルに師事。


才能豊か、大胆、かつ知的…岡城千歳は自らにそして自らのアートのこころに忠実なピアニストであり、新世代のピアノ演奏の救世主である。
ミシェル・ブロックーピアニスト

彼女のこの演奏は驚くべきものだ。彼女が余分な手のもう1本や2本隠し持っていないなんて信じがたい。離れ業だ……もし仰天するようなピアノ演奏にふれたいなら、聞いてみるべきだ。魅力ある色彩家。豪奢で荘厳な和音がきらきら光り、いくつもの渦巻きを描いていく。それはあたかも岡城の手がピアノの内部にあって音を彫刻し、前面に押し出しているかのようだ。素晴らしい……
(ニューヨーク・タイムズ紙)

岡城千歳の完璧なテクニックの熟達に対し、むじゃきにも口をぽかんと開けて畏怖の念に打たれ、座っているのみだった。
(アメリカンレコードガイド)

岡城千歳は驚異的な才能のあるピアニストである。自分でも全く驚いたことに、私は完全に圧倒されてしまった。……その上、それはリストのようなショーマンシップではないのだ、ただ赤裸々で恐ろしいまでの音楽的才能なのだ。……驚くほど大胆で、……驚くべき才能だ。
(クラシカルミュージック・オン・ウェブ、イギリス)

彼女の演奏は常に独特で全く並外れたものだ。素晴らしい。すごい、いったい手は何本持ってるんだろう?
(ファンファーレ、アメリカ)

全編に鬼気の迫ってくるような凄演に仕上がっている……これほどの緊張感と気迫をもってピアノで表現するとは!……やはりただ者ではない。驚愕の一枚。
(有線音楽)

その多彩で豊穣な音色のピアノの魅力で聴き手を引き付けてしまった技量は、並大抵のものではない。
(レコード芸術)


など、多くの評価を受ける


CDリリース情報

タイトル:坂本龍一ピアノワークス3、トリビュートアルバム In Appreciation & Admiration

演奏者:岡城千歳、ピアノ

発売元:Chateau (New York, USA)

販売元:キングインターナショナル株式会社

品番KKC-4149

価格:オープン価格

収録曲

1 Dear Liz 

2青猫のトルソ

3坂本龍一へのオマージュ、グレイテスト・アーティスト

ハープ、チェレスタ、プリペアド・ピアノ、マリンバ、微分音のための「ブリッジ」のモチーフによる主題と変奏

4 ブリッジ - Music for Yohji Yamamoto Collection 1995

(1995年秋冬プレタポルテの山本耀司パリコレクション)

5 Loneliness from "The Sheltering Sky"

6 ゴリラがバナナをくれる日

7 Dream from "Lack of Love"

8 Yamazaki 2002

9 Career Girl


販売ページ - Amazon music


「Chateau」

アメリカのクラシックピアノ専門レーベル、プロピアノレコードから「スクリャービン《法悦》ピアノ編曲版多重録音」「スクリャービン練習曲全曲」「ワーグナー超絶技巧編曲集」「チャイコフスキー《悲愴》ピアノ編曲」「坂本龍一ピアノワークス1&2」など、ピアノファン注目のリリースを相次いで発表していた岡城が、2002年自らオーナーとなってニューヨークに設立、立ち上げたレーベル。日本でヒットチャート入りしたシャトー旧譜、超絶技巧「マーラー《巨人》交響曲ピアノソロ編曲」「ビートルズ・ピアノトランスクリプション」の後、休止活動に入っていた。日本での輸入販売元が正式にキングインターナショナル株式会社に決定。旧譜・新譜ともに11月20日発売。


Chateau Music LLC公式サイト(英文)


お問い合わせ先

キングインターナショナル株式会社 (輸入販売元・PR)

東京都文京区水道2-9-2音羽YFビル3F

電話(03)3945-2333(代表)

kii@kingrecords.co.jp

info@chateaumusicllc.com


2018-10-23 15:00
編集部
2018-10-23 15:00
編集部
この記事のURL
https://startt.jp/article/2018/10/23/53916
関連記事


