検索
ランキング
▶ Home

ランキング
人気
ランキング
人気
オススメ
【行ってみた!】「THE HORROR!!」ホラーミュージックに酔いしれるオールナイトのイベントに潜入!

10月6日の夜23:00から翌10月7日の明け方5:00、吉祥寺にあるシアターカフェ「COCOMARU THEATER」にて、ホラーミュージックをテーマにしたクラブイベント、「THE HORROR!!」が開催された。


イベントでは、現役で活躍するサウンドクリエイターやDJが、ホラーに関する様々なミュージックをアレンジし、次々とDJプレイを披露。
また、幕間では怪談披露や、声優を起用した実話怪談の朗読劇を公演。臨場感たっぷりの演技が、DJプレイとは打って変わって、会場を恐怖に包みこむ。


いわゆる普通のクラブミュージックイベントと違って、様々な趣向を凝らした本イベント。そもそもどういった経緯でイベントが行われることになったのか。


今回は、イベントレポートとともにサウンドクリエイターで、イベントの主催者でもあるヨナオケイシ氏にインタビューを敢行。まずは、イベントが立ち上がった経緯などを伺った。



-まずは、イベントが開催されるに至った経緯をお聞きしてもいいですか?


ヨナオケイシ氏(以下、ヨナオ※敬称略):元々、ゲームがらみのイベントを小規模ながらやっていたんです。直接つながるアイデアはFM音源のイベントの「The FM!!」というイベントがあって、それを2回ぐらいやったんですが、結構反響がありまして。さらに、ジャンルとターゲットを絞ったイベントがやりたいなっていうのがあったんですね。それで「THE SHOOTING!!」というイベントというシューティングゲームに的を絞ったイベントを2回やって、こちらもかなりの反響があったんです。


-FM音源をテーマにしたイベントが企画したのはどういった切っ掛けが?


ヨナオ:昔、ニンテンドーDSで「KORG DS-10」というソフトが出て、あの小さい本体の中でしっかりしたFM楽曲が作れるものがあったんです。これで作ったFM楽曲をクラブとかでガンガン流したら面白いぞ、ってなった。そう思ってたのは僕だけじゃなくて、色々なクリエイターがこれを使ってイベントやりたいっていう話があちこちからあがったので、2008年ごろだったかな、ちょこちょこイベントを企画してました。
その後、ゲームのFM音源のリバイバルブームみたいのがあって、タブレットで作曲などができるアプリがあるんですが、アプリ内で使用するデモ曲の作成の仕事をしたことがきっかけで、FM音源のイベントをやりましょうとなって、「The FM!!」に繋がります。


-すごくシンプルでわかりやすいタイトルですね。


ヨナオ:イベントの「THE 〇〇」という名前は、自分の同業者で若くして鬼籍に入ってしまった梅本竜さんがいるんですが、彼のネーミングセンスが「〇〇 THE MIX」みたいな感じのタイトルの付け方をしてたんですよ。彼の作った曲の中でも「THE FM」っていうのがあったんです。亡くなってしまった彼への追悼も込めて、この名前にしました。


-「ホラー」をテーマにしようと思ったのはどのような理由だったんですか?


ヨナオ:自分自身がYoutubeであるとか、ネットでいろいろ見てる中で、好きなものがホラー要素に偏ってるなという感触があって、ターゲットを絞ったイベントという発想と合わさって企画に至りました。


-タイミング的にはハロウィンの時期でちょうどいいですよね。


ヨナオ:いや、たまたまなんです(笑)。会場が「COCOMARU THEATER」というシアターカフェなんですが、比較的新しい施設で企画上映以外にもイベントなどを積極的にやりたいということで、最初は設備的な部分でアドバイザーとしてお仕事をしてたんです。そこで自分も色々なイベント主催しているいうお話したら、ぜひうちでやってくれということになったんですね。
せっかくハロウィンシーズンと被ったので、当日は更衣室スペースも設けて、お客さんがコスプレできるように配慮しました。


-イベントの内容もバラエティ豊かですね。


ヨナオ:サウンドクリエイターの方たちによるDJプレイ、VJプレイを中心に幕間では「新耳袋」シリーズなどでも有名な怪談蒐集家の木原浩勝さんによる怪談話や、声優さんたちの怪談朗読劇とDJプレイをミックスした企画、あとは協力いただいているインディーズゲームパブリッシャーの「乙SUN倶楽部」さんのトークイベントなどもやらせてもらってます。


-出演者は選出はどういった形だったんですか?


