検索
ランキング
▶ Home

ランキング
【バカタール加藤のゲームファンじゃない人にも送る!今さら聞けない、今どきのゲーム入門】闘会議に行ってきました(中編)

(前編からのつづき)


まず、闘会議2018というイベントですが、なんと、もう今年で4回目。

ちなみに、1、2回目は


闘会議2015 ゲーム実況とゲーム大会の祭典

闘会議2016 ゲーム実況とゲーム大会の祭典


というのが、イベントの正式な名称でした。


それが、3、4回目になると


闘会議2017 ゲームファンとゲーム大会の祭典

闘会議2018 ゲームファンとゲーム大会の祭典


と微妙に変わっています。

2年ごとに変えたくなるのかもしれませんし、

2年ごとに変えたくなくなるのかもしれません。



開催日は、2月10日(土)、11日(日)の2日間。

(同時開催されたJAEPOはビジネスデイを含めると3日間の開催)


会場は千葉県・幕張メッセでした。



闘会議とは、簡単に言うと、レトロゲームからボードゲームまで、新旧を問わず幅広いゲームが集まり、ゲーム音楽ライブやコスプレエリア、ゲーム実況エリア等もある、さまざまなゲームの楽しみ方ができるイベント。



niconico/Gzブレイン/JeSU
JeSU(日本eスポーツ連盟)のトークセッション。岡村会長、浜村副会長が登壇。

主催は、ファミ通などのゲーム雑誌を発行するGzブレイン、niconico、それに2月1JeSU(財団法人日本eスポーツ連合)。




世界中で大ブームのPCゲーム「PUBG(Player Unknown's Battle Ground)」


4回目となる今年は、多数のゲーム大会(賞金付大会含む)が行われ、そこでプロゲーマーのライセンスが発行されることが事前にアナウンスされていたため、多くのメディアが注目する中で開催され(一説には取材に訪れたメディアの数は昨年の2倍らしい)、開会直後には前述のJeSU会長の岡村秀樹氏、副会長の浜村弘一氏によるトークイベントが行われ、プロライセンスについてのくわしい説明や、連合の役割としてプロゲーマーを支援していくことなどが語られた。


その後、2日にわたる開催期間に多数のゲーム大会(別表参照)が開催され、「モンスターストライク(モンスト)」や「コール オブ デューティ ワールドウォーII(CoD:WWII)」の大会ではそれぞれ総額1000万円の賞金が大会上位者に贈られた。


また、注目のプロライセンスも「鉄拳7」、「パズドラ」、「モンスト」の3タイトルで新たに15人のプレイヤーに発行された。

このあたりのe-Sports関連の流れは、ひとまずおさえておこう。



niconico/Gzブレイン/JeSU


niconico/Gzブレイン/JeSU
「モンスト(モンスターストライク)」の大会では、歴代大会のチャンピオンチームが集結。上位チームには高額の賞金とライセンスが発行された。


niconico/Gzブレイン/JeSU


niconico/Gzブレイン/JeSU


niconico/Gzブレイン/JeSU

一方、ゲーム音楽ステージでは恒例となっている「Splatoon」の音楽ライブ(ハイカライブ)を筆頭に、「くにおくん」シリーズ、「サクラ大戦」、「コンパス」、「ペルソナ」シリーズの楽曲等がさまざまなアーティストやユニットに演奏され、大いに盛り上がっていた。ぶっちゃけ、個人的にはここのライブを観てる(聴いてる)だけで、十分元は取れると思う。



niconico/Gzブレイン/JeSU

ほかにも、これまた名物的な、スーパーファミコンの巨大なコントローラーでの「マリオカート」対戦や、ボードゲームやカードゲームなどが楽しめるアナログゲームエリア、昔懐かしのゲームセンターのテーブル筐体などが並ぶ、レトロゲームエリアなども人気だった。本当にレトロゲーム好きなら1日中ここにいてもいいだろう。


ゲームショウ等とは違って、新しいものも古いものも、アナログもデジタルも、さまざまなゲームを遊ぶことが可能なのが、この闘会議のいいところだろう。



スーパーファミコン「マリオカート」を、巨大コントローラーで。


懐かしいゲームセンターのテーブル筐体とアップライト筐体も。

インディゲームのコーナー、ゲーム実況エリア、コスプレエリア、グッズ販売コーナーなども、それぞれ人気を集めていて、ゲームのさまざまな魅力がフィーチャーされた、ある意味ではゲームの遊び方、楽しみ方も多岐にわたる、いわばゲームをどう楽しむかを展示しているような、なかなかユニークなイベント、と言えるかもしれない。



ゲームセンター試験も実施!



ゲーム年表コーナーでは、年代ごとに違う色の付箋にコメントを書いて、貼ることができた。

それから、俺も大好きな「どうぶつタワーバトル」の対戦コーナーや、なぜかコスプレエリアにも「どうぶつタワーバトル」の写真撮影用ブースがあり、わかる人にはわかる「どうぶつタワーバトル」推し! なイベントだった(りもした)。

なお、JAEPOを含めた来場者数は72,425人。会場からのネット配信を視聴した人数は513万1,820人とのこと。日本の人口のほとんどが行ったことになりそうだ(←バカ)。




niconico/Gzブレイン/JeSU
「スプラトゥーン」のキャラクターたちが熱演した、シオカライブ。ものすごい数の観客が集まり、eスポーツに負けないほどの熱気だった!


