検索
ランキング
▶ Home

ランキング
世界的イラストレーター、ジョルディ・ラバンダのイラストが日本でも買えるって知ってた?(観るだけでもオーケー)

ジョルディ・ラバンダ(Jordi Labanda)というイラストレーターをご存知だろうか?

カタルーニャ出身の両親の元、ウルグアイ・メルセデスに生まれ、バルセロナで育ったスペインを代表する世界的なイラストレーターだ。

同じくスペインの老舗文具メーカーMiquelrius(ミケルリウス)から、彼のデザインによるリングノートやポーチなどが発売され、日本にも輸入されているので、PLAZAなどで手にとった方も多いかと思う。



彼のスタイルは、'50年代、'60年代のファッションイラストや19世紀のフランスの肖像画家、アーバンアートの影響を受け、その独特のアートは、スペインはもちろん、ZARA、ルイ・ヴィトンとのコラボレーションや、VOGUE JAPANの表紙など、世界のファッションシーンにおいてよく知られている。



2009年、東京デザイナーズウィークの期間中、セルバンテス文化センター東京2階ギャラリーでジョルディ・ラバンダ展が開催され、彼のイラスト作品が日本に初めて登場。

彼自身初来日し、後に、その時インスパイアされたイラストも描いている。



そのジョルディ・ラバンダのオリジナルイラストが、日本でも買えるとしたらどうだろう?実は買えるのだ。




Couture No.1
私は'40年代と'50年代のファッション・イラストから直接影響を受けました。日本のスタイルに近い鮮明な描線、色彩の無駄のなさ、女性の体形描写の素晴らしい表現力。
これらの特徴は私の作品の骨組みとなっています。
このシリーズのイラストでは当時のトレンドを溶け込ませながら想像上のモデルを再現しました。



Mascot No.1
イラストがほとんどロゴになるように、このシリーズの美的センスがレトロで洗練された雰囲気と共に、生き生きと表現できたらと思いました。
このコレクションを見るたびに、いつもその中に登場する女性たちが動き出してくれたらなぁと考えます。



Light Tree
2009年、私の作品は東京でbeauty on paperの名のもとに展示されました。
初日前の何日間かは非常に忙しく、緊張に加えて、東京にやって来た欧米人旅行者だけが経験するlost in translationの感覚が交錯したのを覚えています。
リラックスするために近くの代々木公園を少し散歩することにしました。その時期はちょうど桜が満開でした。
公園にあるオープンカフェの一つで立ち止まり、見事な白い桜の前でコーヒーカップを持った女の子のシルエットをうっとりと見つめていたのを覚えています。
時間が止まった瞬間の一つでした。完全に美の勝利でした。
ピンク色の代わりに白い花でいっぱいの桜の木は、灯りがともった木を思い起こさせました。
その後それをイラストに表現したのがこの作品です。


恵比寿三越B1にあるShop「アガタ・ルイス・デ・ラ・プラダ」ではスペインを代表するクリエイター ― 店舗の名称になったアガタ・ルイス・デ・ラ・プラダ(Agatha Ruiz de la Prada)を始めとして、ククスムス(KUKUXUMUSU)、ジョルディ・ラバンダなど ― によるデザインの子供服、リュック、バッグ、スーツケース等のグッズを販売中。

この2月からはジョルディ・ラバンダのリトグラフの販売も開始している。




恵比寿・三越百貨店B1F アガタ・ルイス・デ・ラ・プラダ
(東京都渋谷区 恵比寿4-20-7)
最寄駅:JR線/東京メトロ日比谷線「恵比寿」



イラストに合わせ額装して販売している


現在、日本でジョルディ・ラバンダのイラストが買えるのはここだけ。

特にLimited Editionは世界に数枚。日本には1枚しかない貴重なものなので、売れてしまう前に現物を観るため恵比寿三越に訪れてみてはいかがだろう。




・続報

5/2(水)~8(火)は期間限定で近鉄百貨店・上本町店でアガタ・ルイス・デ・ラ・プラダのポップアップショップが展開される模様。ジョルディ・ラバンダのリトグラフも出品されるそうなので、GWには大阪でも買う(観る)ことができる。



恵比寿三越百貨店

https://mitsukoshi.mistore.jp/store/ebisu/



近鉄百貨店・上本町店

http://www.d-kintetsu.co.jp/store/uehonmachi/



アガタ・ルイス・デ・ラ・プラダ公式通販Shop

http://arpjapan.com/

2018-04-27 16:00
編集部
2018-04-27 16:00
編集部
この記事のURL
https://startt.jp/article/2018/04/27/53571

Page Top