ヨナオ:イベントにとって親和性が高いかどうかにウェイトを置いて選んでます。ただ、他のイベントにも出てもらってる方でモチベーションが高く、どうしてもやりたいということであれば、どんどん参加してください、という事であまり縛りは設けてません。


-出演者の方には、どういった演出や提案をしているんでしょうか?


ヨナオ:ホラーっていうテーマだけ伝えて、何をやるかは自由にやってもらっています。皆さん、イベント等の出演経験もあるベテランの方ばかりなので、大喜利的に各自が好きな発想で自分の時間を使ってもらえればと思います。そういうライブエンターテイメント感を大事にしたいですね。


-朗読劇とDJプレイのミックスというのも面白いですね。


ヨナオ:最初はDJイベントだけでもいいかなと思ったんですが、企画会議をしている中で朗読劇をやりながらリアルタイムでBGMをつけるというアイデアが提案されて、じゃあ、やってみましょうと。
一緒に仕事をさせてもらっている「乙SUN倶楽部」のシナリオライターの文音(あやね)さんが、生の芝居が見たいと自ら脚本制作を買って出てくれました。さらに、お仕事柄、声優事務所さんとも伝手があるということで、企画をお願いしました。


-その他に、イベントのオススメポイントを教えてください。


ヨナオ:吉祥寺にある「きっちん大浪」という定食屋さんとコラボして、「ホラー飯」みたいな企画でやってもらうんですよ。この辺も出演者の方々と同じように、ホラーというテーマで自由に料理を作っていただいて、お店の宣伝を兼ねて出してもらうというイメージです。


-イベントを行う上で苦労した点はありますか?


ヨナオ:集客がどうなるかヒヤヒヤしてるぐらいで、それに関しては運要素もあるから仕方ないというか。ストレスはそれぐらいですかね。ただ、企画運営は基本的に僕一人がやっていて、一極集中しちゃうのはあんまりよろしくはないという事で、その辺は改善するべきところではあります。知り合いのイベンターの方々にも、何かあった時に周りが困るから直せと言われていまして(笑)。


-今後はどのように展開していきたいですか?


ヨナオ:規模自体を徐々にではありますが大きくしたいと思いつつ、僕の中では急がずにじっくりとコミュニティを醸成させて、ファン層に定着するイベントにしたいです。年2回ぐらいを基本にして、間をつなぐイベントを別で企画して、風物詩的なイベントになったらいいなと。


-ファンによるコミュニティが大事なんですね。


ヨナオ:もちろん、新規のお客さんも大事なんですが、まだ新興で実験的なところも多いイベントだけに、集まってくるファンの方々の良識でほとんどトラブルもなくイベントが成功しているという事も感じています。
長年活躍されているクリエイターも参加しているので、それぞれがファンコミュニティを持っているんですね。そういった出演者とファン同士のコミュニティがうまく混ざって交流が生まれればというのと同時に、このイベントの核となるファンコミュニティを作って行きたいところです。あまり規模拡大にばかり意識が行くとパンクしちゃうので、もっとじっくりと認知度を上げていきたいですね。


-イベントに参加する方にたいして、伝えたいことはありますか?


ホラーのBGMはカッコいい側面もあるっていうのを知って頂きたいなと思います。緊張感だったり、恐怖だったりというストレス的なものが基本にあるんだけど、それをクラブアレンジにすると中々どうしてカッコよくなるんですよ。そういう面白い音楽体験をしてもらいたいと思います。


インタビューを行って感じたのは、新興のイベントだけに試行錯誤しながらも面白ければどんどんやろう、という熱量とスピード感だ。実は、インタビュー中にもこんな企画はどうかなど、新しい企画案で盛り上がり、次回やってみましょうか、とヨナオ氏本人の懐の深さとフットワークの良さも感じられる。


■聞くだにワクワクするイベント内容、さっそくイベントレポートもお届けしよう。



場所はこちら、吉祥寺にある「COCOMARU THEATER」。町の小さな映画館といった雰囲気でノスタルジックな外観。




準備中にもお邪魔させてもらった。開演に向け会場設営や機材セッティングを行うスタッフの方々。




声優陣も会場を盛り上げるためコスプレをして待機、朗読劇の台本チェックなど、準備を進めながら開演を待っている。



いよいよ開演、来ている観客は男女問わず世代も幅広い印象だった。






各DJの方々は、映画上映用の大きなスクリーンを使ったVJプレイを披露。使用される楽曲はホラーミュージックだけではなく、オリジナルから映画のサントラ、アニメのBGMなど様々。ジャンルもカッコいいクラブサウンドから、テクノ系や、シンフォニックなものまで多岐に渡る。