編集部おすすめ記事
【週末イベント】「肉フェス®︎ 国営昭和記念公園 2…
「肉フェス®︎ 国営昭和記念公園 2019」が東京・立川の国営昭和記念公園ゆめひろばにて昨日2019年10…
2019-10-19 05:00
『人生ゲーム スポーツ』(発売日:2019年10月31日(…
2019年10月10日(木)に東京ミッドタウンで行われた、タカラトミーのボードゲーム「人生ゲーム」シリーズ…
2019-10-14 20:35
【今日の2種類のぶどう果汁を贅沢にブレンド!】本…
コカ・コーラシステムのティーンを中心に愛され続けているフルーツ炭酸飲料カテゴリーNo.1※1「ファンタ」ブ…
2019-10-14 06:00
【今日のスタート】「#011 GHOSTBUSTERS IN THE PA…
本日10月14日(月・祝)から、「#011 GHOSTBUSTERS IN THE PARK」がGinza…
2019-10-14 05:00
お家で『DQウォーク』が遊べるクエスト配信中! 台…
『ドラゴンクエストウォーク』が台風19号の影響を鑑みて、「お家でも出来る!! モンスター討伐キャンペーン」…
2019-10-12 16:00
話題の推しキャラ召喚装置「Gatebox」体験動画&発…
2019年10月11日(金)に正式販売が開始されたキャラクター召喚装置「Gatebox」(GTBX-100…
2019-10-12 14:30
【発売日は10月24日!】『Bloodstained: Ritual of …
いよいよPS4/Nintendo Switch日本版の発売が2019年10月24日(木)に迫ってきた『Bl…
2019-10-12 12:30
【今日のスタート】推しキャラと暮らす装置「Gateb…
Gatebox株式会社は、好きなキャラクターと一緒に暮らせるキャラクター召喚装置「Gatebox」(GTB…
2019-10-11 12:30
【今日のスタート】有村架純さん出演Web動画「かわ…
シチズンは本日より、有村架純さん出演の10代~20代の女の子に向けた最新かわいいウオッチ「wicca(ウィ…
2019-10-10 08:30
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
既に100本を超過していると思しきNintendo Switchのダウンロードソフト。本体が出て間もない2…
2019-10-09 19:00
【今日の「もうクリスマス? ハロウィンもまだなの…
インテリアショップ『Francfranc(フランフラン)』が、2019年10月4日(金)より「スター・ウォ…
2019-10-09 13:30
【今日のスタート】かっぱ寿司でお茶しない?「ご…
かっぱ寿司は本日10月9日(水)より、スイーツブランド「ごち CAFE」のサービスをリニューアル・スタート…
2019-10-09 05:00
【今日の6種の東洋素材】本日10月7日(月)新発売! …
東京ゲームショウに行った方はe-Sports会場で配布されていたので、飲まれた方も多いと思いますが、本日2…
2019-10-07 06:00
『HiGH&LOW THE WORST』はこの男がすごい!! 全員主…
本日2019年10月4日(金)より公開が始まった『HiGH&LOW』(通称:ハイロー)シリーズ最新…
2019-10-04 20:15
『HiGH&LOW THE WORST』公開直前!! 前日譚ドラマ「…
『HiGH&LOW』(通称:ハイロー)シリーズの劇場最新作、『HiGH&LOW THE W…
2019-10-03 23:59
【週末イベント】ハウステンボスで秋を満喫しませ…
長崎県のテーマパーク「ハウステンボス」では、この週末から食欲の秋&芸術の秋を満喫できる「ワイン祭・東西美の…
2019-10-03 08:00
【驚愕も2倍】2画面のPC「Surface Neo」とスマホ「…
本日、米国ニューヨークで開催されたマイクロソフト(Microsoft)のイベントにて、2画面のノートPC「…
2019-10-03 06:00
肥野竜也さん&佐野ひなこさん登壇 "時短で、男を…
10月1日、1本で6つの機能と効果を持つ次世代オールインワンケア「Garçons secret」(ギャルソ…
2019-10-02 10:30
『プリパラ』は今年で5周年!! TOKYO MXで2019年10…
5周年を迎えてなお様々な新展開を見せている『プリパラ』。TOKYO MXでは明日2019年10月2日(水)…
2019-10-01 22:15
【今日の情報解禁】「リトルウィッチアカデミア」…
東宝のアニメ音楽レーベル「TOHO animation RECORDS」の初のレーベルフェス「TOHO a…
2019-10-01 19:00
特集
