検索
ランキング
▶ Home

ランキング
読まれてます
ランキング
読まれてます
オススメ
幕張メッセで9月に単独イベント決定!?クソアニメ「ポプテピピック」が、どうしてここまで流行したのか?

今年2018年の1月から3月末にかけて放送され、あらゆる意味で多くの人の記憶に刻まれた伝説的クソアニメのポプテピピック。今回は、何故こんなクソに満ち溢れたアニメが私を含め多くの人の心を捉えたのかを考えていこうと思います。



ポプテピピックという、計算されたクソ


ポプテピピックを語る上で外せないのは、ずばり「クソ」と言う名の狂気です。ファンであろうとアンチであろうと、このポプテピピックは皆「クソアニメ」ととらえて語っているのです。アンチはおろか信者まで「クソ」と認定する作品は、他にはありません。



毎回まったく違う展開を見せ、しかも一貫性がまったく無い。


ストーリーがあるのか無いのか分からない。いや、間違いなく無い。いったい自分は何を観ているのか、この30分はいったいなんだったのか。そんな多くの感情が渦巻きながらも毎週土曜深夜1時にテレビをBS11にあわせ「さて、今日はいったいどんなクソを味わわせてくれるのか」とどこか期待に胸を膨らます自分も居たりして・・・。皆さんもそうではなかったでしょうか。しかしこの感覚、決して新鮮というわけではないのです。この感覚にどこかデジャヴュを感じていた私は、必死に考え、そして気づきました。


ポプテピピックの魅力である「狂気」の正体に。



ポプテピピックは、狂ったバラエティ番組である


ポプテピピックは、アニメという表現を使ったバラエティ番組だったのです。だからいろんな無茶が出来たのです。最も代表的な無茶が「竹書房との闘争」でしょう。私を含め、何かを書いたり描いたりして会社に納品するといういわばフリーランスを生業とする人間にとって、クライアントは絶対的な存在です(多分)。


特に漫画家は、出版社によって生殺与奪を握られています。押切蓮介先生の「狭い世界のアイデンティティー」ではそうだったので、たぶん現実でもそうなんでしょう・・・まあ冗談ではありますが、フリーランスの世界を知らない一般人にとっては、大体そんなイメージなのではないでしょうか。だからこそ作者の命を握っている竹書房を作中でぶち壊したり、アニメ内だと竹書房のほかにキングレコードまでぶっ潰したりしているのを見て


「こいつぁヤベぇな」と、ポプテピピックに狂気を感じるのです。


そしてその狂気に惹かれていくわけです。明らかに他の番組や作品のパロディだったりするのも、まさに一昔前の狂気に満ちたバラエティ番組そのもの。


例に挙げると「ダウンタウンのごっつえぇ感じ」ですね。あれも「ゴレンジャイ」や「キャシー塚本(このキャラの元ネタになったお店「桧之川」のママの出す料理は豪快で、私はウニを箱ごと出されました)」といったパロディや元ネタのあるコントも多く、かなり狂気的。最初、こういう番組を観た視聴者の皆さんはこう思ったはずです。


「こんなことやって、怒られないのか?」と。


ポプテピピックをアニメで初めて触れた人も同じ気持ちだったのではないでしょうか。大丈夫なんです。なぜなら、「バラエティ番組」なんですから。


バラエティ番組が放送局やスポンサー、果てはぜんぜん関係ない他作品や他人をネタにするのは良くあることです。実はコレ、あえてネタにされることで視聴者に親近感を覚えさせようという魂胆なのです。そう、いわゆるステマってやつですね。オトナは汚いのです。ちなみに原作からの引用になりますが、竹書房ぶち壊しネタが話題になった結果「わが社も破壊してくださいwww」と会社が集まってきた模様。もしかして、その中の一社がアニメ「ポプテピピック」のスポンサーであるキングレk―(ピー音)―これ以上はやめておいたほうがいいと判断したので、次の話題に移りたいと思います。



ボボボーボ・ボーボボとポプテピピックを比較してみる


さて話題をガラッッと変えていきます(誰でもわが身は可愛いもの)。ネットで、このようなことを言う人が、稀に居ます。「ポプテピピックを観てると、ボボボーボ・ボーボボを思い出す」と。


ボボボーボ・ボーボボは、主人公のボーボボが鼻毛やワキ毛を駆使して戦うという、もはや何系の発想でそんなものが生まれてしまったのかすら分からない漫画です。しかも、あの天下の週間少年ジャンプで連載され、アニメ化も果たしています。お色気が一切無い中で「こんなものを観ていたら、頭がおかしくなる」と放送局に苦情が来たという都市伝説があるほどで、確かに「狂気」という点ではポプテピピックとボボボーボ・ボーボボには類似性があるように見えます。


しかし、その狂気は種類がまったく異なるのです。ボボボーボ・ボーボボは、作者の描く狂気に満ちた笑いを読者が楽しむという、いってみれば王道スタイルのギャグ漫画です。つまり狂気は作者の中で簡潔しており、読者は「こいつ何いってんだよwww」と、漫画を純粋に楽しむのです。