怪談の「新耳袋」シリーズをはじめ、トークやラジオなど多彩な仕事ぶりの木原浩勝氏による怪談披露。膨大な数の怪談を覚えている木原氏は、吉祥寺という土地に絡んだ怪談を紹介。自身が所属していた「スタジオジブリ」が設立当時、吉祥寺にあったことと絡めて、当時体験した怪談を語ってくれた。司会や、トークイベントも数多くこなしている木原氏だけに、観客を引き込む語り口と緩急の付け方は絶妙で、本人の持ち時間ではないところでも、機材トラブルでイベントが止まっている間、場をつなぐというアクシデントに即座に対応。さすがの腕前である。




声優さんたちによる朗読劇は、実際にあったとされる実話怪談をベースに、「乙SUN倶楽部」のシナリオライター、文音氏が脚本を作成した「いなくなったリポーター」と「業」の2本。文音氏自身の故郷でもある福岡では有名な心霊スポット、犬鳴峠にあるトンネルでの怪談朗読劇が臨場感ある芝居で披露された。DJとして参加している高見龍氏が、リアルタイムでBGMやSEを担当。途中、重要なシーンで測ったかのようにマイクがハウリング。仕込みも何もないとのことで、恐怖がより倍増した。



インディーズゲームパブリッシャー、「乙SUN倶楽部」のトークイベントも開催。同社がプッシュしているホラーゲームの最新作、「隣人-Neighbor-」の紹介や、次回作に関する情報などイベントの主催者で音楽制作を担当しているヨナオ氏と高見氏、そして主演声優を務める武田直人氏による作品についてのトークが行われる。



さらに現在、次回作「フクロウさん」のクラウドファンディングを展開中。目標金額のさらに上の、ストレッチゴールと言われる企画者が希望する金額を集めると起用できるサウンドクリエイターも登壇。
増子津可燦氏、海田明里氏、むらさきひろふみ氏、佐藤豪氏といずれも長年活躍されているサウンドクリエイター陣。このメンバーが一堂に会してサウンド制作するというのはなかなかないのではないだろうか。ぜひともストレッチゴールが達成されることを願うばかりだ。



1階の受付横では、「乙SUN倶楽部」の関連商品の物販も展開。主催者のヨナオさんは「協力してもらってるので、ぜひ好きに使っていただければ」ということで、提供しているとのこと。「THE HORROR!!」のイベントグッズについても現在検討中。



売り子は朗読劇にも参加していた男性声優さんたちが、「乙SUN倶楽部」のゲーム内で実際に演じたおかまバーの店員のコスプレをして担当。オネェ口調でノリノリだった。




こちらは、吉祥寺にある定食屋「きっちん大浪」が本イベントとコラボして考案した弁当、「黒い心臓ボックス」。弁当の中は、オニギリにビーフジャーキー、ポテトサラダ、刺さっている骨は魚の骨をパリパリにして煎餅のようにしたものと、エビ煎餅。見た目にこだわりつつ、美味しいおかずと大きなおにぎりで満腹感もばっちり。ドリンクはノンアルコールと、赤ワインの2種類を用意。血をイメージした赤ワインにピンポン玉で作った目玉、中にはラズベリーが浮かんでいるが、内蔵っぽいイメージでグロテスク感を演出。



1階の映画館を休憩室スペースとして開放。オールナイトだけに、まったり弁当を食べていたりぐっすりお休みしているお客さんもいた。



主催者のヨナオ氏も出番に向けてコスプレして準備万端。




ラストのパートを担当するヨナオ氏と高見龍氏の二人のDJプレイ。1階で休憩していたお客さんやスタッフも全員揃い、最後のパートを楽しんでいた。


まだ新興のイベントということもあり、ホラーと言いつつも進行管理はかなりゆるくまったりした雰囲気で、来てもらうファンの良識や長年付き合いのある出演者同士のコミュニティが主体となっている印象。出演者との距離も近く、有名クリエイターと気軽に話したりできるというところで、.非常に居心地のよいイベントだった。


ただ実験的で、手探りで行っているところもあり、ヨナオ氏本人も言っていたようにあまり急いで規模を大きくすると、タイムテーブルや会場運営などの部分で手が回らなくなる可能性が高いというところも納得できる部分があった。
しかし、トークイベントや朗読劇など様々な試みを行うことで、お祭り感のある内容になっており、観客と一緒にイベントを盛り上げようというアットホーム感が、大きな規模ではなく、小さい会場でじっくり楽しむというイベントの性質と非常に親和性が高いと思われる。