【攻略】アイスボーン発売から3週間 おっさんハン…
9月はありがたいことに、とっても忙しかったの。 前回のエントリーから、ずいぶん間が空いちゃいましたな…
2019-09-30 10:30
【今日のTGS2019情報】ドイツのゲーム会社「EGOSOF…
2019年9月12日(木)~15日(日)、幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2019に、ドイツのゲーム…
2019-08-30 14:00
【今日のスタート】西武池袋本店の催事「第3回 IKE…
「第3回 IKESEI菓子博~真夏のスイーツフェスタ~」が西武池袋本店、7階の催事場にて本日2019年8月…
2019-08-02 06:05
【今日のスタート】「SIREN展2019」東京・中野の「墓…
2003年にPlayStation 2用ソフトとしてSCE(ソニー・コンピュータエンタテインメント:現SI…
2019-08-01 06:20
【今日のスタート】「江の島灯籠2019」本日8月1日(…
神奈川県藤沢市・江の島の夏の風物詩「江の島灯籠2019」が本日2019年8月1日(木)より1ヶ月にわたり開…
2019-08-01 06:05
【今日のスタート】「江戸夏夜会 by 1→10 〜旧芝離…
浜松町駅周辺エリアの地域活性化を目的とした夜間ライトアップイベント「江戸夏夜会 by 1→10 ~旧芝離宮…
2019-07-25 05:05
【今日のスタート】「萩尾望都 ポーの一族展」松屋…
「萩尾望都 ポーの一族展」が松屋銀座8階イベントスクエアにて本日2019年7月25日(木)~8月6日(火)…
2019-07-25 05:00
【今日のスタート】「Screen@Shinjuku Central Pa…
小田急電鉄は高層ビル群の夜景とともに観覧無料で映画をお楽しみいただけるイベント「Screen@Shinju…
2019-07-24 02:05
【今日のスタート】「第48回 神楽坂まつり」本日7…
「第48回 神楽坂まつり」が本日2019年7月24日(水)~27日(土)の4日間にわたって開催します。 …
2019-07-24 02:00
【今日のスタート】「ウルトラマンフェスティバル2…
今年で29回目の東京開催となる夏休みイベント「ウルトラマンフェスティバル2019」が本日2019年7月19…
2019-07-19 05:55
【今日のスタート】「特別展りぼん 250万りぼんっ…
「特別展りぼん 250万りぼんっ子大増刊号」が新宿高島屋(タカシマヤ)の11階特設会場にて本日2019年7…
2019-07-18 05:30
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
本連載はこれまで、現行の家庭用ゲーム機で発売されたタイトルを中心にピックアップしてきたが、そろそろここでス…
2019-07-17 19:00
【今日のスタート】「駒沢オクトーバーフェスト201…
ドイツビールの祭典「駒沢オクトーバーフェスト2019」が駒沢オリンピック公園にて本日7月12日(金)~21…
2019-07-12 06:50
【今日のスタート】「東京金魚ワンダーランド2019…
東京・墨田区にあるすみだ水族館にて懐かしさを感じながら金魚鑑賞を体験できる「東京金魚ワンダーランド2019…
2019-07-12 06:15
【今日のスタート】神奈川県川崎市・アトレ川崎に…
神奈川県川崎市にある商業施設、アトレ川崎がカレー色に染まるグルメイベント「華麗なるカレーカーニバル」が本日…
2019-07-12 05:50
クラナド、ルーンファクトリー3、ピエール瀧さん差…
2019年7月に発売する注目ゲームタイトルをSTARTT編集部でピックアップしました! 7月に何を買うか迷…
2019-07-03 05:00
「キンプリ」「プリリズRL」を完走したあなたへ……"…
ついに本日最終回を迎える『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』(キンプリS…
2019-07-01 17:00
【映画レビュー】『きみと、波にのれたら』:片寄…
劇場アニメを中心にお送りしている映画レビュー。16回目となる今回は、湯浅政明監督最新作、GENERATIO…
2019-06-21 18:45
不惑越え男子の昆虫記:その17「1つの冬を越えて」…
はじめましての方ははじめまして。以前からお読みいただいていた方は大変お久しぶりでございます。何故か昨年夏か…
2019-06-19 06:00
【映画レビュー】『青春ブタ野郎はゆめみる少女の…
劇場アニメを中心にお送りしている映画レビュー。15回目となる今回は、鴨志田一氏が手掛ける電撃文庫より刊行中…
2019-06-16 18:50



Page Top