一方のポプテピピックの場合、初めて読んだ読者は「な・・・何これ」と不安を覚えながらページを進めていきます。そして次第に「何でこんな狂ったクソがネット連載されてんだよwww」と作品ではなく現状を笑うようになります。いってみれば、読者は「ポプテピピックという狂気が存在している現実に笑う」のです。ゆえに「クソ漫画」「クソアニメ」と揶揄されながら多くの人々の心をとらえ、記憶に植えつけられたのです。そしてさらに多くの人々に感染していき、流行へとつながったわけです。



まとめ:狂気は世界に広がる


このポプテピピック、ニコニコ動画でも配信されておりました。その配信後、毎週あがっていたのが「ポプテピピックを観た外国人の反応動画」です。ポプテピピックを観ている外国人たちが我々と同じ用に「何だこのクソはwww」「次はどんなクソが?」とウキウキしながらクソを待つ様を観るのが、私の土曜日深夜のルーチンワークでした。


今はそれもなくなってしまったわけですが、彼ら外国人がポプテピピックのクソを待つ様を観て「クソは世界中に拡散されている」と確信し、ポプテピピックが世界を制する日が来るのも間違いないでしょう。



出演者が誰が来るのか分からない!!むしろ客も来るのか!?

幕張メッセでの「ポプテピピック」イベント開催決定!!


そんな、ポプテピピックが最終回を迎えた3月25日に、特報という形で2018年9月16日から17日にかけて幕張メッセでイベントが開催されると発表されました(私としては、星色ガールズドロップ2期が非常に気になるところ)


ちなみに、ほぼ毎回出演していた矢野正明さんが「ポケットに入りそうなモンスターに詳しそうな博士」の物まねでナレーションを敢行という、ある意味では前代未聞な形で告知されました。


ポプテピピックといえば、前半と後半で声優を替えて、同じ内容を放送するというぶっ飛び具合でも話題になりました。ちなみに第1話の前半パートでは、原作漫画内でポプ子とピピ美の要望を叶えるという形でポプ子役を江原正士さんが、ピピ美は大塚芳忠さんが演じられました。他にも若本則夫さんや玄田哲章さんなどの超ベテランから杉田智和さんや下野紘さんなどの中堅や若手の声優が60名以上出演し、「何故こんなクソアニメに」と誰もが驚きを隠せませんでした。私も「何でこんなもんに出とんのや!!」と突っ込んでいた人間の一人で、いったい誰がイベントに出るのかと思い公式サイトでチェックしてみました。


すると、「現在絶賛お声掛け中」の文字が・・・これはもしかすると「原作者とディレクター、そしてMCはDVD内のコメンタリーに出演したマフィア梶田さん」の3人だけが幕張メッセのデカい舞台に登壇するという終末世界すら生ぬるいクソイベントになる可能性もあります。見所はそんな地獄のような空間で、それも3人だけでどんな風にしてイベントをこなすのかという所ですかね(笑)しかし、この作品を好きな皆さんは、ある意味でそういうクソを味わいたいと思っているのではないでしょうか。



TVアニメ「ポプテピピック」公式サイト

http://hoshiiro.jp/


2018-04-09 18:30
木下雄太
2018-04-09 18:30
木下雄太
この記事のURL
https://startt.jp/article/2018/04/09/53551