いまやゲームは、「遊ぶもの」という枠を超え、見たり、聞いたり、応援したり、グッズを身に着けたり…と、各人のライフスタイルに様々な形で浸透し、多様な楽しみ方が当たり前のもの、になっているんだな・・・。そんなことが実感できるイベントだった。


いずれにしても、

アナログゲームの大会にしても、音楽ライブのイベントにしても、プロゲーマーどうしの試合を観戦するにしても、

その場所でしか"体験"できないこと。というのが、とても大事になってくる予感がする。


(後編でコスプレイヤーの写真を一挙掲載!)




eスポーツとは?エレクトロニック・スポーツ(electronic sports)の短縮形で、eSportsとも書く。ビデオゲームにおいて個人戦、チーム戦を問わず、勝敗が決定する試合形式のゲーム大会を指すことが多い。sportsという言葉には、チェスや将棋などのマインドスポーツも含まれ、欧米では、コンピューターを使って対戦する競技をスポーツとする認識が定着しており、賞金総額が1億円以上となるような大規模な大会が多数開催されている。また、日本の除く多くの国々では、eスポーツの大会がテレビ中継されるなど、プロプレイヤーが脚光を浴び、大々的に報道されることも珍しくない。2007年中国マカオで開催された第2回アジア室内競技大会では、eスポーツが正式メダル種目となり、中国の選手が3つの金メダルを獲得。2022年に中国杭州で開催されるアジア競技大会で正式メダル種目となることが決定している。アジアでも、韓国や中国にはプロ選手が多数存在し、eスポーツが定着しているが、日本では法律による賞金の規制が厳しく、PCゲームが中心の諸外国との違いもあり、eスポーツの分野においては日本は圧倒的後進国である。が、e-sports促進機構、日本eスポーツ連盟、日本eスポーツ協会の3つの団体が統合する形で、2018年2月に日本eスポーツ連合(JeSU)が発足し、CESA(コンピュータエンターテインメント協会)、JOGA(日本オンラインゲーム協会)などと連携しながら、日本のeスポーツの強化を目指している。
IeSF…国際eスポーツ連盟(International e-Sports Federation)は、韓国・ソウルに本部を持つ、国際的なeスポーツ団体。2008年に韓国・デンマーク・オーストリア・ドイツ・ベルギー・オランダ・スイス・ベトナム・台湾のeスポーツ協会により設立された。国際的なeスポーツ団体で、現在47ヵ国・地域が加盟。毎年世界選手権が実施され、eスポーツ競技の運営も行う。将来的にはIOC承認の国際競技団体を目指している。
eGames…国際的なeスポーツ団体。イギリス政府の強力な支援を受けて国際オリンピック委員会(IOC)に働きかけ、2016年リオデジャネイロオリンピックと同時期に"Riode Janeiro eGames Showcase 2016"といった、国際的なeスポーツイベントを実施している。eスポーツは、"名誉"のために戦うものであり、それはオリンピックの理念とも合致するものだとし、IOCへの加盟など、国際的なeスポーツ競技の促進を目指している。
KeSPA…KeSPA(KORIA e-SPORTS Association)は、韓国のeスポーツを管理するために設立された韓国eスポーツ協会。韓国オリンピック委員会と国際eスポーツ連盟(IeSF)に加盟。公式のスポーツイベントとしてeスポーツの産業発展を目指しており、プロゲーマーの育成・管理を行うほか、eスポーツの放送やイベント運営を行い、広く一般にeスポーツの推進を図っている。
闘会議2018で開催された主なゲーム大会「ARMS」闘会議2018最強ファイター決定戦
ウイニングイレブン2018 スペシャルエキシビションマッチ(※)
闘会議選抜!クラロワ日韓戦
ストリートファイターV アーケードエディション 闘会議GP大会
Splatoon甲子園2018
大乱闘スマッシュブラザーズfor WiiU niconicoチャンピオンシップ2018
ディシディア ファイナルファンタジーNT 闘会議2018エキシビジョンマッチ
闘会議2018鉄拳7 final~Royal Championship~ ●
闘会議2018鉄拳7~Break the world~
都会議2018鉄拳7 Special 1day match
ドラゴンボールファイターズ超・バトルトーナメント
パズドラチャレンジカップ闘会議2018 ●
モンストグランプリ2018闘会議CUP ●
レインボーシックスシージPS4版国内最強チーム決定戦
「NewみんなのGOLF」闘会議2018 最強みんGOLファー国内最強決定戦
「グランツーリスモSPORT」エキシビションマッチ
コール オブ デューティ ワールドウォーII プロ対抗戦
PUBG JAPAN SERIES αリーグ 開幕戦@闘会議2018
ストリートファイターV アーケードエディション闘会議GP決勝大会
※「ウイニングイレブン2018 CO-OPトーナメント」が機材トラブルで開催できず、代わりに急きょ開催された。(●印はプロライセンス発行大会)



闘会議http://tokaigi.jp/

niconico/Gzブレイン/JeSU

2018-03-30 07:30
バカタール加藤
2018-03-30 07:30
バカタール加藤
この記事のURL
https://startt.jp/article/2018/03/30/53538

Page Top