まずは、定期的なイベント開催を目標にしているとのことで、今後どのようなに成長していくのか、スタートを切ったばかりの楽しみなイベントである。


2018-10-19 06:00
東響希
2018-10-19 06:00
東響希
この記事のURL
https://startt.jp/article/2018/10/19/53875


編集部おすすめ記事
【今日の水どう】「水曜どうでしょう」最新作第二…
関東圏の藩士の皆さん1週間お疲れまでした。本日、1月22日は水曜日! ということで、「水曜どうでしょう」最…
2020-01-22 00:50
映画『シンデレラ』公開70周年!ディズニーストア…
映画『シンデレラ』公開70周年を記念し、さまざまな登場キャラクターやアイテムをモチーフにした商品がディズニ…
2020-01-21 10:30
バーガーキング2020年新店続々オープン!オープン…
バーガーキングは2020年、続々新店舗がオープンします。 2020年1月24日(金) 千葉県八千代市「イ…
2020-01-20 14:20
てっさが1円!てっさが1円!(復唱) 泳ぎとらふぐ料…
泳ぎとらふぐ料理専門店「とらふぐ亭」が、2020年2月9日(日)〜2月18日(火)の期間限定で「とらふぐ亭…
2020-01-20 13:30
【今日の海外ドラマ】「BULL/ブル 心を操る天才 シ…
全米視聴者数2000万人超の大ヒットを記録し、心を操る天才が難事件に挑む痛快心理エンターテイメント、海外ド…
2020-01-20 12:10
【今日の情報解禁】劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』(…
2019年に公開され、大ヒットを記録。第43回「日本アカデミー賞」優秀アニメーション部門にもノミネートされ…
2020-01-20 10:00
【今日のファッション情報】アガタ・ルイス・デ・…
1月24日(金)、横浜「みなとみらい駅」直結、クイーンズサークル特設ステージで開催のイベント内で行われるア…
2020-01-20 06:00
【今日の情報解禁】話題作『フォード vs フェラー…
映画館にライブ・コンサート向けの大規模かつ高品質な音響機器をセッティングし、作品の持つ“音”の世界観や可能…
2020-01-17 12:00
【今日のスタート】「サイバラ酒場 feat.高須院長…
なにかと世間を賑わしている漫画家・西原理恵子先生と、高須クリニック・高須克弥院長。この二人の世界観を活かし…
2020-01-17 05:00
【週末イベント】「酒処 鍋小屋2020」横浜赤レンガ…
開催5回目を迎える「酒処 鍋小屋2020」が横浜赤レンガ倉庫にて本日2020年1月17日(金)~2月2日(…
2020-01-17 05:00
【今日のスタート】「ゴジラ・ストア Tokyo」にて…
世界初の常設公式ゴジラグッズショップ「ゴジラ・ストア Tokyo」では、2020年1月18日(土)より、3…
2020-01-16 17:00
ファンタジー溢れる学園経営を楽しむRPG「ヴァルシ…
本日、レイニーフロッグは、ファンタジーを題材にした学園経営RPG「ヴァルシリア アーク ヒーロースクールス…
2020-01-16 14:15
「ミニ四駆 超速グランプリ」正式サービス開始!豪…
株式会社バンダイナムコエンターテインメントは、AppStoreとGoogle Play向けゲームアプリ『ミ…
2020-01-16 13:30
【今日のスタート】本日より予約開始! スター・ウ…
「vivofit(R) jr.2」(ヴィヴォフィット ジュニア2)は、子どもたちの運動を応援するアクティビ…
2020-01-16 05:00
【今日のスタート】本日より予約開始! アナと雪の…
「vivofit(R) jr.2」(ヴィヴォフィット ジュニア2)は、子どもたちの運動を応援するアクティビ…
2020-01-16 05:00
【今日のスタート】「水曜どうでしょう」最新作が…
本日「水曜どうでしょう」の最新作がTOKYO MXにて20:27から放送されます。CLASSICじゃない「…
2020-01-15 15:00
【今日のダイナー】映画『Diner ダイナー』リ…
藤原⻯也と蜷川実花監督のコラボが実現した映画『Diner ダイナー』のBlu-ray&DVDが、2…
2020-01-15 12:00
【今日の枕缶】ノザキのコンビーフの枕缶が販売終…
本日、ノザキはコンビーフ枕缶の販売を終了することを同社の公式Twitterで発表しました。合わせて、3月1…
2020-01-15 11:00
【今日のピノキオ】「ピノキオ」公開から80周年ア…
ウォルト・ディズニー・ジャパンは、1940年に公開された『ピノキオ』の80周年を記念して、『ピノキオ』関連…
2020-01-15 10:00
【今日のアメコミ】アメコミヒーロー「タイタンズ…
ワーナー・ブラザース テレビジョン&ホームエンターテイメントは、本日1月15日(水)よりDCTVシリーズ「…