編集部おすすめ記事
【今日の『レディ・オア・ノット』】来週7月15日(…
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、全米で2019年の夏に公開され、3週連続でトップ10入りし話題と…
2020-07-09 10:00
【今日のWILD】ディズニーの『アラジン』『ライオ…
ハリソン・フォードを主演に迎え、ディズニー・アニメーション『アラジン』や『ライオン・キング』などを担当した…
2020-07-03 10:00
【今日のバーキン】バーガーキング®から『スパナゲ…
バーガーキング®の株式会社ビーケージャパンホールディングスは、本日2020年6月26日(金)から、『スパナ…
2020-06-26 06:00
【今日の50%OFFのはずがさらにOFF!】本格3Dアクシ…
スマートフォンで手軽に遊べる“死にゲー”として話題の「パスカルズ・ウェイジャー」(原題:Pascal's …
2020-06-25 10:35
【今日のロボコン】『がんばれいわ!!ロボコン』第2…
タマゴ型で赤くコーティングされたボディに愛らしい眼が特徴的なドジなお手伝いロボット、「ロボコン」。1974…
2020-06-25 06:00
【今日のザコシ】Twitterで話題! ハリウッドザコ…
株式会社 明治は、冷凍食品「満足丼」シリーズのタイアップソング「きみに満足」の6月24日(水)のCD発売を…
2020-06-23 10:00
【今日の情報解禁】記憶を失った美しき姫と、彼女…
中国時代劇ドラマの大ヒット作「白華(はっか)の姫~失われた記憶と3つの愛~」DVD は、人気スターとヒット…
2020-06-12 12:00
【今日の翼をさずける試飲レポート】6月16日(火)全…
エナジードリンク・ブランドのレッドブルは、レッドブル・エナジードリンクの新しいフレーバー『レッドブル・エナ…
2020-06-11 17:00
【今日の覚醒】『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 …
ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントは、本日6月10日(水)、映画『ハ…
2020-06-10 06:00
【今日のウルトラパラダイス試飲レポート】6月30日…
モンスターエナジーの新商品『モンスター ウルトラパラダイス』が6月30日(火)に発売されるのを記念し、「R…
2020-06-10 06:00
【今日のマスク】大好評『西川の100回洗えるマスク…
西川株式会社は新型コロナウイルスの感染拡大を機にマスクの生産・販売をおこなっており、4月末より発売した「西…
2020-06-09 12:30
【今日のワッパー】大好評につき第2弾実施決定! …
株式会社ビーケージャパンホールディングスは、明日2020年6月5日(金)より、テイクアウト限定で、『テリヤ…
2020-06-04 06:00
【今日のいよいよ発売】戦時下の人々をユーモアを…
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、第92回アカデミー賞®で作品賞をはじめとする6部門にノミネートさ…
2020-06-03 10:00
【今日のバーキン】バーガーキング®が兵庫県内に新…
株式会社ビーケージャパンホールディングスは、本日2020年6月1日(月)に兵庫県神戸市にバーガーキング®「…
2020-06-01 06:00
【今日のガッデム】超絶かわいい!フリフリ姿の蝶…
株式会社ダスキンが展開する害虫駆除・総合衛生管理サービスのターミニックス事業は、本日2020年6月1日(月…
2020-06-01 04:00
【今日の「ほぼ日」】「HOBONICHI MOTHER PROJECT…
2020年4月30日(木)にはじまった「HOBONICHI MOTHER PROJECT」では、糸井重里(…
2020-05-27 12:30
【今日の映像解禁】戦時下の人々をユーモアを交え…
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、第92回アカデミー賞®で作品賞をはじめとする6部門にノミネートさ…
2020-05-27 10:00
【今日のフリトレー】日本が誇るわさび、七味唐辛…
ジャパンフリトレー株式会社は、日本三大七味のひとつとして知られる長野の老舗「八幡屋礒五郎」とコラボレーショ…
2020-05-25 06:00
【今週の無料配信】『おうちでアニメシアターを楽…
「ABEMA」は、特別企画『おうちでアニメシアターを楽しもう!劇場版アニメ祭り』第2弾として、2020年5…
2020-05-25 06:00
【今日の覚醒】『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 …
ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントは、本日5月22日(金)より映画『…
2020-05-22 12:00
特集
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その13 -こ…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-06-11 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その12 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-06-04 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その11 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-28 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その10 - …
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-21 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その9 - 名…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-05-14 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
本連載30回で紹介した革新的FPSにして名作『Portal(ポータル)』。 パソコン(PC)、ス…
2020-04-30 22:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その8 - 沢…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-30 06:00
【面白そうなもの見つけた!】新型コロナウイルス…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-28 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その7 - 東…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-23 06:00
【面白そうなもの見つけた!】minneの母の日特集か…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-20 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
世の中には「プレミアゲーム」、もしくは「レアゲーム」なるものが存在する。 文字通り、稀少価値が付いたゲー…
2020-04-15 19:00
【今日のあつ森】『あつまれ どうぶつの森』オッサ…
2020年3月20日(金)に発売されたNintendo Switchの『あつまれ どうぶつの森』(以下、あ…
2020-04-13 19:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
高周波・高電圧を発生させる共振変圧器「テスラ・コイル」のほか、無線操縦や蛍光灯も発明し、磁束密度「テスラ」…
2020-04-09 19:30
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その6 - GW…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-09 06:00
【面白そうなもの見つけた!】神戸長田のソウルフ…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-08 06:00
【今日の捕食者】プレデターで(を)狩ってみた!…
オッサンゲーマーこと筆者も、さっそくプレデターっぷりを先行体験してきたので、日夜お忙しいのに最近なんかいろ…
2020-04-02 10:30
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その5 - そ…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-04-02 06:00
【連載】遊び逃している名作ゲームはありませんか…
弊誌STARTTのSteamセールを特集した記事で、ほぼ必ずおすすめの1本としてピックアップされるタイトル…
2020-04-01 19:00
【面白そうなもの見つけた!】日清チキンラーメン…
STARTTでは日々の生活に役立つ記事を掲載したいと常々思っているのですが、編集部のみんなは、どちらかとい…
2020-04-01 06:00
【特集】「身近な生き物を観察しよう」その4 - も…
エビ、カニ、ヤドカリやサンショウウオ、イモリ、カエル等のうんちくWiki「Decapedia」の中の人が身…
2020-03-26 06:00
Tweets by startt_staff


Page Top