2020-01-15 09:00
特集
横浜赤レンガ倉庫「酒処 鍋小屋2020」に行ってきた…
横浜赤レンガ倉庫で2020年2月2日まで開催中の「酒処 鍋小屋2020」に行ってきました。 今年で5回目…
2020-01-21 12:10
【イベント取材】「ふるさと祭り東京2020」に行っ…
現在、東京ドームにて開催中の「ふるさと祭り東京2020」に行ってきました。こちらのイベント、今年で12回を…
2020-01-12 13:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
画面を埋め尽くす大量の敵弾の隙間をぬって回避し、戦う弾幕系シューティング。 昨今のシューティングゲー…
2020-01-08 19:00
【新年のご挨拶】あけましておめでとうございます…
新年あけましておめでとうございます!旧年は、読者の皆様をはじめ、関係各位の皆様に大変お世話になりました!特…
2020-01-01 00:00
【北海道情報】道民が教える雪道で転倒しない歩き…
読者の皆さん、こんにちは。北海道在住巨漢ライター・神真太です。前回編集長の急な思いつきで北海道の旬な情報を…
2019-12-29 16:00
【年末年始おすすめゲーム】STARTTスタッフ&ライ…
令和元年、皆さんどんなゲームライフを過ごしましたか? 今年もゲームは遊び尽くせないほど大豊作。年末年始の…
2019-12-28 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
一年には決まって大量の新作ゲームが発売される月がある。 いわゆる決算期と称された3月、6月、9月、1…
2019-12-04 19:00
【今日のアナ雪】『アナと雪の女王2』アナ役の神田…
2014年に“レリゴー”旋風を巻き起こした、ディズニー・アニメーション映画『アナと雪の女王』から5年。待望…
2019-11-26 10:30
【今日のゴールド!】人生ゲーム史上最高額! 1億5…
田中貴金属工業が「“金”とともに“かがやく”人生を」というコンセプトを体現するために、あの人気ボードゲーム…
2019-11-21 12:00
【公開中映画】沢城みゆきは“いいお客さん!?”役所…
先週2019年11月15日(金)、役所広司が主演を務め、名監督ジョン・ウーのハリウッドデビューを後押しし、…
2019-11-18 11:00
【今日の映画公開スタート】井ノ原快彦、V6メンバ…
本日2019年11月8日(金)『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』が公開になります。STAR…
2019-11-08 06:00
【取材レポート】吉沢亮は「実物も嬴政(えいせい…
映画『キングダム』ブルーレイ&DVDリリース記念 前夜祭が11月5日(火)にスペースFS汐留で行われました…
2019-11-06 12:00
『BlizzCon 2019』イベント見どころまとめの巻/ゴ…
先週末Blizzard Entertainmentの年1回最大のファンイベント「BlizzCon」が開…
2019-11-05 11:00
【東京五輪】東京オリンピックのマラソンコースに…
読者の皆さん、はじめまして。北海道在住巨漢ライター・神真太です。この度、STARTT編集長から「北海道行っ…
2019-11-01 08:50
【攻略】アイスボーン発売から3週間 おっさんハン…
9月はありがたいことに、とっても忙しかったの。 前回のエントリーから、ずいぶん間が空いちゃいましたな…
2019-09-30 10:30
【今日のTGS2019情報】ドイツのゲーム会社「EGOSOF…
2019年9月12日(木)~15日(日)、幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2019に、ドイツのゲーム…
2019-08-30 14:00
【今日のスタート】西武池袋本店の催事「第3回 IKE…
「第3回 IKESEI菓子博~真夏のスイーツフェスタ~」が西武池袋本店、7階の催事場にて本日2019年8月…
2019-08-02 06:05
【今日のスタート】「SIREN展2019」東京・中野の「墓…
2003年にPlayStation 2用ソフトとしてSCE(ソニー・コンピュータエンタテインメント:現SI…
2019-08-01 06:20
【今日のスタート】「江の島灯籠2019」本日8月1日(…
神奈川県藤沢市・江の島の夏の風物詩「江の島灯籠2019」が本日2019年8月1日(木)より1ヶ月にわたり開…
2019-08-01 06:05
【今日のスタート】「江戸夏夜会 by 1→10 〜旧芝離…
浜松町駅周辺エリアの地域活性化を目的とした夜間ライトアップイベント「江戸夏夜会 by 1→10 ~旧芝離宮…
2019-07-25 05:05



Page Top